via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
キャンプの夜を明るく照らすマストアイテム「ランタン」。中でもコールマンのガソリンランタンはブランドロゴにもなっているように、コールマンを代表する歴史と人気のある定番商品です。今回は中でも代表的なガソリンランタン、「ワンマントルランタン286A」を筆者が実際に手に取り、その魅力と使い方を徹底解説していきます。

「ワンマントルランタン286A」はコールマンを代表する人気モデル! その他2つの現行機種をチェック

ランタンには現在LEDやガス式など様々なタイプがありますが、中でもコールマンのガソリンランタンは1914年の発売以来ずっとキャンパーに愛され続けている定番アイテムです。

そんな歴史あるガソリンランタンの燃焼システムを引き継ぐ、現行モデルの中で人気なのが、「ワンマントルランタン286A」です。

ガソリンランタンの燃焼の仕組みは、マントルという灯りとなる発光体(特殊な素材でできたもの)が、圧縮されてガス状になったガソリンにより発光するというもの。

※ワンマントルランタンは発光体であるマントルが「ひとつ」という意味です。

コールマン(Coleman)ワンマントルランタン 286A740J

画像1: 【コールマン ワンマントルランタン286A レビュー】クラシカルな魅力と使い方を徹底解説!
コールマン(Coleman) ランタン ワンマントルランタン 286A740J
明るさ:約200 CP/ 130 W 相当
燃料タンク容量:約590cc 、使用燃料:ホワイトガソリン
燃焼時間:約7.5~15時間
本体サイズ:約16x31(h)cm
重量:約1・4kg
¥11,793
2021-01-19 10:27

その他、コールマン・ガソリンランタンの現行機種には…マントルが2つの「ツーマントルランタン」やチューブ型のマントルを使用した「ノーススターランタン」もありますので、少しだけご紹介します

コールマン(Coleman)パワーハウス ツーマントルランタン 290A740J

画像2: 【コールマン ワンマントルランタン286A レビュー】クラシカルな魅力と使い方を徹底解説!
コールマン(Coleman) ランタン パワーハウスツーマントルランタン 290A740J
<b>メーカー型番:</b> 290A740J
<b>明るさ:</b> 約300CP/190W相当
<b>燃料タンク容量:</b> 約940cc
<b>燃焼時間:</b> 約7~14時間
<b>サイズ:</b> 約直径18×35(h)cm
<b>材質:</b> ABS樹脂他
<b>本体重量:</b> 約1.8kg
<b>使用ジェネレーター:</b> 290-5891
<b>使用グローブ:</b> 690A048J
<b>付属品:</b> プラスチックケース
¥25,800
2021-01-19 10:39

286Aが約200キャンドルパワー(=約130W)に対し、「ツーマントルランタン」は約300キャンドルパワー(=約190W)というように、ランタン本来の役目「明るく灯す」という求めに応えたのがこちらの290Aです。

さらに明るく、操作性も含めて追及した結果が次にご紹介する「ノーススター」ということになります。

コールマン(Coleman)ノーススターランタン 2000-750J

画像3: 【コールマン ワンマントルランタン286A レビュー】クラシカルな魅力と使い方を徹底解説!
コールマン(Coleman) ランタン ノーススター2000ランタン 2000-750J
<b>メーカー型番:</b> 2000-750J
<b>明るさ:</b> 約360CP/230W相当
<b>燃料タンク容量:</b> 約940cc
<b>燃焼時間:</b> 約7~14時間
<b>サイズ:</b> 約直径17.3×34.3(h)cm
<b>材質:</b> ABS樹脂他
<b>本体重量:</b> 約1.8kg
<b>使用ジェネレーター:</b> 2000-589R
<b>使用グローブ:</b> R000-043J
¥19,000
2021-01-19 10:38

約360キャンドルパワー(=約230W)を誇り、機能面ではマントル取り付けがクリップ式になったり、ワンプッシュ点火を備えた実用性に特化したランタンがノーススターランタンです。

このように、コールマン・ガソリンランタンの現行機種は「286A」を定番としながらも「290A」「ノーススター」と、3つのモデルがあることを覚えておきましょう。

「ワンマントルランタン286A」を実際に購入!保管&携帯性に優れたグリーンのハードケースも付属!

購入すると専用のハードケースがセットとなっています。壊れやすい部品もあるため、本体にフィットした丈夫なハードケース付きはありがたいですね。カラーは本体と同じグリーンで、コールマンのロゴ(ランタンマーク)入りです。

☆ちなみにコールマン・ワンマントルランタン286AのケースをDIYする記事もありますので、こちらも併せてお読みください!

収納&持ち運びに便利なハードケース付き

(筆者撮影)

「Coleman」の横に「ランタンマーク」のロゴ

(筆者撮影)

以下の写真がケースから出した286Aの本体です。まさにコールマンのロゴそのままの形ですね。歴史あるモデルのDNAを引き継いだ商品であることが覗えます。

また、ランタンスタンドなどに吊るすのに便利なベイル(ハンドル)も付いています。

画像: コールマンを代表するガソリンランタン「ワンマントルランタン 286A」 (筆者撮影)

コールマンを代表するガソリンランタン「ワンマントルランタン 286A」

(筆者撮影)

ガソリンの燃焼にも耐える耐熱ガラスのグローブにもしっかりとコールマンのロゴ。さらに、燃料タンクにもロゴと286Aという品番が確認出来ます。

画像: ガラスグローブにもコールマンのロゴ (筆者撮影)

ガラスグローブにもコールマンのロゴ

(筆者撮影)

タンクには、写真向かって右手のつまみが「ポンプノブ」と呼ばれるタンク内に空気を送る装置、向かって左手のつまみがガソリンを注入する「燃料キャップ」が付いています。

画像: 燃料タンク(右手のつまみでポンピング/左手のつまみを開けてガソリン注入) (筆者撮影)

燃料タンク(右手のつまみでポンピング/左手のつまみを開けてガソリン注入)

(筆者撮影)
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.