こんにちは。パンダ食堂フードコーディネーターのノガワアヤです。11月上旬に夫婦二人の初キャンプデビューをし、その時の様子を時系列で紹介しております。前回はキャンプ場到着からテント・タープ設営までを。今回は寝床作りと当日の服装や寝る時の服装などについて紹介していきます。

一番気になる寝床問題

キャンプ場へ着き、テントとタープが張れたら寝床の準備をしました。今回、この寝床をどうするか、本当に一番悩みましたので、私が持って行ったものを全てご紹介させていただきます。

キャンプへ行くまで、一番疑問に思っていたことが、

『寝袋のほかに、いったい何が必要なの??』

『みんな、どんな格好で寝ているの??』

ということでした。

よく、
「床が痛くて全然寝られなかった。」
「寒すぎて全然寝られなかった。」
という情報を見かけており、
今回一緒に行ってもらったいく子ちゃんから、

「キャンプでぐっすり眠れたか、というのはキャンプが楽しかった!に大きく影響してくるから、寝床はしっかりしたほうが良いよ!」
とのアドバイスも聞いておりました。

そして、11月のキャンプは相当寒いと思うので、できる限りの防寒対策を!!

とのメールをもらい、今回用意したのがこちら。

テントの中に敷いたものすべて大公開

今回、テントの中に敷いたり、かけたりしたものがこちらになります。(かなり所帯じみたものもありますが・・・)

画像1: テントの中に敷いたものすべて大公開

これと、さらに一番最初にアルミシートを敷きました。

実際に我が家がテントで寝たスペースがこちら。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

画像2: テントの中に敷いたものすべて大公開

一番下から、
『アルミシート』
『ヨガマット』
『ブランケット』
『車中泊マット8cm』
『封筒型寝袋』←ここまでが下に敷いた敷布団
『寝袋』
『毛布』
の順に重ねました。
もし寒かったらという時のために、予備として下に敷いた寝袋を1個予備で持ってきていました。

では、一つずつ解説していきます。

アルミシートは下記のようなもの。ホームセンターなどでも置いています。そんなに厚手のものではありませんが、湿気や寒さを守るために効果的。テントで一番最初に敷きます。

画像1: 【キャンプデビュー】初めての夫婦キャンプその2~寝床・服装・当日過ごす服装編~
東和産業 断熱マット シルバー 2畳用
サイズ/幅約180×奥行180×厚さ0.4cm
¥1,000
2020-11-10 16:04

続いてはヨガマット。自宅でもともと使っていたもの。こちらを2人分で2枚持っていきました。エアマットだけよりも、このヨガマットを始めに敷くことで、地面の寒さや痛さも緩和され、快適な寝心地になりました。

そして寒さ対策として、ブランケットを敷物として使用。

その次に、エアマットです。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.