こんにちは!キャンプがニガテなファミリーキャンパー、えいみーです。これから暑くなるにつれ、海や川などでのレジャーが増えてきますよね。そんな水辺のレジャーには欠かせない「ドライバッグ」が、なんと100均で購入できちゃうってご存知ですか?本日は、ダイソーの『レジャー用防水バッグ』という商品をレビューします。ドライバッグを有効活用できるよう、キャンプでおすすめの使い方もたっぷりご紹介していきます!

ドライバッグとは「防水機能がある袋」のこと!水辺のレジャーに欠かせないマストアイテム!

画像1: 筆者撮影:ダイソー『レジャー用防水バッグ』15L(左)・3L(右)

筆者撮影:ダイソー『レジャー用防水バッグ』15L(左)・3L(右)

「ドライバッグ」とは、カンタンに言うと「防水機能がある袋」のことです。

防水機能があるため、「濡れたもの」を中に入れても外に水が漏れず、濡れた衣類や小物の持ち運びに役立ちます。

また、カメラやスマートフォンなど「濡らしたくないもの」を中に入れれば、海・川・プールサイドなど、荷物が水に濡れる可能性がある場所でも安心です。

濡れたものや濡らしたくないものを入れるのに、ビニール袋やジップロックなどを活用する人も多いですが、ビニール袋やジップロックは破れたり穴があいたりして大惨事になる可能性も。

一方で、ドライバッグはアウトドアやマリンスポーツなどでの使用が主な目的となっているため、防水性だけではなく、耐久性も高いものが多いです。

また、ドライバッグは大きさもさまざまで、釣り・カヤック・SUP・ダイビング・温泉旅行・ジムなど、目的や用途に合ったサイズのものを選ぶことが出来ます。

ドライバッグは、水辺のレジャーやアクティビティには欠かせない、マストアイテムと言って良いでしょう。

昔買ったダイビング用品のドライバッグは、なかなか高価だったんだよ〜!まさか100均のダイソーで、プチプラのドライバッグが買える日が来るなんて夢みたい…!

スタッフバッグとドライバッグは微妙に違いアリ!

ドライバッグは「スタッフバッグ」と呼ばれることもありますが、実はドライバッグとスタッフバッグは以下のように目的・用途に違いがあります。

  • ドライバッグ
    防水機能がある袋のこと。濡れたものや濡らしたくないものの収納や持ち運びに活用する。
  • スタッフバッグ
    小分け収納するための袋のこと。パッキングの際の荷物整理に活用する。

上記の通り、スタッフバッグは主に荷物整理に使うための袋であるため、必ずしも防水機能が備わっているとは限りません。

防水機能付きのスタッフバッグであればドライバッグとして活用することもできますので、用途や目的にあわせて製品を選ぶようにしてくださいね!

ダイソーのドライバッグ『レジャー用防水バッグ』のスペックと防水性能は?店舗での売り場もチェック!

では、ダイソーのドライバッグの製品情報とスペックをチェックしていきましょう♪

ダイソーのドライバッグのスペック

ダイソーには『レジャー用防水バッグ』というドライバッグがあり、15Lと3Lの2種類があります。

画像: 筆者撮影:ダイソー『レジャー用防水バッグ』15L(左)・3L(右) 大きさ比較のため500mlのペットボトルを並べました。

筆者撮影:ダイソー『レジャー用防水バッグ』15L(左)・3L(右)
大きさ比較のため500mlのペットボトルを並べました。

製品名レジャー用防水バッグ(ストラップ付)レジャー用防水バッグ
容量15L3L
付属品ストラップ(長さ約110cm)なし
材質本体:塩化ビニル樹脂、ポリエステル
ポリアセタール:ポリアセタール
肩ひも:ポリプロピレン
本体:塩化ビニル樹脂、ポリエステル
バックル:ポリアセタール
肩ひも:ポリプロピレン
サイズ36cm×48cm×0.5cm23cm×32cm×0.5cm
防水性能IPX6相当IPX6相当
価格500円(税込550円)200円(税込220円)

100均であるダイソーの商品ですが、レジャー用防水バッグは100円商品ではありません。15Lが500円(税込550円)で、3Lが200円(税込220円)です。

ただ、ブランド品のドライバッグなら数千円はするため、破格の安さでコスパ最強の商品です!

ダイソーのドライバッグの防水性能

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

タグに「生活防水」と書かれている通り、ダイソーのレジャー用防水バッグは「IPX6相当」の防水性能を持っています。しかし、IPX6相当とは、具体的にどれくらいの防水性能なのかが気になるところですよね。

「IPX」という表記は、「防水等級」を表すものであり、一般的に「IPX」に続く数値が大きいほど防水性が高いことを意味します。

製品外部からの有害な影響を伴う水の侵入に対する保護等級
0 | 無保護。
1 | 製品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている。
2 | 製品を15度傾けた状態で施品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている。
3 | 製品上部から両側に60度までの角度で噴霧された水に対して保護されている。
4 | 製品に対するあらゆる方向からの水の飛まつに対して保護されている。
5 | 製品に対するあらゆる方向からの噴流水(12.5ℓ/min)に対して保護されている。
6 | 製品に対するあらゆる方向からの暴噴水(100ℓ/min)に対して保護されている。
7 | 水に浸しても影響がないように保護されている。 製品を水中で使用するもの。
8 | 潜水状態での使用に対して保護されている。7より厳しい条件の中で使用するもの(試験環境は協議により決定します)

上記の通り、水中に沈めた状態で防水性能を発揮するのは、IPX7級および8級とのことなので、IPX6はあくまで短時間の水圧に対する防水性能ということになります。

ただ、筆者がさまざまなシーンで1年間ダイソーのレジャー用防水バッグを使用してみて、普段使う分には不足を感じないじゅうぶんな防水能力があると実感しています!

海水浴・磯遊び・釣り・シュノーケリング・川遊び・キャンプ・雨の日の通勤と、いろんな場所で使ってるけど、今のところ防水性能は問題なし!!!

ダイソーのドライバッグの売り場

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

筆者の自宅近くのダイソー店舗では、レジャー・BBQ・キャンプ・アウトドア用品コーナーにレジャー用防水バッグが並んでいました。

実は冬の間に探した時には、売り切れだったのか、店頭で商品を見つけることが出来ませんでした。

ダイソーは商品点数も多いですし、店舗に並べられる商品数に限りがあるので、季節ものは売っていない時期もあるのかもしれません。

最近はまた店頭にレジャー用防水バッグが並んでいたので、ぜひ店舗で実物をチェックしてみてください!

店舗によって売り場は違うと思うから、分からなかったら店員さんに聞いてみてね~!!!

▼ダイソーのオンラインストアからも購入できます!▼

This article is a sponsored article by
''.