キャンプでの一番の楽しみは「手作りする食事の時間」という方も多いはず。食事をするテーブルをキッチンスペースとして代用…そして調理のしにくさを感じる方も中にはいらっしゃるのでは?…そこで活躍するのが快適な調理環境にしてくれる「キッチンテーブル」です。今回は筆者おすすめ「ニュートラルアウトドア・バンブーキッチンカウンター」を詳しくレビューします。さらにコールマンやスノーピークといった有名ブランドのキッチンテーブルも併せて紹介しますので、是非最後まで一読してみてください。

【キッチンテーブルの役割】立ったまま調理できる高さ&子ども連れでも安心できる便利なアイテム

画像: 【キッチンテーブルの役割】立ったまま調理できる高さ&子ども連れでも安心できる便利なアイテム

キャンプでの醍醐味である調理は自宅と違ってなかなかスペースのやりくりに苦労しがちですよね。さらに、キャンプで使うテーブルは低めが多く、立った状態での調理は難しい場合が多いですね。

そこで注目したいのが、高さのあるテーブルとして「キッチンテーブル」を用意することです。

キッチンテーブルは自宅と同じように立ったまま調理出来ますし、食事用のテーブルと完全に区別することで作業スペースを十分に確保できます。さらに、小さなお子さんがいるファミリーでは包丁やナイフを使う際にリスクを減らすことにも繋がりますね。

また、調理台とは別に調味料や食材、食器などを入れて置ける棚があったり、荷物をかけられるフックや卓上のランタンスタンド付きタイプなど、機能性に優れたキッチンテーブルもありますよ。

調理台としての機能だけでも大活躍のキッチンテーブルですが、プラスαの機能も付いているものもあり、キャンプライフを快適にしてくれること間違いなしのアイテムと言えますね。

【キッチンテーブルの選び方】デザイン・大きさ・コンパクト性・機能性の4つの観点で選ぶのがおすすめ

画像: 【キッチンテーブルの選び方】デザイン・大きさ・コンパクト性・機能性の4つの観点で選ぶのがおすすめ

キッチンテーブルの重要性がわかったところですが、いざ買いたくなってもどれを選べばいいか迷いますよね。ここでは4つの選ぶ方のポイントを解説していきます。

1.見た目のデザインで選ぶ

やはり趣味の塊であるキャンプ、見た目にはこだわりたい方も多いはず。

キッチンテーブルにはシンプルなポールと台だけのデザインやおしゃれなカラーリングなど様々なデザインがあり、テントやテーブル、イスの雰囲気や色合いに合わせて選ぶのも立派な選び方と言えるでしょう。

2.大きさで選ぶ

実際にキッチンとして快適に使うことに重きを置く場合は大きさに注目しましょう。

調理しやすい高さか、天板のスペースは十分かなど使う状況をイメージして大きさを選ぶのがポイントです。ご自宅のキッチンの高さや広さと比較してみてもいいですね。

3.持ち運びのしやすさ(コンパクト性)で選ぶ

車に積んで持ち運ぶことが多いキャンプグッズなので、収納時のコンパクト性は重要ですよね。

普段のキャンプグッズで既に車がほぼいっぱいだ、という方は折りたたんだ時の大きさは要注意です。特にテーブルは収納時も大きめのタイプが多いため、購入時には必ず収納したらどうなるか、という点にも注目しましょう。

4.機能性で選ぶ

キッチンテーブルは作業台としての役割はもちろんですが、その他の追加機能が備わっていることが多いです。是非ご自身の調理スタイルをイメージして必要な機能を満たしてくれるタイプを選びましょう。

画像: 4.機能性で選ぶ
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.