ソロキャンプやキャンプツーリングをする際、原付を利用する方も多いかと思います。そこで真っ先に考えなければならないのが荷物の積載方法です。移動する時、上手に荷物を積むことができなければ、キャンプ場に持っていきたいギアも準備できなかったり、移動中荷物が落ちて事故につながる危険性だってあります。そこで今回は、「原付バイクで行くキャンプツーリング」において注意したい上手に積載する方法について紹介していきます。ぜひ参考にして、キャンプを十分に楽しめるようにしましょう。

【ポイント3】荷物を積載する場所を確認する 原付バイクはリアキャリアなどで収納力をあげるのがおすすめ

画像: 【ポイント3】荷物を積載する場所を確認する 原付バイクはリアキャリアなどで収納力をあげるのがおすすめ

原付に乗せる荷物をどこへ載せたらいいか、場所も確認しておきましょう。

リアキャリア

リアキャリアには、ツーリングネット(後述)を利用して大きなバッグや箱などをしっかり固定すればや意外にも多くの荷物を運ぶことができます。

さらにリアキャリアを有効活用して「キャリアボックス」をボルトで固定し、その上にバッグなど積載するなど工夫するば原付バイクと言えどもソロキャンプに必要なアイテムは全て運べるでしょう。

この場合、あまり見かけない光景ですが…高さが出ますので、地面から2m以下であるか確認しましょう。

ヘルメット収納ボックス

原付スクーターの場合でしたら、ヘルメットを収納するボックスにも荷物を入れることができます。ヘルメットの大きさ分ほどスペースがあるので、木炭ボックスなどを入れても良いですね

ここで注意したいのが、足元のステップに荷物を置くのはNGです。バランスを取るのに必要な箇所であり、もちろん安全性に欠けるためです。運転の妨げになりますし、違反になるので覚えておきましょう!

ソロキャンプおすすめグッズ:原付バイクでツーリングに行くときに役立つアイテムをご紹介!

大容量で収納力抜群!:モトボワットBB リアボックス 42L ブラック BB42N

画像1: 【ソロキャンプ】原付バイクでキャンプツーリングに行こう! 積載方法・おすすめ便利グッズも紹介
バイク リアボックス 42L モトボワットBB 42N トップケース 新品 大容量 着脱可能式 パーツダイレクトPayPayモール店 - 通販 - PayPayモール
パーツダイレクトPayPayモール店 | バイク リアボックス 42L モトボワットBB 42N トップケース 新品 大容量 着脱可能式

【製品情報】
●サイズ
※(外寸)幅49cm×奥行40cm×高さ34cm
※(内寸)幅47cm×奥行き37cm×高さ29cm

●本体重量:約4kg
●容量:42L

原付バイク本体やキャリアのサイズにもよりますが、容量が42Lとヘルメットが2つ分もの収納力があるリアボックスです。(50cc~110ccの小型バイクには一部装着できない場合もあります)

キャンプツーリングから通勤・通学まで色々な用途で活躍できるサイズですね。完全防水仕様ではありませんが、通常の雨ならまず心配ないはずです。

どんなバイクでも取り付け可能!:タナックス(TANAX)MOTOFIZZ フィールドシートバッグ 

画像2: 【ソロキャンプ】原付バイクでキャンプツーリングに行こう! 積載方法・おすすめ便利グッズも紹介
タナックス(TANAX) MOTOFIZZ フィールドシートバッグ (アクティブオレンジ) 容量 39-59L MFK-253
容量 : 39-59L, 最大収納重量 : 10kg
付属品:MP-12 (ショルダーベルト)×1, MP-13 (ホルダーベルト)×2, MP-123 (固定ベルト)×4, MP-124 (接続バックル)×1, MP-125 (レインカバー)×1, オプション品:MP-295 (ベルト止めストッパー), MP-313 (バンジーコード)
¥14,748
2020-11-02 13:59

【製品情報】
●サイズ
※(外寸)幅47~67cm×奥行31cm×高さ31cm
※(内寸)幅37~53cm×奥行30cm×高さ28cm

●本体重量:約2.9kg
●容量 : 39-59L

こちらの商品は汎用性の高い固定ベルト採用のため、リアキャリアがあれば長さ調整だけで簡単にどんなバイクでも取付け可能。

バッグ形状が崩れにくい構造、ホールディングコード付きで衣類やグローブなども手軽に挟める、両サイドから荷物の出し入れが可能、インナーポケット装備など…たくさんの荷物を安全に持っていける工夫が随所に散りばめられています。

さらに嬉しいのが、Dリング付きで「別売のツーリングネット」を利用する事によって、大型のキャンプ道具など積載ができるようにも想定されています。さらに雨天でも安心のレインカバー付きというところも見逃せません。

快適に荷物を固定!:MICTUNING ツーリングネット バイクネット

画像3: 【ソロキャンプ】原付バイクでキャンプツーリングに行こう! 積載方法・おすすめ便利グッズも紹介
MICTUNING ツーリングネット バイクネット 自転車用ネット 荷物固定 伸縮性 カーゴ ネット 40×40cm フック ブラック 収納袋付き12月保証
サイズ:W40xH40cm、取付けフック:6個
【伸縮性抜群】伸張性に優れ、いろいろなバイクに使用できます。
【耐久性向上】大幅伸縮ラテックスネット+ABSフックの採用で強度アップで信頼性 も向上。
【装着簡単】6つ汎用フック付き、付属のフックで引っ掛けるだけ装着が簡単 になり ます。
【収納便利】収納袋も付属し、使わない時は場所を取らず、畳んで収納袋に置 けば 、コンパクトに収納できます。
¥1,722
2020-10-20 22:21

積載で注意したいのが荷物の落下です。せっかく重さやサイズなどに注意をしても、荷物が落下してしまうのは避けたいもの。そこで、荷物落下防止のために、しっかりとしたタイプのネットを持っておくと良いでしょう。

ネットにもサイズがあるので、バッグに合わせて選べば快適に荷物を固定させることができます。ただし、サイズが合っていないとズレ落ちそうになったり、小さすぎてネットが外れてしまったりする可能性もあるでしょう。

使用するバッグや収納ボックスなどのサイズに合わせて、ネットのサイズも選んでください。

原付でソロキャプ・ツーリングに行く際は積載方法がポイント! 50ccのバイクでも安全に行こう!

画像: 原付でソロキャプ・ツーリングに行く際は積載方法がポイント! 50ccのバイクでも安全に行こう!

取り回しがラクな原付を利用したツーリングキャンプは、手軽に荷物を持ち運べる便利な移動手段ですよね。しかし、積載ルールも守りながら安全も重要視しなければなりません。ソロでもグループでもせっかくのキャンプを楽しみたいのは皆同じですよね。本記事が積載について考える手助けとなったなら幸いです。

キャンプツーリング・ソロキャンプしたい人必見! おすすめテントや便利アイテムを紹介中

This article is a sponsored article by
''.