ソロキャンプをしようと思ったとき、まず購入を検討するのがテント。いざ選ぼうとしても、色や形、大きさ、値段もさまざまで、どれを選べばいいのか迷うことも…。今回は筆者が即購入を決めた、なんと8000円以下で手に入る(!)キャンプ初心者にもおすすめのドームテントをレビューいたします!

【激安テントレビュー】「パイクスピーク ドームテント」をソロキャンプで使ってみて良かった点

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

初秋のキャンプで初張りした「パイクスピーク ドームテント 2020年最新版」は、予想以上に快適なテントでした。

1)女子一人でも設営・撤収が楽

画像: 筆者撮影 パイクスピークドームテントの内容物

筆者撮影
パイクスピークドームテントの内容物

キャンプでよく聞くのが、テントの設営や撤収に悪戦苦闘して疲れてしまうという声。

筆者も体力が無く、今まではワンタッチ式テントを愛用していました。

ただしパイクスピークのドームテントは、テントを取りだしたら、2本のポールを組立てて四隅の穴に入れ、インナーテントを吊り下げるだけの簡単設営。

画像: 筆者撮影(全体的にコンパクトで立てやすい)

筆者撮影(全体的にコンパクトで立てやすい)

高さが110cmと低く、低身長の筆者でも作業しやすいと感じました。

撤収時も、まるでシーツをたたむような感覚で一人で楽に片付けることができ、ワンタッチ式テントを片付けるときより時間はかかりませんでした。

2)メッシュ窓が二枚あって使いやすい

画像: 筆者撮影(テント内側のメッシュ窓を開けても、もう1枚メッシュ窓がある)

筆者撮影(テント内側のメッシュ窓を開けても、もう1枚メッシュ窓がある)

激安テントやシンプルな構造のテントのメッシュ窓はファスナーを開けるとすぐ外であることが多いですが、このテント窓は二重構造で、内側からファスナーを開けても、もう1枚メッシュ窓があるんです!

窓を調節するファスナーが二つあり、一方のファスナーは出入り用のファスナーです。

風を取り込みたいときは一重で、防虫効果を高めたいときは二重にして使います。

3)フライシートで靴を置ける前室を確保

画像: 筆者撮影(左右に前室を作れる)

筆者撮影(左右に前室を作れる)

フライシートを張ると、両サイドに小さな前室ができ、靴や小物を置くことができます。

雨や夜露で靴や薪が濡れる心配が減りますね。

4)吊り下げ式インナーテント

画像: 筆者撮影(フックで吊り下げて設営)

筆者撮影(フックで吊り下げて設営)

今までドームテントは、スリーブ(テントに縫いつけられた穴)にポールを通すタイプのテントしか使ったことがなく、設営が面倒で、ポールを使用するテントは避けてきた筆者。

今回初めて吊り下げ式テントを立てて、ポールにフックをはめるだけの手軽さに驚きました。

ポールは四隅の穴に立てれば自立するので、あとはインナーテントに付いているフックをポールにパチンとはめるだけ。

ちなみに、今回ご紹介しているパイクスピークのテントは、形状などはフィールドア(FIELDOOR) の「フィールドキャンプドーム100」に似ています。ただし、フィールドアの方は面ファスナーでポールに固定するタイプ。

画像6: パイクスピーク(pykes peak)のドームテントレビュー 8千円以下のソロキャンプ用激安テント
FIELDOOR フライシート付キャンプテント フィールドキャンプドーム100 【ダークブラウン】 ペグ+ロープ+キャリーバッグ付 1人用 ソロ 吊り下げタイプ UVカット 耐水 シルバーコーティング キャノピー 簡単
【コンパクトな1人用ドームテント登場!】 ソロキャンプやツーリングキャンプにオススメな1人用ドームテントです。 インナーテントは吊り下げタイプなので、組み立てはとってもカンタンです。 また、別売りのポールを使用してキャノピーとしても使用することもできます。収納時はコンパクトになるので、移動する時に便利。
【バイクの積載やザックにも入る!持ち運びしやすいコンパクトサイズ】 テント収納時のサイズは(約)φ18cm×44cmというコンパクトサイズ。 バイクの積載やソロキャンプ時のザックの中に収納することもできます。 荷物の大きさを抑えたいソロキャンプに最適なアイテムです。
【優れた耐水圧とUV...
¥7,400
2020-11-08 15:42

筆者はフックをはめるだけの方が手軽だと感じましたが、形状も値段も似ているので、あわせて比較検討してみるのがおすすめです。

5)色が可愛い!

