ユーザーの最新ニーズを形にする商品企画で定評のあるtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)。筆者は、そのtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の大ヒットしたワンポールテント「CIRCUS TC(サーカス TC)」のデラックス版を愛用しております。いったい何がデラックスなのか?CIRCUS TC DX(サーカス TC デラックス)の魅力をご紹介します!

CIRCUS TC DX(サーカスTCデラックス)はTC素材のワンポールテント! メリット・デメリットを紹介!

CIRCUS TC DX(サーカス TC デラックス)はtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)が出しているTC素材のワンポールテントで、サーカスTCには「TC」と「TC DX(デラックス)」の2種類があります。

TC素材(ポリコットン)の魅力と注意点

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

サーカスTCは、商品名にもなっているようにTC素材で作られています。TCとは、テトロン(Tetoron)とコットン(Cotton)を混紡した素材で、「TC」もしくは「T/C」と表記され、「ポリコットン」とも呼ばれます。

さてさて。TC素材(ポリコットン)のテントには、次のようなメリット・デメリットがあります。

  • メリット
    • コットンが入っているので火に強い
    • 通気性、吸湿性がよく結露しにくい
    • 生地に厚みがあるので遮光性が高い
    • 質感がよく、見た目がおしゃれ
  • デメリット
    • 重い
    • 雨に弱い

サーカスTCには撥水加工が施してあるので多少の雨は平気です。また、ポリエステルのテントよりは重いですが、車で行くオートキャンプならそれほど問題ではないと思います。

使い勝手抜群のCIRCUS TC(サーカス TC)は大人気! ノーマルとデラックスの違いはどんなところ?

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

違いはシンプルに1つだけで、デラックスには片方の入口にサイドフラップが付いていることです。サイドフラップとは、テントをオープンスタイルで張る時に、さらに布を張り出すことで玄関を作ったりタープ代わりにしたりできる機能です。サイドフラップが付いている分、重さが1.5kg増え、付属のポールも1本増えますが、それ以外は、普通のCIRCUS TC(サーカスTC)と何ら変わりありません。

ちなみに値段は、CIRCUS TC(サーカスTC)が31,800円、CIRCUS TC DX(サーカスTCDX)が39,800円と、差額はたった8,000円!ベースが低価格なのも、この商品が大ヒットした理由の1つではないでしょうか?!

CIRCUS TC DX(サーカス TC デラックス)の基本情報

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

  • 素材
    • 本体
      コットン混紡生地(TC)撥水加工済み
      ポリエステル65%、コットン35%
    • 裾部(スカート)
      ポリエステル
    • ポール
      スチール製5本継ぎ(φ32mm×2,800mm)
      スチール製3本継ぎ(φ22mm×2,000mm)
    • 収納袋
      ポリエステルオックス
  • サイズ
    • 収納サイズ
      (約)630×270×270(高)mm
    • 組み立てサイズ
      (約)4,200×4,420×2,800(高)mm
  • 重量
    (約)12.3kg
  • 付属品
    • ポール
    • 張り綱
    • 設営用ガイドセット
    • ペグ
    • 収納袋

CIRCUS TC DX(サーカスTCデラックス)の張り方は3パターン! ベースは同じだから1日で複数楽しめる!

サイドフラップがあることで、張り方を変えて楽しめるのがCIRCUS TC DX(サーカス TC デラックス)の最大の特徴です。ベースの張り方は全て同じなので、普通に張っておいて昼間だけタープスタイルにするなど、一度のキャンプで複数形態を変えられるのも楽しいです。

パターン① ノーマルなスタイル

普通に設営し、サイドフラップを内側に格納するとノーマルなCIRCUS TC(サーカスTC)と全く同じ見た目になります。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

パターン② 雨の侵入を防ぐ玄関スタイル

サイドフラップを張り出すと玄関ができ、雨よけ付きの入口になります。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

パターン③ 日除けもできるタープスタイル

サイドフラップのファスナーを開け、さらに張り出すとタープのように使えます。このシャキッとした佇まいが本当にかっこいい…!!付属のポールは2本のみなので、この張り方をする場合はもう1本追加で用意する必要があります。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

次のページでは実際に使ってみたCIRCUS TC DX(サーカス TC デラックス)の良さを紹介

【商品レビュー】CIRCUS TC DX(サーカスTCデラックス)を実際に使ってみた! 5つのポイントを紹介

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

付属のペグがしっかりしているから設営も簡単

テント付属のペグは、プラスチック素材や形状が細くて耐久性がなく、結局別で購入するなんてこともよくありますが、このCIRCUS TC DX(サーカス TC デラックス)の付属ペグは、金属製で結構しっかりしています。また、設営ガイドも付属しているので、簡単に設営できます。

テントが作る影が濃いので夏は涼しくおすすめ!

初めてTC素材のテントを使って驚いたのが、日差しが出た時の「テントが作る影の濃さ」です。冬の夕方にはテント内が真っ暗になっていて、これは夏は涼しいだろうなと思いました。昼間はタープスタイルにすることで、日を避けながら外で過ごすこともできます。

スカートの中間部もペグ打ち可能!防風できて薪ストーブも入れられる

アウターのみのワンポールテントだと、下からの隙間風が寒いですよね。サーカスTCなら、メインのペグとペグの間の地点のスカートを地面にペグ打ちできるようになっています。これにより下からの隙間風が格段に減り、冬でも快適に過ごすことができます。

また、アウターのみなので薪ストーブを入れるのも簡単です。幕避けは必要ですが、火に強い素材なので不安も少ないです。

十分な広さで2人寝ても余裕が!

広さは思った以上に広いです。全てのギアをテント内に入れた状態で、2人寝られます。また、高さも十分で屈まずに作業できるので楽でした。

TC部分は結露しない

夕方から夜にかけて小雨が降った際は翌朝心配でしたが、ほとんど結露しておらず触っても湿っぽさがありませんでした。スカート部分はポリエステルなので水滴がたくさんついていました。こちらは朝、パタパタと水を払っておけばすぐに乾きます。

CIRCUS TC DX(サーカスTCデラックス)は使い勝手抜群! 冬も夏も快適にキャンプができちゃう!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

私が気に入っているポイントは、やはりタープスタイルで張った時の格好良さです。また、TC素材は夏も冬もそれぞれに良い効果を発揮して快適に過ごせます。ワンポールはこれが2代目になりますが、オールポリエステルのものと使い分けながらキャンプを楽しんでいます。まだまだ冬キャンも楽しみますが、夏に濃い影で涼むのも楽しみです!

こちらの記事では、CIRCUS TC DX以外のおすすめキャンプテントをご紹介! 設営簡単で女子にぴったり!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.