調理が簡単で美味しいインスタントラーメンは、ごはんを作る気力がない日の救世主ですよね! 今回は、インスタントラーメンをアレンジして作る究極のズボラ飯をご紹介します。インスタントラーメンをそのまま食べるのに飽きた方は、ぜひ参考にしてください。

【“疲れ度”85%:ズボラ飯レシピ】冷やし塩インスタントラーメン トッピングするだけ簡単アレンジ

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

「疲れすぎて、いろんな調味料を混ぜるのすら面倒くさい!」といった日におすすめの冷やし塩ラーメンです。

ピリっとした辛さとモチモチの麺が食欲をそそり、夏バテなどで食欲が落ちているときでもスルスル食べられます!

【材料(1人前)】

◆塩インスタントラーメン・・・1袋
◆水・・・200ml
◆ラー油・・・お好みで
◆小ねぎ・・・お好みで
◆キムチ・・・お好みで

【作り方】

1.鍋に水を入れ、沸騰したらインスタントラーメンを茹でる

2.茹でている間に、器に水・インスタントラーメン付属のスープ全量を入れ、よくかき混ぜておく

3.手順1の麺を規定時間の通りに茹でたら、麺をざるにあげて湯切りし、冷水でしっかりと冷やす

4.手順2の器に手順3の麺を入れ、ラー油・小ねぎ・キムチを盛り付けたら完成

夏場は麺やスープに氷を入れて、しっかりと冷やすとさらに美味しくなります。

スープに氷を入れるときは、スープが薄まらないように水を少し減らして調節してください。

画像2: 【ズボラ飯レシピ】力尽きた日に!インスタントラーメンのアレンジ 塩焼きそばなど
マルちゃん正麺 冷し中華 5食パック 118X5g ×6個
原材料:めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物油脂、卵白)、添付調味料(しょうゆ、砂糖、醸造酢、りんご果汁、食塩、植物油、チキンエキス、ほたてエキス、かつおエキス、香味油脂)/加工でん粉、かんすい、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酸味料、酒精、レシチン、カラメル色素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、香料、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・りんごを含む)
内容量:118X5g×6個
商品サイズ(高さx奥行x幅):15.5cm×38cm×36cm
¥3,901 (¥650 / 個)
2020-07-09 16:10

【“疲れ度”99%:ズボラ飯レシピ】超簡単油そば 盛り付け不要のインスタントラーメンアレンジ

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

「麺をざるにあげて冷やすとか面倒くさい! そんな体力ないよ……」と感じている方にも作ってみてほしい、盛り付けさえ不要の超簡単な油そばのレシピです。

UberEatsを頼みたいくらい動きたくないけれど、配達を待ったりお店を選んだりすることすら面倒に感じるときにピッタリ!

【材料(1人前)】

◆インスタントラーメン・・・1袋
(なんでもOK、みそか醤油がおすすめ)
◆卵黄・・・1個
◆ラー油orごま油・・・小さじ1/2程度
◆小ねぎ・・・お好みで
◆揚げ玉・・・お好みで
◆白ごま・・・お好みで

【作り方】

1.鍋に水を入れ、沸騰したらインスタントラーメンを茹でる

2.手順1の麺を規定時間の通りに茹でたら、麺が落ちないように気をつけながらお湯を捨てる。少しくらいお湯が残ってしまってもOK

3.手順2の鍋にインスタントラーメン付属のスープ半量・ラー油を入れて、よく混ぜる。盛り付けや食器洗いが面倒でなければ、麺をお皿に載せる

4.卵黄・小ねぎ・揚げ玉・白ごまを上に載せて完成

盛り付けなしでもOKな究極のズボラ飯ですが、味わいはズボラ飯とは思えない美味しさです。

海苔やメンマ、チャーシューなどを入れるとより本格的な味になりますので、元気な日は具材のちょい足しを試してみてくださいね!

飽き気味のインスタントラーメンにアレンジを加えよう! 簡単ズボラ飯だから力尽きた日にもぴったり

画像: 123RF

123RF

インスタントラーメンはごはんを作る気力がないときの強い味方です。

「動きたくないけど、インスタントラーメンをそのまま食べるのは飽きちゃったな」なんて日には、ぜひ、今回ご紹介したアレンジレシピを活用してみてください。

簡単美味しいズボラ飯で、頑張らずに美味しいごはんを楽しみましょう!

画像3: 【ズボラ飯レシピ】力尽きた日に!インスタントラーメンのアレンジ 塩焼きそばなど
ご当地ラーメン [乾麺]味くらべ 10食 【食品 ラーメン インスタントラーメン セット 即席麺 ギフト 非常食 保存食 おすすめ 人気 日本産 国産】
小樽(塩味)・米沢(醤油味)×各2袋、帯広(醤油味)
札幌(味噌味)・秋田(醤油味)・喜多方(醤油味
喜多方(醤油味)・尾道(醤油味)・熊本(とんこつ味)×各1袋
¥2,570
2020-07-09 16:14

▼こちらの記事もチェック!▼

This article is a sponsored article by
''.