近年、アウトドアギアのDIYをする人が増えてきましたが、自分で一からモノづくりをするのはちょっとハードルが高い!そんな不器用な人でも手軽に「Only Oneギアが作れる!」とメキメキ人気上昇のアウトドアステッカーを活用したDIY。今回は、アウトドアドアステッカーを素敵に活用している人を参考に、おしゃれに見える貼り方やアイデアを紹介したいと思います。

アウトドア系ステッカー センス抜群のアイディア21選

ステッカーの魅力はどんな場所にも貼ることができる点。

車やクーラーはもちろん、100円均一のモノやワークマンなどリーゾナブルなモノに貼ることでデザイン性が増すところも魅力です。

まず、「みんなはアウトドア ステッカーをどんなところに貼っているか?」の事例を一挙にご紹介していきます!

ステッカー活用事例「車に貼る」

Instagram

www.instagram.com

Instagram

www.instagram.com

Instagram

www.instagram.com
画像1: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

画像2: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

画像3: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

画像4: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

ステッカーは、転写タイプの背景がないモノと、シールタイプのモノがあります。

数枚同じ個所に貼る場合は転写タイプか、シールタイプかどちらかに統一させたほうが、全体的にまとまりやすいです。

ただし、外に貼る場合は、雨に打たれることもあるため紙のシールは使用するのはやめましょう。

ステッカー活用事例「クーラーボックスに貼る」

クーラーボックスは、ステッカーを貼りやすいギアの一つでしょう。「車に貼る勇気が出ない…」方にもおすすめな活用事例です。

Instagram

www.instagram.com
画像1: 筆者撮影

筆者撮影

クーラーの側面にたっぷり貼るパターンもいいですが、シンプルに1つお気に入りのブランドのロゴを貼るのもいいですね。ただし、こちらも水に濡れる可能性があるため、防水効果があるシールを貼りましょう。

ステッカー活用事例「収納系ギアに貼る」

コンテナなどの収納系ギアも、ステッカーが貼りやすいアイテムです。

「なんの変哲もないコンテナ」でも、ステッカーを貼ることで一気にスタイリッシュになりますよ。

Instagram

www.instagram.com

Instagram

www.instagram.com
画像5: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

画像6: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

画像7: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

画像8: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

Instagram

www.instagram.com

数枚貼る場合は、同じブランドの違うデザインのモノを貼ると色に統一感がでます。

ステッカー活用事例「スマホに貼る」

スマートフォンケースに貼るのもカッコいいですよね。

貼るスペースの狭いスマートフォンは、シンプルにお気に入りのステッカーを1つ貼るのがおすすめ。また、スマートフォンのカラーとの色合いも考えましょう。

Instagram

www.instagram.com

まだまだあるステッカー活用事例

他にも、こんな活用事例があります!

▼カセットコンロ

Instagram

www.instagram.com

▼スプレーボトル

Instagram

www.instagram.com

▼保温・保冷マグカップ

画像9: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

画像10: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

▼水筒

画像11: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

▼ノートパソコン

画像12: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

▼子どものチェア

画像13: ハピキャン編集部

ハピキャン編集部

クーラーやコンテナなど大きなアウトドアギアだけでなく、調味料入れなど小さなものでもステッカーを貼ることでデザインがガラッと変わりますね。

また、「性能的にはサーモスが良いけど、ブランドとしてはチャムスが好き!」と言ったケースも、ステッカーでカスタマイズすれば自分好みのギアにアレンジできます。

This article is a sponsored article by
''.