登山中のエネルギー補給は「行動食」という概念が一般的です。しかし、実際にどんなものを持っていけばいいのか、悩んでしまうことはありませんか? この記事では、登山歴3年のぼくが行動食を選ぶ基準と、コンビニで揃うおすすめ行動食についてご紹介します。手軽に揃えられるものを選んだので、ぜひ最後までチェックしてください。

登山歴3年のぼくが行動食を選ぶ基準 | 軽い・高カロリー・食べやすいもの

結論から言うと、軽くて高カロリー、そして食べやすいものを選んでいます。また、疲れたときに食べて「テンションが上がるか」といった気持ちの部分も意外に大切です。

具体的には、

1. 軽くて持ち運びやすい
2. 高カロリーでエネルギー効率がいい
3. 食べやすい
4. 疲労時に食べてテンションが上がる

いつもこの4つを意識して登山中の行動食を選んでいます。それぞれ順に解説していきます!

軽くて持ち運びやすい

行動食は、軽くて持ち運びやすいものを選ぶのがおすすめです。

登山では当然、行動食のみをバッグに詰め込むことはありません。そのほか、レインウェア、コッヘルなどの料理器具、食材、カメラ、山岳用テントなどたくさんの荷物が必要です。場合によってはザックの重量が10kg~20kgになることもあります。そのため、行動食の重量は軽い方がいいですし、収納スペースを圧迫しないものがいいです。

高カロリーでエネルギー効率がいいもの

行動食はできるだけ高カロリーなものを選びます。

登山中の歩行は思った以上にエネルギーを消費してしまうもの。実際にぼくも、知らず知らずのうちにエネルギーを消費して、気づいたときにはバテている、なんてこともしばしば経験してきました。

そういった失敗を防ぐためにも、こまめにエネルギー補給をすることはもちろん、高カロリーかつエネルギー効率がいい食品を選びましょう。

エネルギー効率がいい食べ物は、甘い食べ物。砂糖を使用した食べ物は、体内でブドウ糖(グルコース)に変換されて、すぐにエネルギーとなります。

食べやすさ

手軽に食べられるかどうかも大事にしたいポイントです。

具体的に、
・食べたときに手が汚れないか
・調理せずに食べることができるか
・口内の水分が奪われすぎないか

など。ぼくが行動食を選ぶときは「疲れているときに食べても、ストレスを感じないもの」を目安にしています。

疲労時にテンションが上がるか

登山中はとても疲れます。「もう一歩も歩けない……。だけど山頂までもうひと頑張りしたい」そんなとき。食べると自分を元気づけてくれる行動食だとうれしいはず。自分が食べて「テンションが上がるか」ということは意外に大切なポイントです。疲労時に食べることを想像して、行動食を選びましょう。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.