キャンプを思い切り楽しみたいけれど、日焼けするのがイヤでテントの中にいることが多いという人は、まず日焼けをしない方法を学びましょう。また、うっかり日焼けしてしまった後でも、あらかじめ対策法を知っていれば、早めにアフターケアができるので気持ちが楽になります。今回はキャンプの日焼け対策とアフターケアの方法をご紹介します。

筆者の一番のお気に入りで、日焼け防止効果抜群! 肌にも優しく値段も安い!

1. パラソーラ モイスチャー フレグランスUVジェル

筆者が今まで試した中で一番のお気に入り&おすすめの日焼け止めです。筆者はローズ系の香りが苦手なのですが、この日焼け止めはフローラルな優しい香りです。美容液が多く含まれていて肌への負担が少ない点も気に入っています。他の日焼け止めを使っていたときは毛穴を埋めたような重い感じがあったのですが、この日焼け止めは、スゥっと肌に浸透し、気になりません。

SPF50+、PA++++で日焼け防止効果が高く、肌への負担が少ない上、プチプラな点も魅力です。キャンプに行くときも持って行きます。Amazonでの販売価格は税込みで1,000円~1,500円前後ですが、定価は800円(税抜き)なので、お近くのドラッグストアなどで探してみても良いでしょう。

女性はファンデーション代わりにも使える日焼け止め 塗り重ねる必要がなく楽

2. ビオレUV 化粧下地UV シミ・毛穴カバータイプ

筆者は顔に何層も塗り重ねるのが苦手です。普段はすっぴんでいるせいか、毛穴を塞いで仮面を付けたような感じになるのが苦手になってしまいました。この日焼け止めはYoutuberさんの紹介で知り、試しに購入してみました。化粧下地と日焼け止めがセットになっている点と、毛穴をカバーしてくれる点が決め手でした。

重ね塗りの必要がなく、薄い肌色のジェルなのでファンデーション代わりにも使えます。SPFは50+、PA++++で、このシリーズは、他に「皮脂テカリ防止タイプ」と「くすみ補正タイプ」があります。伸びが良く、付け心地が軽いので気に入っています。髭ソリ後が気になる男性にもおすすめします。Amazonでの販売価格は税込1,100円前後です。

紫外線を浴び続けるアウトドア UV対策をしっかりしてキャンプを楽しもう!

画像: 紫外線を浴び続けるアウトドア UV対策をしっかりしてキャンプを楽しもう!

キャンプなどのアウトドアは長時間紫外線を浴びるので、そのときは面倒だと感じても日焼け予防はした方が賢明です。日焼け止めは値段ではなく、肌に合うものを選び、衣類やサングラスなどを上手に活用して外遊びを楽しんでくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.