『ルミエール』と言えば、コールマンから販売されているキャンドル風ガスランタンです。OD缶に接続して使うランタンなのですが、マントルを使うガスランタンと違い、ユラユラと揺れる炎が優しい、雰囲気のあるランタンです。ただ、テーブルランタンとしては少々明るさが足りず、これだけでは照明にはなりません。そこで今回は、とことんアウトドアの雰囲気を盛り上げてくれる『ルミエール』を、世界でたったひとつだけのオリジナルトルコランプ風ランタンに変身させる方法をご紹介します。

『ルミエール』は工夫次第で更に雰囲気アップできる!

画像1: コールマン『ルミエール』で作る世界にひとつのオリジナルトルコランプ作りに挑戦!
Coleman コールマン ルミエールランタン インディゴ 2000031624 ガスランタン アウトドア 釣り 旅行用品 キャンプ ランタンガス アウトドアギア :9999994361529:山渓オンラインショップYahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
Coleman コールマン ルミエールランタン インディゴ 2000031624 JANコード:4992826711269 商品番号:2000031624 [0012_2000031624] S9999994361529 IL ルミエールランタン(インディゴ) ■インディゴレーベルバージョンの収納ケース付き※LPガスは別売りです ●燃焼時間:約28から38時間(230g缶使用時)  ●本体サイズ:約o7.3×6×18.3(h)cm  ●重量:約210g  ●付属品:プラスチックケース  ●使用グローブ:Model 5010005197 ※LPガスは別売りです 3980円以上送料無料 Coleman コールマン ストーブ ランタン ランタン ランタンガス アウトドアギア

『ルミエール』はろうそくの様に炎がユラユラと揺れる雰囲気のあるランタンなので、テーブルランプとして使うには明るさが足りず、他の照明が必要になります。

そこで僕は『ルミエール』を2つ燭台にして使っています。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

『ルミエール』が2つになることで、照明として充分な明るさになっただけでなく、すごくゴージャスな雰囲気になります。『ルミエール』自体も『インディゴラベル』と言うコールマンとモンロのコラボシリーズなのですが、OD缶のレザーカバーと相まって、お気に入りのキャンプギアになりました。

この『ルミエール』をさらに魅力的なギアにするために、オリジナルトルコランプ作りにチャレンジすることにしました!

『ルミエール』をオリジナルランタンにできるのは和歌山県にある『リゾート大島キャンプ場』

燭台に仕立てた『ルミエール』もお気に入りなのですが、いつも行くキャンプ場でトルコランプ風『ルミエール』を作ることができると聞き、行ってきました。

画像: 筆者撮影 ※撮影:2019年

筆者撮影 ※撮影:2019年

伺ったのは、和歌山県にある『リゾート大島キャンプ場』です。

▼以前僕が書いた『リゾート大島キャンプ場』の紹介記事はこちらをチェック!

『リゾート大島キャンプ場』は、バイクキャンパーやソロ、グループからグランピングまで楽しめる贅沢なキャンプ場で、シーカヤックやシュノーケリング体験などの様々なアクティビティプログラムまで取り揃えるキャンプ場なんです。

『手作りトルコランプ教室』に参加! 

画像: 『リゾート大島キャンプ場』ウェブサイトより

『リゾート大島キャンプ場』ウェブサイトより

キャンプ場の受付の横に体験教室があります。中にはこのようにたくさんのトルコランプが飾ってあります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

その一角に『ルミエール』や『ノクターン』などのトルコランプもあり、眺めていると、自分のルミエールをどんなデザインにしようかとワクワクしてきます。

画像: リゾート大島キャンプ場オフィシャルページより

リゾート大島キャンプ場オフィシャルページより

手作りトルコランプ教室の価格表はこちら。

『ルミエール』は7,800円ですが、『ルミエール』自体が6,000円程なので、体験料としては1,800円程と意外とリーズナブルです!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.