長い登山の末、山頂の絶景を眺めながらいただく山ご飯って格別ですよね!そんなときに活躍する調理アイテムが「シングルバーナー」です。お湯を沸かせたり簡単な調理には欠かせません。今回はそんなシングルバーナーの中でも筆者が愛用しているSOTO(ソト)の「ウインドマスター」をご紹介します。

ゴトクの着脱もワンタッチで簡単! ウインドマスターの使い方をご紹介

それでは、ウインドマスターの使い方をご紹介します。

1. ゴトクを本体にセットする

画像5: 筆者提供

筆者提供

標準で付属しているゴトクを本体のバーナー部分に取り付けます。

折りたたんであるゴトクを開き、バーナーの縁に引っ掛けるようにして取り付けましょう。

▼ちなみにオプション(別売り)ですが、より安定感のある「4本ゴトク」もあるので、調理重視の方にはおすすめです!

画像3: 【筆者愛用】SOTOのウインドマスターは風に強いシングルバーナー!超軽量で山ご飯作りにマスト
ソト(SOTO) ウインドマスター用4本ゴトク フォーフレックス SOD-460
原産国:日本
材質:ステンレス
本体サイズ:幅4.7×奥行7.7×高さ4.4cm(収納時)
重量:0.27kg
¥1,430
2020-09-25 16:34

2. OD缶にウインドマスターをセットする

画像: 2. OD缶にウインドマスターをセットする

続いて、ガス缶にウインドマスターを取り付けていきましょう。

一体型と呼ばれ、火力の強いアウトドア用のOD缶に直接取り付けるスタイル。

OD缶のキャップを外して接合部分を合わせ、回しつけながらしっかり締まれば準備完了です。

3. 点火する

画像1: 3. 点火する

セッティングが完了したら、次は点火です。

器具栓つまみを1.5回転ほど時計回りで回していくと、ガスが出始めます。

画像2: 3. 点火する

シューという音を確認したら点火スイッチを押して点火し、器具栓つまみを回して火力を調整しましょう。

点かない場合は、数回繰り返しスイッチを押してみてください。

実際に調理する前に今一度チェック! シングルバーナーを使用するときの注意点をおさらいしておこう

ウインドマスターだけでなく、シングルバーナーを使用する際に注意点は以下の2つです。

【注意点1】重量のある調理器具を載せない

画像6: 筆者提供

筆者提供

シングルバーナーは、スピーディーにセッティングでき比較的簡単な調理やお湯を沸かす時に重宝します。

しかし、ダッチオーブンなど重量のある調理器具に使用すると安定感を失い、思わぬ事故やケガに至る恐れも。

使用時は、安定した場所を確保し重量物は載せないようにしましょう。

【注意点2】ヒートエクスチェンジャー付きクッカーでは絶対使用しない

「ヒートエクスチェンジャー」と呼ばれる熱交換器が付属された特殊な構造のクッカーでは、このウインドマスターは使用できません。

ヒートエクスチェンジャー付きクッカーは、効率よく加熱できる反面、使用するコンロによっては一酸化炭素を大量に発生させる恐れがあるので注意しましょう。

SOTO「ウインドマスター」は、山ご飯調理の強い味方! 超軽量&強火力で快適に山ご飯を作ろう

画像7: 筆者提供

筆者提供

山ご飯にチャレンジするときにまず揃えたいのがシングルバーナーです。その中でも今回ご紹介したSOTO(ソト)のウインドマスターは、風や寒さに強く安定した火力で素早い調理を実現できます。

しかも重さはわずか67gと超軽量でコンパクトに収納しておけるので、バックパックのスペースを取らず、使いたいときにサッと取り出せて快適!

この秋、登山で山ご飯に挑戦するならまずはこのウインドマスターを使ってみることをおすすめします。

▼その他のおすすめバーナーも合わせてチェック!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.