昨今のキャンプブームで石油ストーブが再注目されています。手入れが面倒だったり、触ると火傷をしたりと手間がかかるので段々使われなくなってしまった石油ストーブですが、電気がいらないという点から冬キャンプの防寒対策に多くの人が使用するようになりました。また、1台持っておくと万が一災害時に電気が止まった時に安心です。今回はそんな石油ストーブの中でも特に人気なアラジン「ブルーフレームヒーター」を愛用する筆者が、くわしくご紹介します。

【おすすめしない人】アラジン「ブルーフレームヒーター」はメンテナンスが必須! 小さい子供がいる家庭は火傷に注意!

この製品をおすすめしない人を2点に分けて紹介します。

アラジンの「ブルーフレームヒーター」はとても魅力的な商品ですが、上手く活用できずに押し入れの肥やしにしてしまう人も多いので注意が必要です。

おすすめしない人1:メンテナンスが苦手な人は注意!

この製品の欠点のひとつとして、メンテナンスの必要性があります。

メーカー推奨で週1回内部清掃が必要となります。また、数年使って中の芯が減った場合はその交換など、必要に応じてこまめなメンテナンスが必要です。

エアコンやファンヒーターの様なフィルターの掃除のみのメンテナンスと比べると手間がかかるので、こちらが苦手な人は注意が必要です。

おすすめしない人2:小さな子供がいる家庭は注意!

石油ストーブなので当然ですが、本体が高温になるので火傷には注意が必要です。小さな子供がいる家庭では触らせないように注意してください。

また、石油を燃焼させるので一酸化炭素中毒防止のために定期的に換気をしなければなりません。

特に注意しないといけないのは、冬キャンプのテントで使用する場合です。外だから大丈夫だと思い、換気せずに使うのは危険なのでやめましょう。

小さな子供がいる家庭におすすめな防寒対策アイテム

冬キャンプでテント内でも安全に使えて、なおかつ小さなお子さんがいても安心して使える防寒対策アイテムとしておすすめなのがホットカーペットです。電源サイトを利用するなど電源の確保が必要なアイテムにはなりますが、やけどや一酸化炭素中毒の心配もないのでテント内で安全に暖をとることができるアイテムです。

画像6: アラジンの石油ストーブ「ブルーフレームヒーター」を紹介! 冬キャンプにピッタリ
[山善] 空気をきれいにする ホットカーペット 3畳タイプ (カバー一体型) (省電力モード搭載) (室温センサー) (6時間オートON/OFFタイマー) (ダニ退治機能) (左右暖房面切替) (裏面すべり止め加工) (176cm×176cm) ブラウン SUEG-SF30
本体サイズ:幅195×奥行235×高さ0.1cm
空気をきれいにする ホットカーペット カバー一体型 3畳タイプ
消費電力量(1時間あたり):目盛3=約300Wh、目盛5=約420Wh
電気代目安(1時間あたり):目盛3=約8.1円、目盛5=約11.3円※電気料金目安単価 27円/kWhを基に算出
表面温度:目盛3=約36度、目盛5=約45度
電源コード: 1.5m
本体重量(kg):9.9
¥26,800
2021-08-11 0:46

ホットカーペットはこちらの記事で詳しくご紹介中

アラジン「ブルーフレームヒーター」を使う人の口コミをチェック! 暖かさやビジュアルに癒される人多数

「ブルーフレームヒーター」を使う人の口コミや評判も、チェックしてみましょう。

「ブルーフレームヒーター」の暖かさや、そのビジュアルに癒されている人が多いようです。

アラジン「ブルーフレームヒーター」は暖かくカッコ良い! メンテナンスをして冬キャンプで活用しよう

画像: 筆者撮影:青い火

筆者撮影:青い火

手間はかかるがその分可愛い愛娘の様であり、ロマンとカッコ良さが輝く彼氏の様でもある。

見る角度で魅力がかわる最高の製品です。

日々の生活やキャンプでこの製品を使えば、生活の質が上がること間違いなしです。

是非、アラジンの「ブルーフレームヒーター」を使ってこの冬を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アラジン「ブルーフレームヒーター」の他にも冬キャンプで使えるストーブを紹介中! こちらもチェック!

This article is a sponsored article by
''.