こんにちは。燻製があれば昼間からいくらでも飲めるキャンパーくにぱぐです。燻製といえば私のように「大人のおつまみ」のイメージが強いのですが、実際は子供も大好きです。今回は特に子供も大人も喜ぶ「ベイクドポテト燻製風味」を仕上げてみます。バーベキューでもサッとできてしまうスグレモノメニューですよ!

単なるジャガイモと侮るなかれ! 簡単でリッチな味わい「ベイクドポテト」

画像: 単なるジャガイモと侮るなかれ! 簡単でリッチな味わい「ベイクドポテト」

ベイクドポテトはアメリカの家庭では定番料理です。ジャガイモにベーコンや調味料を挟み、そのまま焼いただけというシンプルなメニューですが、作ってみると結構リッチな味わいに驚きます。イメージ画像のように見た目も華やかですし、味付けのバリエーションも意外に豊富。

ジャガイモを丸のままホイル焼きにするのも美味しいですが、一工夫するならベイクドポテトはオススメです。

今回はさらにこれを燻製にして、スモーキーな風味もプラスしてみます。作り方は簡単ですよ!

ベイクドポテトの調理器具は燻製器! ダッチオーブン・焚き火台もおすすめ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

道具に関しては今回、ダッチオーブンがあると圧倒的に簡単です。本来オーブンで作る料理ですので、当然と言えば当然です。

火に関していえば、バーベキューグリルを使ってもいいですし、焚火でも調理できると思います。私の場合はユニフレームの焚火台「ファイアグリル」にヘビーロストルを乗せて使用しています。定番中の定番の焚火台ですが、とにかくタフで便利です。

燻製器を使う場合は高温調理になりますので、アルミよりもステンレス製の方がいいと思います。アルミ製でも作れはしますが、多少燻製器にダメージが残るかもしれません。

残念ながら、ダンボール製はNGです。

いずれにしても、燻製用にウッドチップを用意してください。何のチップでも問題ありませんが、今回はスモークウッドよりはチップが使いやすいと思います。

また、もしトーチバーナーがあるなら、これも使うと便利です。

ベイクドポテトに使うジャガイモはメークインが最適!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

材料:2人前

・ジャガイモ(メークイン) …2個
・ベーコン 2~3枚
・マヨネーズ …適量
・とろけるチーズ …適量
・塩胡椒もしくは黒瀬スパイス …適量
・ドライパセリ(あれば) …適量

ベイクドポテトの主役はジャガイモです。大きめのメークインを探してみましょう。意外とスーパーでは手に入らないこともありますが、あれば是非ベイクドポテトにしたいですね。キャンプ場の近くに道の駅などあれば、そこでいいジャガイモが手に入ることもあります。

それ以外は、ある程度お好みなところがあります。例えば、明太マヨネーズを使うのもアリですし、アメリカ風にするのであれば、バターやサワークリームを使うとよいでしょう。

複数の味のものを作って食べ比べるのも面白いですね。ローコストなのにバリエーション豊かでボリューミーな料理になります。

作り方はダッチオーブンや燻製器で焼くだけ! ベーコンを使ったレシピが定番!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

1)
ジャガイモは皮ごと食べても食べなくてもOK。食べる場合、表層の泥汚れは落としておきましょう。皮は食べないのであればそのままでも調理できます。

まずは包丁で十字に深い切れ目を入れておきます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

2)
十字の切れ目にマヨネーズ、ベーコンを挟みます。こんな感じで、多少はみ出ても気にしないでいきましょう。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

3)
炭火で調理する場合は、チャコールスターターを使うと簡単です。

適当な着火材を敷いて、その上に炭を挿しておき、着火材に火をつけます。あとは放っておけば煙突効果でどんどん火が回ります。炎が出ることもありますが、炎がなくなり熾火になったところで調理に使うようにします。

燻製器であればシングルバーナーを使いましょう。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

4)
ダッチオーブンの場合、炭火を上下から当てて十分に予熱をしておきます。

中にはこちらの記事で記載したように、アルミホイルを敷き網を浮かせて、あらかじめチップを入れておきます。このチップから煙が出るようになれば予熱は完了です。

燻製器の場合はシングルバーナーなので、すぐに煙は出ますから、予熱は不要です。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

5)
十分に煙が出てきたら、ジャガイモを入れ、燻製調理を始めます。

ダッチオーブンの場合は、上下に炭火を当てて30分ほど。燻製器の場合は温度計が振り切るぐらいの超高温で熱燻です。やはり30分ほど、みてください。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

6)
焼きあがったジャガイモにとろけるチーズを挟み、トーチバーナーでチーズを溶かしていきます。

バーナーがない場合は、ジャガイモを加熱している途中でチーズを追加しても問題ありません。

トーチバーナーは焦げ目が美味しそうに付くので、あると結構楽しいですよ。

画像: 【レシピ公開】簡単!燻製ベイクドポテトの作り方! 子供にも大人気!

7)
チーズが溶けたら、塩胡椒、あるいは黒瀬スパイスを振り、ドライパセリなどで見栄えを整えます。

これだけで完成です!

簡単に作れるベイクドポテト! レシピもアレンジし放題でお酒との相性も抜群!

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

ベイクドポテトのよいところは、どう作っても美味くなるということです。前述したように明太マヨネーズやサワークリーム、バターなども使えますし、イカの塩辛やかつを酒盗も相性がいいです。

スモーク風味にしたことでお酒との相性はよくなりますし、しなくても美味しいです。

作り方自体もいろいろで、燻製にしないなら先にジャガイモを焼いてしまい、軽くまな板に叩きつけて潰してから切れ目を入れ、そこに焼いたベーコンなどを挟んでいくという方法もあります。

この方法だと、ジャガイモをアルミホイルに包んでバーベキューコンロに放り込んでおくだけでも出来てしまうので、とにかく簡単です。

アメリカ流の食べ方は、皮と身をよくかき混ぜて食べる、だそうです。本場の食べ方を楽しんでみたい人にはオススメですよ。

くにぱぐの過去の燻製レシピもチェック!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.