ロマンチックな雰囲気で癒やし時間を演出するコールマンの『ルミエールランタン』。今回は、大人気のこのランタンを徹底解剖!比較検討される『スノーピーク/ノクターン』との違いや、『ルミエールランタン』のカスタマイズなどもチェックしてください!

コールマン『ルミエールランタン』の魅力に迫る! メリットや気になるポイントを紹介

『ルミエールランタン』のメリットや気になるポイントもしっかりと確認しておきましょう!

メリット【1】備品が少なくコンパクト! 携帯しやすい

画像6: photographer 吉田 達史 happycamper.jp

photographer 吉田 達史

happycamper.jp

サイズが小さいことはもとより、備品の少ないことも嬉しいポイント!

一般的なガスランタンに使われるマントルが不要で、燃料のガス缶と本体のみでセット完了です。

メリット【2】230gのガス缶で約28時間〜38時間使用可能

画像7: photographer 吉田 達史 happycamper.jp

photographer 吉田 達史

happycamper.jp

230gの小さなガス缶でも28〜38時間使用できますので、1泊2日のキャンプで燃料切れを起こす心配がありません。災害時にも活躍しそうです!

メリット【3】アウトドアに限らず家でも使えるオシャレなデザイン

『ルミエールランタン』のアンティークチックなデザインは、アウトドアだけでなく自宅のインテリアにもマッチします

ガス缶にオシャレなカバーを取り付けて、テーブルライトとして食卓の雰囲気作りに使用したり、就寝前のリラックスタイムなどにもおすすめです!

気になる点【1】光量が弱くメインランタンには不向き

『ルミエールランタン』の炎では、キャンプサイトやテント内を照らすことができませんので、大光量のメインランタンと組み合わせて使用しましょう!

手元を照らしたり、雰囲気作りのために『ルミエールランタン』のようなサブランタンがあると便利です。

気になる点【2】ガラス製のグローブは取り扱いに注意が必要

『ルミエールランタン』のグローブ部分はガラス製のため、割ってしまわないように丁寧な扱いが求められます。

携帯時は付属のプラスチックケースに入れて、落としたりぶつけたりしないように注意しましょう!

万が一割ってしまってもグローブ単品で購入できるのでご安心ください。

画像3: コールマン『ルミエールランタン』はコンパクトに持ち運びも便利! コールマン定番アイテムの魅力や使い方からカスタマイズまで紹介
コールマン coleman グローブルミエール 205602 キャンプ用品 :205602-COLEMAN:ニッチ・エクスプレス - 通販 - Yahoo!ショッピング
コールマン グローブルミエール [ 205602 ]【サイズ】約φ6×15mm【適合ランタン】適合製品:ルミエールランタン

▼こちらの記事でランタンの配置や使い分けについて丁寧に解説していますよ♪

コールマン『ルミエールランタン』をオリジナルカスタマイズ! 雰囲気・光量アップの嬉しいメリットも

そのまま使っても素敵な『ルミエールランタン』ですが、オリジナルのカスタマイズを楽しんでいる愛用者も!

いくつかご紹介します。

燭台を2股や3股にして光量アップ

画像1: ライター「かおる」撮影 happycamper.jp

ライター「かおる」撮影

happycamper.jp

燭台を2股や3股にすることで、光量をグンとアップさせることが可能です!

よりアンティークチックな見た目になって、幕内の雰囲気もアップしますね。

グローブをトルコランタン風にカスタマイズ

画像2: ライター「かおる」撮影 happycamper.jp

ライター「かおる」撮影

happycamper.jp

グローブにガラスタイルを貼り付けると、トルコランタン風に変身!

カラフルでゴージャスになるので雰囲気が変わりますね。

こちらは「リゾート大島キャンプ場」にて制作したものだそうですが、他のキャンプ場やガラス工房などでもできる場所があるかも!?

ぜひご自宅の近くでDIY体験ができる場所を探してみてくださいね♪

▼こちらの記事で詳しくレポート!▼

普及の名作『コールマン/ルミエールランタン』と共に癒やし時間を楽しもう!

画像2: photographer 吉田 達史

photographer 吉田 達史

キャンプ初心者からベテランまで、多くのキャンパーの心を掴んで離さない『ルミエールランタン』

みなさんもキャンプやお家で『ルミエールランタン』の優しい灯火を眺めながら、癒やし時間をお過ごしくださいね。

▼こちらの記事もチェック▼

This article is a sponsored article by
''.