はじめて海釣りに挑戦したい! と思っても、何から始めるべきか、どんなアイテムが必要なのか、わからないですよね。今回は、海釣り初心者でも気軽に始められる「サビキ釣り」というおすすめの釣りスタイルと、それに必要なアイテムを、海釣り好きの筆者がくわしくご紹介していきます。

初心者におすすめの海釣りスタイルは、サビキ釣り! その方法とは?

場所選びは、海釣りがはじめてなら海浜公園がおすすめ

海釣りがはじめてなら、釣り場、駐車場を始め、施設が整っている海浜公園をおすすめします。「車が停められず釣りができない」「お腹が痛くなったけどトイレがない」というトラブルに対処しやすいからです。また、海浜公園の釣り場は、柵を設けるなど安全に配慮しているところが多い傾向にあります。その点で、海に落ちる心配が少なく、初心者にも安心です。

そして、海岸と違って観光客が少ない点も推しポイント。観光客でざわざわすることもなく、釣りとともに海の景色をゆったりと楽しめます。癒しのひと時を味わえることから、仮に魚が釣れなかったとしても、「来てよかったなあ」と満足感を得られるんです。

手軽に釣果が得られる「サビキ釣り」が海釣り初心者におすすめ

ちょい投げやウキ釣りなど釣る方法はさまざまありますが、初心者には「サビキ釣り」をおすすめします。サビキ釣りとは、複数の擬似餌針と生エサを入れたマキエカゴ(網の場合もあります)で誘う釣り方です。投げる必要がないため、海釣りがはじめてでも安心して取り組めます。

サビキ釣りは、釣果が予想を上回ることが多いのがおもしろいポイントです。複数の針がついているため、アジやイワシなどの小魚が一度に4~5匹釣れることもあります。はじめての人にとっては、釣れてこそ釣りの魅力を感じられると思うので、海釣りの魅力を手軽に体感したいなら、やはりサビキ釣りがおすすめです。

画像: 手軽に釣果が得られる「サビキ釣り」が海釣り初心者におすすめ

サビキ釣りで必要なものは? 初心者におすすめしたい道具もご紹介

竿は短めがおすすめ!

竿を選ぶ際は、初心者であれば短めの竿を選択しましょう。長い竿だと動かしづらいだけでなく、他の釣り人の糸と絡まってしまう可能性があるからです。長さの目安としては約2〜3メートルほどがおすすめです。さらに欲をいえば携帯しやすいようにコンパクトサイズに畳めるものがベスト。おすすめの竿はのちほどご紹介します。

仕掛けは市販のものでOK!

サビキの仕掛けについては市販のもので十分釣果が得られるため、自分で作成する必要はありません。最低限、エサを入れるための網やマキエカゴが糸の先についているものを選べば大丈夫です。エサに関してはアミエビを使うのが一般的です。釣具店で忘れずに購入しておきましょう。

それではここから、サビキ釣り初心者の方におすすめしたい釣り道具を3つご紹介します。

短くて動かしやすい! エサの取替や魚の取り外しがスムーズ
1.オルルド釣具 超コンパクトフィッシングロッド 「チビルド」 & ハニカムスピニングリール「BE1000」 2点セット

画像: 短くて動かしやすい! エサの取替や魚の取り外しがスムーズ 1.オルルド釣具 超コンパクトフィッシングロッド 「チビルド」 & ハニカムスピニングリール「BE1000」 2点セット

竿が長いと持ち運びが不便で、釣りを始めるのが面倒になってしまいますよね。この釣り竿は35cmの長さまでたためるようになっています。車のトランクや手提げ袋などに収納できるため、釣り場へ持っていくのに手間がかかりません。釣り竿の専用ケースを購入する必要がなく、コストが抑えられるところも魅力的です。

使う時の長さは2.6mで、初心者でも竿を操作しやすいので、エサの取り替えや釣った魚の取り外しなどをスムーズに行えます。ほかの釣り人と糸を絡める心配が少ない点でも、海釣りがはじめてな人におすすめです。

この釣り竿にセットになっているリールは、金属ボディがかっこいいだけでなく、50cmほどの魚まで釣り上げられる性能。細かい調整が可能なので、少し大きめの魚が食いついたときでも、柔軟に糸を手繰り寄せられます。また、取り付けが簡単なところも初心者にはうれしいポイントです。価格はAmazonで4,000円前後。この値段なら海釣りをはじめやすいのではないでしょうか。

仕掛けはこれを買えばOK! 買ってすぐに釣りができる
2.ささめ針 ボウズのがれ サビキ下カゴ式 XA003 M

サビキの仕掛けは針の数が多いため、糸の結び方に慣れていないと簡単には作れません。このアイテムは、6つの針と餌を入れるカゴで、あらかじめ仕掛けが構成されています。セットの際は、先端の金具を釣り糸につなぐだけで済むので、釣りがはじめてでもスムーズにサビキ釣りを始められます。

また、エサを入れるところが網ではなくカゴであるところも注目ポイント。網だと仕掛けの針が引っかかって糸が絡まることがあります。初心者だといちいち釣りを中断する事態に陥り、釣りが面倒になってしまう可能性がありますが、カゴなら針が掛かっても簡単に取り外せるので問題ないです。価格はAmazonで400円前後。海藻などに引っ掛けて仕掛けが壊れてしまう可能性もあるので、2~3個持っておくと安心ですよ。

3.キャップ式で管理がラク! 手を汚さずにセットできるエサ
マルキユー(MARUKYU) アミ姫 600g

サビキ釣りでは魚をおびき寄せるためにアミエビを網やマキエカゴに入れます。ただ、はじめのうちはスムーズにセットするのが難しく、どうしても手に付着してしまいがちです。アミエビが付着すると、釣り道具や衣服に汚れたり、体が生臭くなったりしてしまうこともあります。

その点を解決してくれるのが「アミ姫」です。まず、臭いが苦手な人に向けた対策として、フルーツ系の香りがついています。また、キャップ式になっていて、網やマキエカゴに差し込んで注入できるため、手を汚さずに済みます。ふたを閉められることで、アミエビの鮮度を保てるというメリットもありますね。

価格はAmazonで500円前後。容量は600g。エサを入れる頻度にもよりますが、目安としては半日で1人1kg程度なので、人数や時間の長さによって十分な量を用意しておきましょう。

海釣り初心者は、海浜公園でサビキ釣りから始めよう!

画像: 海釣り初心者は、海浜公園でサビキ釣りから始めよう!

準備が面倒、魚が釣れないなどの理由で、海釣りの魅力に気づけないのはもったいないです。海浜公園でのサビキ釣りなら、手軽な道具で初心者でも安定した釣果が得られると思います。今回紹介したアイテムを参考にして、ぜひトライしてみてください。

This article is a sponsored article by
''.