さむ〜い秋冬キャンプで食べたい「焼き芋」。キャンプでは焚き火調理が定番ですが、焼きすぎたり生焼けになったり...そんな経験がある方も少なくないのでは?今回は、焼き芋を美味しく作る方法をご紹介します。さつまいもの種類ごとの味の特徴も、筆者が食べて分析してみました!

秋の味覚さつまいもは栄養豊富だけどヘルシー! 冬キャンプで焼き芋を楽しもう 皮ごと食べるのもおすすめ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

さつまいもといえば「秋」のイメージがありますが、実は旬は9~12月

秋の収穫直後よりも、保存熟成された冬ものの方が糖度が増して美味しくなることも。

画像1: 筆者

筆者

長い冬を、さつまいもの味の変化とともに楽しむのも良いかもしれませんね。

さつまいもは栄養豊富でヘルシー!

さつまいもと聞くと、炭水化物のイメージや、太りやすい...などのマイナスイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、侮るなかれ、さつまいも。

ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、その栄養価の高さはNASAが最初に作った「宇宙滞在時に必要な食料となる作物リスト」に載せられるほど!

※参照:月面農場ワーキンググループ検討報告書(JAXA・2019年6月)

画像: さつまいもは栄養豊富でヘルシー!

特徴的なのは、ビタミンC。

通常、ビタミンCは熱に弱いのですが、さつまいもの場合はでんぷんに守られているため加熱しても壊れにくい性質があるのです。

画像2: 筆者

筆者

含有量も豊富で、さつまいも1本に含まれるビタミンCは、りんご3個分とも言われています。

また、豊富な食物繊維とヤラピンの成分が腸の動きを促進し、便秘解消効果も期待できる他、高血圧に効果的なカリウムも豊富に含まれています。

老若男女様々な人にとって嬉しい成分が含まれていますね。

実の部分だけでなく、皮にもカルシウムや抗酸化作用のあるアントシアニンが含まれているので、よく洗って皮ごといただくのがおすすめです。

【焼き芋の作り方】焚き火で美味しい焼き芋の調理のコツ! 濡れた新聞紙で包み燃えてる火に入れないことがポイント

キャンプで焼き芋作りなら、やっぱり焚き火で!

しかし筆者は、過去に何度も焼き芋づくりに失敗したことがあります...。

画像: 【焼き芋の作り方】焚き火で美味しい焼き芋の調理のコツ! 濡れた新聞紙で包み燃えてる火に入れないことがポイント
画像3: 筆者

筆者

火の中に直接入れてしまうと、焼き加減が確認しづらかったり、下手するとそのまま忘れて炭のようになってしまうことも...。

こんな悲しい結果にしないためにも、今回は失敗の少ない焼き芋の作り方を紹介します。

焼き芋の美味しい作り方

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

【用意するもの】

  • お好みのさつまいも
  • アルミホイル
  • 新聞紙

ポイントは、まず、さつまいもを燃え盛る火の中に入れないこと!

さつまいもの甘みはβアミラーゼという酵素から生成されるのですが、この酵素、最適な温度は60~70度で、90度を越えるとほとんど失活してしまうのです!

画像4: 筆者

筆者

焚き火が安定して燃えている温度は250~400度ほどと言われていますので、この中に入れたらアミラーゼ、ひとたまりもありません...。

【作り方】

1)よく洗ったさつまいもを水で濡らした新聞紙で包み、その上からアルミホイルで包む (隙間がなければひと巻きでOK)

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

2)網の上にのせて焼き始める

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

焚き火でも炭火でもOKですが、なるべく火から離れた端っこに置きましょう。

3)1〜2回ひっくり返す

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

かなり熱くなっているので、トングでひっくり返すのがおすすめです。

4)竹串がスッと刺されば出来上がり!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

この時は1時間くらいで出来上がりました。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

お芋の大きさや火の強さによっては、30分程度で出来上がることも。

画像5: 筆者

筆者

様子を見ながら美味しい焼き芋を作って見てください♪

焼き芋に必要な道具はこちらから!

アルミホイル

画像1: 【焼き芋】キャンプ・アウトドアの焚き火で美味しく作るコツ さつまいも3種類の特徴を解説!
アルミホイル 25cm×8m 1セット(2本) 三菱アルミニウム LOHACO PayPayモール店 - 通販 - PayPayモール
LOHACO PayPayモール店 | アルミホイル 25cm×8m 1セット(2本) 三菱アルミニウム

トング

画像2: 【焼き芋】キャンプ・アウトドアの焚き火で美味しく作るコツ さつまいも3種類の特徴を解説!
アミもつかめる トング 36cm ステンレス 天然木ハンドル バーベキュー BBQ 焼肉 バーベキュー トング 木製 火バサミ 火ばさみ キャンプ 天然木ハンドル グリル 炭 炭焼き レジャー 肉 海鮮 浜焼き 焼き 海 バーベキュー
商品説明先端部の新形状で食材や網などがつかみやすいトング。網を簡単に持ち上げることができるので炭足しに便利。熱くなりにくい天然木のハンドル。商品情報■サイズ:全長約36cm■重量:約200g■材質:[本体]ステンレス [ハンドル]天然木(ブナ)■生産国:台湾同シリーズ● 少煙シチリン● 新 薄型バーベキューコンロ● 火起こし兼用灯消しつぼ● アミもつかめるトング※このページは[アミもつかめるトング]を販売しております。カテゴリガーデン>アウトドア用品
¥ 660
2021-06-25 14:05

This article is a sponsored article by
''.