サクサクのパイ生地に甘いりんごが詰まった出来たてのアップルパイは、お店で食べるものとは格別の味! 自宅で作るには難しそうに思えるかもしれませんが、意外と簡単に作れちゃうんです。そこで今回は元パティシエの筆者がアップルパイの作り方を「フィリング(中身)」と、「パイ生地」に分けて紹介します。

<アップルパイにおすすめ>ベラミーズ パイシート 144層あるのでサクサク食感でムラのない焼き上がりに!

ベラミーズ パイシート 150g×2 【冷凍便】

ムラのないパーフェクトな焼き上がりに定評のある「ベラミーズ パイシート」。ピュアバターと小麦粉、塩だけのシンプルな材料にこだわり香り豊かな味わいです。144層に折り込まれたサクサク食感で、おいしいアップルパイに仕上がります。

画像2: 【簡単レシピ】元パティシエが伝授! 自宅で作れるサクサク本格アップルパイをご紹介!
【冷凍便】ベラミーズパイシート / 150g×2 TOMIZ/cuoca(富澤商店)
【冷凍便でのお届けとなります】ピュアバターと小麦粉、塩だけを使用し、144層に折り込んで作ったパイシートです。面倒なパイ生地作りの手間なく、簡単にプロのような仕上がりのパイが焼けます。トランス脂肪酸を含むマーガリンは一切使用してません。 ■商品寸法(W×D×H):205×205×H7mm ■名称:冷凍パイシート ■原材料名:小麦粉、バター、食塩 ■賞
味期限(未開封時):製造より365日 ※製造日を起点とした期限です。■保存方法(未開封):-18℃以下で保存 ■アレルギー:特定アレルギー(7品目):乳・小麦 ■コンタミネーション:本製造工場では、卵、大豆、牛肉を含む製品を製造しております...
2020-04-08 21:53

【本格アップルパイレシピ3】イチから本格的にしたい人向け! パイ生地を手作りすれば風味豊かな絶品に!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

「もっと本格的に作りたい!」という方はパイ生地から作ってみてください。少し手間はかかりますが作業は意外と簡単!

バターを有塩に変えると、より風味豊かで贅沢なアップルパイに仕上がりますよ。

【材料】
強力粉 110g
薄力粉 110g
バター 200g
塩 ひとつまみ
冷水 110cc

【作り方】

1.バターはよく冷やして、2cm位の角切りにします。

2.強力粉と薄力粉は合わせてふるいます。時間がないときはボウルに入れて泡立て器でよく混ぜるだけでもOKです。

3.ウルにふるった粉を入れて、バターを加えます。木べらやカードなどでバターを細かくしながら、粉とすり混ぜていきます。

4.米粒くらいの大きさになったら冷水を入れて、練らないように、切るようにして混ぜます。

5.バターの粒が少し残るくらいまで混ざったら、手でひとまとめにします。ラップでくるんで四角い形に整えて、冷蔵庫で1時間位寝かせます。

6.打ち粉をしたまな板や台の上に生地をのせ、めん棒で伸ばします。

7.生地を3つに折って重ねます。

8.90度回転させ、同じようにのばして3つに折ります。

9.6.~10.を合計6回繰り返します。途中で生地がだれてきたら、冷蔵庫で休ませながら作業を続けましょう。

10.ラップで包んで、冷蔵庫で1時間以上休ませます。

11.あとは冷凍パイシートと同じ要領で、成形と焼成をして完成です。

イメージ画像

意外と簡単に作れちゃうアップルパイ! 時短レシピ&本格レシピで出来たてアツアツを楽しもう!

画像: イメージ写真

イメージ写真

今回は「フィリング」と「パイ生地」作りの工程を分けてアップルパイのレシピをご紹介しました。焼き立てのアップルパイにバニラアイスを添えれば、レストラン顔向けの絶品デザートに! 生地を伸ばして折り畳んで…と単純作業を繰り返すパイ生地づくりは、心を落ち着けたいときにぴったりですよ。時間のある休日にぜひ試してみてください!

こちらの記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.