SOTO(ソト)のバーナーは、高性能でアウトドア初心者でも扱いやすいものばかり。今回は、筆者おすすめのSOTOのバーナーを、どんな用途に適しているか説明しながらご紹介します!おうちキャンプ、ベランピング、へやキャンにも活躍するはず。この記事を読んで、自分の用途に合ったバーナーを選んでみてくださいね。

SOTO(ソト)おすすめシングルバーナー① マイクロレギュレーターを搭載で安定した火力が魅力

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

SOTO(ソト)のレギュレーターストーブは、外気温に左右されない安定した火力が魅力。マイクロレギュレーターを搭載しているため、外気の低下によりボンベが冷却されても、常に高出力を発揮することができます。外気温が低下する朝・晩や、寒い季節にも活躍すること間違いなし。外気温5℃~25℃の間で、一定の火力を実現します。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

CB缶(カセットボンベ缶)を使用するため、燃料が入手しやすく経済的であることもメリットです。CB缶は低温外気や長時間の使用により、火力低下を起こしやすいという弱点がありますが、レギュレーターストーブはマイクロレギュレーターを搭載しているため、このCB缶の弱点を解消することができます。

また、ゴトク(鍋などを置くための台の部分)には、直径19㎝までの鍋やフライパンを置くことができ、数人分の調理もOK。使用中、間違えてボンベを傾けてしまっても生ガスが発生しにくく、安全に使用できることもレギュレーターストーブの特徴です。

ご紹介したポイントから、レギュレーターストーブは以下の人におすすめです。

・少人数のキャンプで使用する
・19㎝以下の鍋やフライパンで調理する
・寒い季節、標高の高い場所にキャンプに行く
・朝・晩など気温が低下しても高火力を実現したい

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

我が家ではベランピングをした際に、レギュレーターストーブでお湯を沸かしてコーヒーを淹れてみました!開放感があって、いつものコーヒーがよりおいしく感じられました。

画像1: 【徹底比較】ベランピングにも! SOTO(ソト)のおすすめシングルバーナー7選
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
外形寸法:幅170X奥行150X高さ110(使用時・本体のみ)・110(収納時)mm/ 重量:350g(本体のみ)
原産国:日本
発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時)
使用容器:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式:圧電点火方式
材質:バーナー・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
付属品:収納ポーチ
¥4,928
2020-04-23 19:35

▼SOTOレギュレータストーブ商品情報
・発熱量 2.9kW
・使用時間 約1.5時間(ST-760 1本使用時)
・使用時サイズ 166×142×110㎜
・収納時サイズ 140×70×110㎜
・本体重量 350g
・ゴトク径 直径130㎜

SOTO(ソト)おすすめシングルバーナー② ①と比較して軽量コンパクトだけど大型のゴトクが魅力

SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330

画像2: 【徹底比較】ベランピングにも! SOTO(ソト)のおすすめシングルバーナー7選
SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330
本体サイズ:幅41×奥行12×高さ9cm、重量245g(本体のみ)
収納時サイズ:幅11×奥行7.5×高さ9cm
発熱量: 2.9kW(2,500kcal/h) ※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時) 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。
使用容器: 新富士バーナー、SOTO製品専用容器(ボンベ)
点火方式:圧電着火方式
¥9,900
2020-04-23 19:38

SOTO(ソト)のレギュレーターストーブフュージョンは、①で紹介したレギュレーターストーブと同様、マイクロレギュレーターを搭載しています。そのため、外気温の変化に影響されにくく、安定した火力を保つことが可能です。

レギュレーターストーブとの違いの一つは、直径165㎜の大型ゴトクであり、大きな鍋やダッチオーブンでも調理ができること。4本の大型ゴトクを使用することで転倒防止になり、大人数分の調理が可能となります。もう一つは、点火スイッチととコンロが離れているので、初心者でも安全に取り扱うことができることです。

また、レギュレーターストーブフュージョンは、優れた耐風性を発揮します。風が吹いても火力が弱まりにくいのは嬉しいですね。しっかりしたゴトクを備えていながら、レギュレーターストーブより軽量かつコンパクトであることも特徴です。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

レギュレーターストーブフュージョンを特におすすめしたい人はこちら。

・大人数のキャンプで使用する
・大きな鍋やダッチオーブンで調理する
・寒い季節、標高の高い場所にキャンプに行く
・朝・晩など気温が低下しても高火力を実現したい
・耐風性を求めている
・取り扱いが簡単なものがいい(バーナーの使用に慣れていない)

初心者でも安全に取り扱えて高性能なので、ぜひチェックしてみてください。

▼SOTOレギュレーターストーブフュージョン商品情報
・発熱量 2.6kW
・使用時間 約1.5時間(ST-760 1本使用時)
・使用時サイズ 410×120×90㎜
・収納時サイズ 110×75×90㎜
・本体重量 250g
・ゴトク径 直径165㎜

SOTO(ソト)おすすめシングルバーナー③ 自動車用ガソリンが使えて他のバーナーと比較して経済的

SOTO(ソト) MUKAストーブ SOD-371

画像3: 【徹底比較】ベランピングにも! SOTO(ソト)のおすすめシングルバーナー7選
ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371
本体サイズ:幅13.5×奥行13.5×高さ80cm
重量:160g(本体+ホース)
材質:バーナー=アルミダイキャスト、ゴトク・スタビライザー=ステンレス、ポンプ本体・ダイヤル=樹脂、ポンプハンドル=真鍮(ニッケルメッキ)、ホース=フッ素ゴム(中)・ステンレス(外)、ピストンシリンダー=アルミ
原産国:日本
収納時サイズ:幅8×奥行6.5×高さ8cm
付属品:専用収納ケース、風防、メンテナンスキット
発熱量:4.7kW(4000kcal/h)
使用燃料:自動車用レギュラーガソリン、ホワイトガソリン
使用時間:4000kcal/hで使用時約1時間、2500kcal/hで使用時約1.5時間(...
¥16,100
2020-09-29 13:23

SOTO(ソト)のMUKAストーブは、燃料に自動車用レギュラーガソリンとホワイトガソリンの両方が使用できるシングルバーナーです。極めて高い燃焼効率だからこそノズルなどのパーツ交換をせずに自動車用のレギュラーガソリンを使用することができます。

燃焼に差はなく、入手しやすく安価な自動車用ガソリンを使用できるガソリンストーブです。燃料はオリジナルの専用ボトルに入れます。MUKAストーブ専用燃料ボトルはSOTOの従来の燃料ボトルに比べ広口で燃料の注入がしやすく、ボトル内部の洗浄もしやすくなっています。

火力の微調整が簡単

こちらは火力の微調整が可能です。さらにコントロールダイヤルで点火→燃焼→火力微調整→消火の一連の作業が行えます。鍋底にムラなく熱を伝える火口形状に十分な火力でキャンプでの調理の幅が広がるでしょう。

▼SOTO MUKAストーブ商品情報
・発熱量 4.7kW
・使用時間 約1.5時間(2,500kcal/hで使用時、自動車用ガソリン480ml使用)
・使用時サイズ 135×135×80㎜
・収納時サイズ 80×65×80㎜
・本体重量 333g
・ゴトク径 直径150㎜

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.