煮込むことでやわらかく旨味が増す牛すじ料理は、家庭でも手軽に作れるのをご存じですか?おいしく作るにはコツがあり、それさえクリアすれば、トロットロの牛すじ料理が作れます。今回は実際に牛すじ入りのカレーにチャレンジしてみました!調理のコツと合わせて、レシピをご紹介します。

【下ごしらえ3】牛すじの下茹での汁を取っておく! 2回目の茹で汁をカレーに加えて旨味アップ

3つ目のコツは、2回目の茹で汁をカレーに加えること。いい出汁が出ているので、カレーに加えれば旨味がさらにプラスされます。下茹でしたあとは、処分せずカレーに使ってみてくださいね。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

【牛すじカレーの下ごしらえ】コツを押さえれば簡単! 生姜とネギと一緒に下茹でして臭みを取ろう

下ごしらえから牛すじのカレーを作ってみました!今回のレシピには、この商品を使用しています。

画像4: 【レシピ公開】とろとろお肉が美味しい牛すじカレーの作り方 下ごしらえがポイント!
国産牛スジ500g【すじ肉】【煮込み】【おでん】【カレー】【かどや牧場】
▼国産牛スジ500g▼ 大きくて太いとても上質なスジ肉のみを厳選してパックしております。使えばわかる、プロが認める特選品♪おでん、スジ煮込み、牛スジカレーなど、お好きな煮込み料理にお使いくださいませ。 名称 国産牛スジ 原材料名 国産牛肉 原産地 国産(複数産地) 内容量 500g 賞味期限 別途商品ラベルに記載 保存方法 要冷凍(-18℃以下) 注意事項 市場から買い付けた枝肉の時点で牛肉には牛毛が付着しております。牛スジを製品化する際に取り除く作業をしておりますが、稀に取り除けていない場合がございます。その点につきましてはどうかご理解いただいた上、ご検討のほどよろしくお願いいたします...
¥ 900
2019-12-25 12:35

2人分を作りたいので、使う量は半分の250g。残った分は、冷凍で保存出来ます。

【材料(2人分)】

  • 牛すじ:250g
  • 長ネギ(青いほう):適量
  • 生姜:適量
  • 水:適量

【道具】

  • ザル
  • ボウル
  • お玉
  • 深めの鍋

【作り方】

1. 青いところの長ネギと生姜を用意します。生姜は皮つきのままでも大丈夫です。今回は、すでに皮を剥いた生姜しか冷蔵庫になかったので、皮なしの生姜を使用しています。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

2. 深めの鍋に牛すじと水を入れます。水はたっぷり入れて火を強火にしてください。私は鍋の8分目ほど入れてみました。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

3. 沸騰したら弱火にし、茹でながらアクをお玉で取っていきます。どんどんアクが出てきて、吹きこぼれそうになったら火を止めてください。ザルを用意して、アクと汁を捨てます。残ったアクが具材についているときもあるので、水でサッと洗い流します。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

※同じ鍋を使うときはきれいに洗ってから、下茹でしてください。

5. 下茹で2回目です。鍋に牛すじとたっぷりの水、長ネギ、生姜を入れて弱火で茹でます。茹でる時間は1時間以上が目安です。今回は1時間茹でて、お肉を触った感じが固そうだったので、2時間に。1時間茹でた時点より、やわらかくなっていました。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

途中、アクが出てきたら取り除きます。アクが出なくなったりお肉がやわらかくなったりしたら、火を止めましょう。2回目の茹で汁は捨てずにおいてください。次の工程で使います。

【牛すじカレー作り】牛すじの下ごしらえが終わったらあとは煮込むだけ! 具材に箸が刺されば加熱完了

下ごしらえが完了したら、いよいよカレー作りです。カレーに入れる野菜は、お好みの具材に変更しても大丈夫です。

【材料(2人分)】

  • 下ごしらえした牛すじ:250g
  • 人参:45g
  • じゃがいも:60g
  • 玉ねぎ:60g
  • カレールウ:2個
  • 牛すじの茹で汁:600ml
  • パセリ:適量

【作り方】

1. 人参はいちょう切り、じゃがいもは食べやすい大きさ、玉ねぎは少し厚めにスライスします。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

2. 深めの鍋に1で切った野菜と、2度目の茹で汁を入れて中火で煮込みます。野菜を煮込むと水分が減ってしまうので、具材と水分のバランスを見て茹で汁を追加してください。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

3. 野菜に火が通ったら火を弱火にしてカレールウを加えます。火が通ったかどうかの確認は、じゃがいもや人参に竹串や菜箸を刺して、スッと抜けたらOKです。

ルウがとろりとするまで、木ヘラでかき混ぜます。途中でかき混ぜるのを止めると、カレーが鍋に焦げつくので、注意してください。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

4. 具材がお好みのやわらかさになったら火を止めます。ご飯を盛ったお皿によそって、パセリをふりかけたら牛すじカレーの出来上がりです。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

お肉の臭みもなく、やわらかくなっていておいしかったです。カレールウを使わずに、本格的な作り方でも牛すじ入りのカレーを作ってみたいなと思いました。

牛すじカレーのレシピは下ごしらえが最重要! ここを押さえれば柔らかく美味しく作れる!

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

牛すじは、下茹でのときにアクをきれいに取ったり、2回目はじっくり下茹ですればおいしい料理が作れます。注意点は、最初の茹でこぼす際に、のんびりしているとアクが鍋からあふれそうになることです。そのため、鍋から目を離さず素早く火を止めて、ザルに移しましょう。カレーのときは、茹で汁をカレーに使うことでコクがでるので、ぜひ牛すじの茹で汁で作ってみてください。

簡単に作れて美味しいカレーやスペアリブのレシピを紹介!

This article is a sponsored article by
''.