こんにちは!ファミリーキャンパーの河間恵です。キャンプのオンシーズンと言えば春と秋ですが、冬には冬の楽しみがあります。それが「灯り」。今回は冬のキャンプも快適に楽しめる超人気のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」体験レポをお届けします。

キャビンやコテージ泊で暖かく快適に過ごそう

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

北軽井沢スウィートグラスには、冬でも楽しめる様々なキャビンやコテージがたくさんあります。狼煙サイトなどもあり、風よけクロスが取り付けられているため、テントとシュラフさえあれば冬でも炎を楽しみながら、キャンプをすることも可能です。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

今回我が家は高床式キャビン、ツリーハウス・フォレストに宿泊。フォレストは、建物の下に木馬やブランコが設置されており、そこで遊ぶのも子供たちの楽しみの一つです。

その他、ドッグランのスペースやワンちゃんと一緒に過ごせるキャビンなどもあるので、そうした楽しみ方が出来るのも、スウィートグラスの魅力です。

冬だからこそ!ランタンや暖炉の灯りを楽しもう

冬は日暮れも早いですよね。だからこそ、ランタンや暖炉の灯りや炭火の炎を思いっきり楽しめます。暖炉と向き合いながら、マッチを擦って火を付けてみることも子供たちにとっては貴重な学びの機会になっています。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

夜になるとこんな風に。暗闇の中で暖炉の炎を眺めていると、ものすごく静かな落ち着いた気持ちなります。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

そして、炭火の炎もまた、楽しいもの。炭火で焼くと、なんでも本当に美味しくなりますよね!
子供たちにお肉やお野菜をひっくり返すことを手伝ってもらったりしながら、皆でいただくバーベキューは格別の美味しさです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

さらに、ランタンの灯りも眺めていると気持ちがじんわり暖かくなります。そして、灯りや炎を楽しんみながら、一歩キャビンの外に出ると、晴れていれば瞬く星の灯りも楽しめます。夜の長い冬だからこそ、すっきりとした空気の中で炎の暖かさや灯りの輝きを一層感じることが出来るのかもしれません。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

様々なイベントに参加出来るのも北軽井沢スウィートグラスの魅力!

北軽井沢スウィートグラスでは、いつも様々なイベントが行われています。今回は、期間限定でいつもは子供しか作れない缶バッジを大人も作ることが出来たため、家族みんなで作って楽しんできました。

また、今回は既に定員になっていたため参加できませんでしたが、クリスマスリース作りのイベントもありました。イベントについては、宿泊の予約が出来次第、すぐにホームページの「イベント」をチェックされることをオススメします!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

冬の北軽井沢スウィートグラスは自然下で様々な遊びを楽しめる

子供たちは、朝になると、どんぐり拾いに夢中になっていました。持ち帰って工作したりして、キャンプ後にも楽しむことができます。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

朝日の中でのトランポリンも最高です!トランポリンは、雨の日でも楽しめる屋根のあるタイプもありますが、晴れの日にはやはり、屋根のないタイプが気持ちよく飛べます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ後の定番!「ツルヤ」でお買い物

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

北軽井沢スウィートグラスでのキャンプの後、我が家のもう一つのお楽しみがスーパー「ツルヤ」さんでのお買い物です。

ツルヤは、長野県だけに展開している地域密着型のスーパーです。特に安心・安全にこだわり、さらに美味しさも追求したオリジナル商品が人気です。我が家も毎回、かなり買い込んでしまいます。

ジャムやドライフルーツなど、その他にもたくさんのオリジナル商品が販売されています。ツルヤでお土産を購入する方もたくさんいらっしゃるようです。

冬キャンプには冬キャンプの楽しみ方がある

冬でも楽しめる「北軽井沢スウィートグラス」。キャンプは、それぞれの季節で違った楽しみ方、味わい方があるのが魅力ですね。

どの季節に何度行っても違った楽しみ方が出来る高規格キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」は、キャンプ初心者の方から上級者の方にまで、オススメ出来るキャンプ場だと思います。まだ行かれたことのない方はぜひ一度、体験してみてはいかがでしょうか。

北軽井沢スウィートグラス
住所:〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
TEL:0279-84-2512(予約センター:9時~17時 ※水曜定休)
公式HPはこちら

北軽井沢スウィートグラスに関するこちらの記事もどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.