キャンプシーズン前。なかなかキャンプに行けずにモヤモヤしてる人も多いと思います。オフシーズンで時間がある今だからこそ、毛糸でOD缶カバーを自作してみませんか? 今回は、OD缶カバーの作り方を動画付きでご紹介いたします!

【写真付き・手編みOD缶カバーの作り方】動画の編み方を応用してOD缶カバーを自作してみよう

筆者撮影

※目の数や使用した毛糸の量は、ダイソーの毛糸『シフォンケーキ Beige』と6号のかぎ針を使った場合。

ステップ1:まずはOD缶カバーの口部分を手編みしよう!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

まずは緩めの鎖編みを14目作ります。毛糸を指にかけて……

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

かぎ針を毛糸の後ろから当てます。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

毛糸にかぎ針を当てた状態で、かぎ針を毛糸の後ろから手前右下方へ。かぎ針に輪っかが掛かった状態にしてください。輪っかの根元を左指で押さえます。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

かぎ針に輪っかが掛かった状態で、毛糸の長いほうへかぎ針の頭を移動させ、毛糸の前面から押し当てかぎ針に毛糸を引っ掛けてください。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

その状態で、最初に作った輪っかにかぎ針と毛糸をくぐらせます。これで編み始めの作業が整いました。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

編み始めの作業が終わったら、ここから鎖編みを始めます。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

鎖編みの1目めを編んでいきます。

最初の輪っかをかぎ針にかけたまま、毛糸の前からかぎ針を当てて、かぎ針に毛糸を引っ掛け、そのまま最初の輪っかから引き抜きます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

最初の輪っかから1目めを引き抜いたので、また毛糸の前面から2目めになる毛糸を引っ掛けて引き抜きます。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

鎖編み3目めも、同じように毛糸を引っ掛けて2目めの輪っかから引き抜くという作業をします。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

4目め以降もこれまでと同様に、毛糸を引っ掛けて前の目の輪っかから引き抜くという工程を繰り返し、14目まで作ってください。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

こちらが14目の鎖編みが出来た状態です。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

鎖編みを14目まで編み終えたら、そのまま1目めに入れて引き抜き編みをします。

14目めにかぎ針が入ってる状態から、1目めにかぎ針をそのまま差し込みます。
その状態で毛糸を引っ掛けてください。

※ここで一旦OD缶の口径のサイズになっているか、できた輪をOD缶にフィッティングしてサイズを確認してください。サイズが合わない場合は、鎖編みがきつめだった可能性があるので、さらに緩めに編み直してください。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

引っ掛けた毛糸をそのまま1目めと14目めを通り抜けるように引き抜いてください。
これで引き抜き編みが完了です。

ステップ2:OD缶カバーの胴体部分を手編みしていこう! 

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

引き抜き編みをした状態から、立ち上がりを作るために3目鎖編みをします。

鎖編みで輪になった部分に、長編みで26目作っていきます。輪の閉じ方〜長編みの方法は以下の動画を参考にしてみてください!

参考動画:輪の閉じ方〜長編みの方法

画像: 参考動画1 www.youtube.com

参考動画1

www.youtube.com

写真と文でも解説していきます!

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

3目鎖編みをした立ち上がりの状態から……

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

毛糸をかぎ針に引っ掛けてください。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

毛糸を引っ掛けた状態で、鎖編みで作った大きな輪っかの中にかぎ針を差し込みます。その時、手前から奥に差し込むようにしましょう。

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

差し込んだかぎ針に、輪っかの裏から毛糸を引っ掛け、かぎ針を輪っかの手前に持ってきましょう。

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

手前に持ってきたかぎ針に、もう一度毛糸を引っ掛けます。この時点でかぎ針に3つ輪っかが通っていることを確認してください。

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

毛糸を引っ掛けた状態から、かぎ針に通っている3つの輪っかの内、手前2つ分引き抜いてください。この時点で、かぎ針に引っかかってる輪っかは2つになります。

画像23: 筆者撮影

筆者撮影

2つの輪っかが引っかかった状態で、またかぎ針に毛糸を引っ掛けてください。

画像24: 筆者撮影

筆者撮影

そのまま、2つの輪っかから毛糸を引き抜きます。これで1目分の長編みの完成です!

