車中泊で重要になるグッズの1つに、マットが挙げられます。マットの寝心地が悪いと、翌朝体が痛かったり、疲れが取れず帰りの運転に支障が出たりと、せっかくの楽しい気分が台無しになってしまうことも。そんな事態を避けるためにも、今回紹介する車中泊用マットの選び方を読んで、ご自身に合ったマットを探してみてくださいね!

車中泊用マットの選び方! サイズや段差解消のための厚さなど5つのポイントを紹介

まずは、車中泊用マットの選び方について解説します。

マットを選ぶときのポイントは、サイズ・厚さ・フォームの有無・断熱性(R値)・空気の入れ方の5つ。それぞれ順番に解説していきます。

車中泊用マットの選び方【1】サイズ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

車中泊用マットの選び方で大切なポイントの1つ目は、サイズです。

車中泊マットを選ぶときは、車内に収まるサイズであることが大前提!

まずは、マットの購入前に、車内のどこに寝床を確保するかを決めましょう。場所が決まったら、寝床の縦横のサイズを確認します。

寝床として使えるスペースは、車種によって異なります。

筆者の愛車である日産エクストレイルは、SUVで車体は大きめ。ただ、寝床として使える荷台の奥行は、最大で175cmです。そのため、身長が176cmの筆者は、荷台に斜めに寝ることになります。

一方、軽自動車で車中泊をする場合、助手席を倒して寝床を確保する場合が多いです。室内長を最大限使用できるので、背が高い人でも楽に寝られることもあるなど、車種によって寝床のサイズはさまざま。

ご自身の車種や体格に合わせて寝床の場所を決め、マットのサイズを選びましょう。

▼こちらの記事ではエクストレイルでの車中泊を詳しくご紹介!

車中泊用マットの選び方【2】厚さ

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

車中泊用マットの選び方で大切なポイントの2つ目は、厚さです。

前述しましたが、軽自動車の場合、助手席を倒して寝床を確保する場合が多いです。助手席を倒した車内は、完全にフラットな床になるわけではなく、シートの凹凸の上に車中泊用マットを敷くことになります。

シートの凸凹がある状態で薄いマットを使用すると、ダイレクトに凹凸を体に受けるため、快適な睡眠とは程遠い状態に。

そのため、助手席を倒すなど寝床がフラットではない場合は、厚さ10cmほどのマットが望ましいです。

ただし、厚いマットになるとサイズが大きく、値段が高くなる傾向にあります。また、筆者のように、完全にフラットな寝床を確保できる場合は、厚さが5cmほどのマットでも快適に眠れます。

厚いマットは、収納サイズが大きめになりがちですが、車移動が前提の車中泊では、収納サイズが大きくてもさほど問題にはなりません。

厚さは5cm以上の寝心地の良いもので、寝床となる床の状態に合わせて選ぶようにしてくださいね。

車中泊用マットの選び方【3】フォームの有無

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

車中泊用マットの選び方で大切なポイントの3つ目は、フォームの有無。前述の厚さに加え、フォームが内蔵されているかどうかも、寝心地に直結します。

フォームとは、マットの内部に内蔵されている断熱材のこと。フォームの素材には、ウレタンなどが使用されていることが多いです。

同じ厚さでも、空気のみで膨らむエアマットと、フォームが入ったマットでは、寝心地は変わってきます。フォームがあることで、マットの安定性が高まり、より快適な寝心地を得られます。

寝心地を重視して車中泊用マットを選ぶときには、フォーム入りのマットを選ぶのがおすすめです。

車中泊用マットの選び方【4】断熱性(R値)

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

車中泊用マットの選び方で大切なポイントの4つ目は、断熱性(R値)です。

R値とは、マットの断熱性を示す数値のこと。R値が高いほど断熱性が高く、寒い環境下でも使用できるということになります。

R値の基準は、以下の通りです。

  • 2.0未満:心地よい夏の条件下での使用に適している
  • 2.0以上:真夏と真冬の間に使用(3シーズンモデル)
  • 4.0以上:雪の上や寒い環境下
  • 6.0以上:北極などの極寒の地

真冬にも車中泊をする人の場合、R値もマットを選ぶときの重要な基準になります。筆者の場合、真冬のゲレンデ近くの道の駅で車中泊をすることもあるため、R値が6.0のマットを選びました。

ご自身が車中泊をしたい時期や場所を踏まえて、選んでみてくださいね。

ただし、R値はあくまでも基準です。寒さの感じ方は人それぞれ。寒さが苦手な人は、R値が高めのマットを選んで、防寒対策をしっかりとしておきましょう。

車中泊用マットの選び方【5】空気の入れ方

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

車中泊用マットの選び方で大切なポイントの5つ目は、空気の入れ方です。

マットの空気の入れ方は、大きく分けて2種類。1つは空気を最初から最後まで注入する必要があるエアマット、もう1つはセルフインフレータブル(自動膨張式)マットです。

狭い車内で、最初から最後まで空気を入れるエアマットを準備するのは、少し大変です。

その点、セルフインフレータブルマットであれば、バルブを開けるだけで、自動で膨らんでくれます。自動で膨らんだあとは、好みの固さになるまで多少の空気を入れて、調整するだけ。

準備の簡単さを考えると、セルフインフレータブルマットは優秀です。

フォーム入りのマットであれば、セルフインフレータブルマットであることが多いです。また、10cm程度の厚さがあるフォーム入りのマットであれば、ポンプサック(空気を入れるためのバッグ)が標準装備となっていることも。

手軽な準備で快適な寝心地を確保するために、車中泊用のマットには、セルフインフレータブルマットを選ぶことをおすすめします。

This article is a sponsored article by
''.