海釣りの仕掛けは、糸にさまざまな部品を組み合わせて使用するため、アイテム数も多いですよね。そのため、海釣り初心者であれば仕掛けの管理に戸惑うのではないでしょうか。今回は、仕掛けの処理で困らないように、海釣り好きの筆者が仕掛けの管理術やおすすめアイテムについて紹介します。

糸を巻いて針を引っ掛ければ収納完了 海釣りの仕掛けが増えても安心の12枚入り&お湯で洗えて衛生的

1. まきまきシート エコ仕掛巻き(大) 12枚入り

仕掛け糸をくるくると巻ける円形シートです。糸だけでなく、仕掛けについている複数の釣り針に対応できるよう、中心には複数の小さな穴が備わっています。そのため、糸を巻いている際に現れる針を、その都度穴に引っ掛けることが可能です。

また、お湯で洗えるので、エサ汚れをきれいに落として清潔に管理できます。釣り具ケースの中が生臭くなるのを防ぐことも可能です。

そのほか、12枚入っているところもうれしいポイント。海釣りの仕掛けは、釣り方や魚の種類に応じて取り替えるため、仕掛けの数が増えてしまいがちです。この量であれば、サビキ釣り・浮き釣り・遠投釣りなど、初心者が海釣りで必要な仕掛けを収納するのに十分足ります。

画像1: 【海釣り初心者必見】海釣りの仕掛け収納のコツを紹介! おすすめの管理術やグッズも
まきまきシート エコ仕掛巻き(大) 12枚入り
●仕掛を巻いて収納することにより、ラインがよれたりクセが付きにくい。 ●仕掛を巻いたままお湯で塩分を落とせば、仕掛の再利用が可能。 ●PP素材はリサイクル可能なエコ素材。
¥ 980
2019-11-06 20:02

仕切りで海釣りの仕掛けを個別に収納! 密封性が高く、雨の日でも釣り具が濡れにくくおすすめ

釣具収納 ルアーケース ポータブル 仕掛け小物入れ

釣りの仕掛けにはサルカンや釣り針、ルアー、おもりなどさまざまな部品があります。収納ボックスの中にそのまま入れると部品が散らばってしまいどこに何があるのかわからなくなってしまいがちです。

その点、この収納ケースにはさまざまなスペースがあり、大きさの異なる部品でも分けて管理できます。先にご紹介したタッパーでの管理は気軽に導入しやすいですが、単体のケースを用いて仕掛けの部品を小分け管理しなければならない一方で、コチラであれば一括して管理できるのがメリットです。

また、スペースごとに蓋が付いているため、必要のない部品がケースから飛び出てしまう恐れも少なくなっています。密閉性が高く防水のため、雨でも中身が水で濡れにくいのもポイント。サイズは約12×10×3.4cmとコンパクトなので、海釣りの際にバッグやリュックなどに入れて持ち運べます。

画像2: 【海釣り初心者必見】海釣りの仕掛け収納のコツを紹介! おすすめの管理術やグッズも
ルアーケース 餌箱 釣りタックルボックス 釣具収納 防水 ポータブル 仕掛け小物入れ 個々のコンパートメント 持ち運び易い 釣り道具 ボックス 釣りケース 釣り道具
仕様:
アイテム:ルアーケース
材質:プラスチック
カラー:ブラック
サイズ:約 12 * 10 * 3.4cm
重量:約106g
パッケージ:
1 *フィッシングツールボックス(ケースの中のものは含まれていません)
2019-10-30 20:30

仕掛けを収納するグッズを用意してから海釣りに行こう! 片付けが楽になればモチベーションも上がる!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

海釣りの仕掛けは道具が無ければ収納は困難です。海釣りに行く際には、今回紹介した発泡スチロール、容器、市販グッズなどをあらかじめ準備しておくことをおすすめします。そうすれば、海釣りが終った後に面倒な思いをせずスマートに仕掛けを管理&収納できて、次回もまた行きたいなと思えるはずです!

釣り経験者がわかりやすく解説! おすすめ釣具ケースや仕掛けについて紹介している記事はこちら!

This article is a sponsored article by
''.