同じ工程をあと25回繰り返し、2段目の26目を編み上げましょう。

画像25: 筆者撮影

筆者撮影

26目編み終わったら、2段目の最初の目に引き抜き編みをします。
2段目の立ち上がりで作った鎖編み3目めの所にかぎ針を差し込み、毛糸を引っ掛け……

画像26: 筆者撮影

筆者撮影

そのまま引き抜いてください。これで2段目が完了です。

2段目から3段目の編み始めはこちらの動画を参考にしてみてください!

参考動画:2段目から3段目の編み始め方

画像: 参考動画2 www.youtube.com

参考動画2

www.youtube.com

引き続き、写真と文でも解説していきます!

画像27: 筆者撮影

筆者撮影

引き抜き編みをしたら、3段目の立ち上がりを作るために3目鎖編みをします。

3段目は39目に増し目しながら長編みをしたいので、1目めはそのまま長編み、2目めに長編みを2回編み入れます。それを交互に繰り返すと、3段目は39目で編み上がります。

画像28: 筆者撮影

筆者撮影

画像29: 筆者撮影

筆者撮影

画像30: 筆者撮影

筆者撮影

画像31: 筆者撮影

筆者撮影

39目編みあがったら、また引き抜き編みをし、4段目の立ち上がりのために3目鎖編みをします。

4段目は52目に増し目しながら長編みをします。増し目の方法は、2目めまで1目ずつ長編みをし、3目めに2回長編みを編み入れてください。このセットを繰り返していくと、52目になります。

5段目以降は、4段目と同様、52目で長さを調整していきます。OD缶の長さに合わせて編み込んでいき、最後の段が終わったら、引き抜き編みをして閉じてください。

画像32: 筆者撮影

筆者撮影

最初の鎖編みの1段から、トータル16段でOD缶の長さになりました。

ステップ3:自作OD缶カバー間も無く完成! 最後に底の部分を処理しよう

画像33: 筆者撮影

筆者撮影

編みあがりの段も、引き抜き編みをします。

画像34: 筆者撮影

筆者撮影

画像35: 筆者撮影

筆者撮影

毛糸を10センチぐらいの長さで切り、そのまま引き抜いてください。

画像36: 筆者撮影

筆者撮影

引き抜いた毛糸を毛糸針に通します。

画像37: 筆者撮影

筆者撮影

編み上げたOD缶カバーを裏面にひっくり返し、編み目に針をさして毛糸を通していきます。

画像38: 筆者撮影

筆者撮影

念のために6~8目分くらいに毛糸を通したら、余分な毛糸は切って処理は完了です!

画像39: 筆者撮影

筆者撮影

ひっくり返して表を出せば、世界でたったひとつのオリジナルOD缶カバーのできあがり!

画像40: 筆者撮影

筆者撮影

ちなみに、私の力加減で編み上げた場合、毛糸は1玉でギリギリ編みあがり、残った毛糸は上記写真の分だけでした……!
※綿棒と比較

自作OD缶カバーはダイソーで材料を用意すればたったの400円! DIYでキャンプをさらに楽しもう

画像: 自作OD缶カバーはダイソーで材料を用意すればたったの400円! DIYでキャンプをさらに楽しもう

「400円なら失敗しても痛くないから作ってみよう」と、軽い気持ちで始めた編み物でも、編みあがってみると、ちょっと特別な存在になっていませんか? 

仕上がった時の喜び、キャンプで使う時のウキウキは、DIYならではの楽しみ。あなたもぜひ作ってみてくださいね!

OD缶やDIYに関連した記事はこちらから

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.