ナチュラルカラーを意識して作られたテントで、どの色も魅力的かつ、自然に溶け込む色合いです。

同色のタープも販売されているのでお揃いで揃えるのも◎。

▼タープはこちら

画像7: パイクスピーク(pykes peak)のドームテントレビュー 8千円以下のソロキャンプ用激安テント
「公式」PYKES PEAK(パイクスピーク) タープ テント「2020年最新版 / 5色」2~4人用【UVカット率99%以上 / 耐水圧PU2000mm】スクエアタープ キャンプ用品 キャノピー シルバーコーティング【ペグ・ロープ・キャリーバッグ付き】PP-OUTDOOR SERIES 2.0【TP-OFFWHITE】
⭐❗期間限定セール価格となっております❗⭐✅【UVカット率99%以上 / 耐水圧PU2000mm】UPF50+の生地を採用し裏面にシルバーコーティングが施されてるのでUVカット率99%以上で、紫外線遮断率がより強化されてます。傘の約4倍雨に耐える耐水圧PU2000mmなので雨を防ぎ、湿気を適度に逃し、透湿性にも優れています。
✅【2人~4人用ゆったり開放的なサイズ】240cm×240cmは2人のカップルから4人家族や友人とのキャンプでも広々と使えるゆったりとした開放的なサイズです。レイアウトや場所をうまく利用して快適な空間を作ってみてください。
✅【耐久性抜群】普通うのポリエステルの7倍...
¥4,580
2020-11-08 15:45

激安テントだけど高スペック! 「パイクスピーク ドームテント」はソロキャンプ初心者にオススメ

画像: 筆者撮影(フルクローズ姿)

筆者撮影(フルクローズ姿)

過去に、ファミリー向けドームテントやワンタッチテント、ワンポールテントを使用してきましたが、「パイクスピーク ドームテント 2020年最新版」は筆者にとって、デメリットを見つけるのが難しいほど良いテントでした。

強いて言えば、キャノピー用のポールが付属しないことですが、これは他のテントにもよくあること。別途購入するのがおすすめです。

収納も場所を取らず、何度も使いたくなるテントで、お気に入りのキャンプ道具となりました。

テント選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

画像8: パイクスピーク(pykes peak)のドームテントレビュー 8千円以下のソロキャンプ用激安テント
「公式」PYKES PEAK(パイクスピーク) テント 1人用「2020年最新版 / 5色」フライシート付き【UVカット率99%以上 / 耐水圧PU2000mm】ソロ キャンプテント ドームテント キャノピー シルバーコーティング【ペグ・ロープ・キャリーバッグ付き】PP-OUTDOOR SERIES 1.0【WTO-OFFWHT.】
⭐❗期間限定セール価格となっております❗⭐✅【充実の機能性】不自由を楽しむのがキャンプといいますが、テント内だけは快適に過ごしたいものですよね。。その為に取りそろえた機能をご紹介します。スマホなど小物をしまえるインナーポケット。出入りが楽になるドアタッセル。ランタンを吊るしてテント全体を明るくするランタンフック。蚊や羽虫を中に入れない窓メッシュ。外の光をシャットアウトするフルクローズ。紫外線をシャットアウトしてお肌を守るシルバーコート。外気と結露から守るダブルレイヤー。湿気をため込まない換気ができるベンチレーション。
✅【UVカット率99%以上 / 耐水圧PU2000mm】UPF50+の...
¥7,480
2020-11-08 15:29

「パイクスピーク ドームテント」以外にもおすすめの1人用テントはあります♪ ぜひコチラもチェック!

This article is a sponsored article by
''.