最近は2ポールテントやシェルターの人気が高まってますよね。そんな中でVISIONPEAKS(ビジョンピークス)からハイスペックでありながら低価格の「TCバタフライシェルター」が発売されました。今回はその魅力とお薦め関連アイテムを徹底的に紹介しちゃいます♪

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)のTCバタフライシェルター

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

シェルターはアレンジの多様性から暑さ寒さ、風雨から身を守り、開放的でありながらもプライベートスペースを確保してくれます。設営が簡単なことから季節を問わずソロからファミリーまで利用できるアイテムとして注目されています。

今回ご紹介するTCバタフライシェルターは、今年大手スポーツ用品メーカーのヒマラヤさんから、プライベートブランドとして発売された、コスパに優れたイチ押しシェルターです。

画像1: 【徹底レビュー】VISIONPEAKS(ビジョンピークス)のTCバタフライシェルター!お薦め関連アイテムとともにご紹介♪
ビジョンピークス シェルタータープ ポール付き TCバタフライシェルター VP160202J01 TAN/GY
たった2本のポールで広大な空間をつくり出す大型シェルター フロントポールを標準装備し多彩なアレンジが可能 ■カラー:TAN/GY ■インナーサイズ:約680×440×220(H)cm ■素材: フライ / ポリエステル+綿混紡 メインポール / スチール製 約(φ)32mm/220cm×2本 フロントポール / スチール製 約(φ)22mm/200cm×2本 ■重量:約16.5kg ■耐水圧:400mm ( コーティング無し ) ■付属品:ペグ、ロープ、収納ケース ※ハンマーは付属しておりません。別途お買い求めください。
442
¥53,900
2020-09-05 0:35

それでは早速、TCバタフライシェルターを詳しくご紹介してまいります!

【基本スペック】TCバタフライシェルターの基本仕様をチェック

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

TCバタフライシェルターの基本スペックは下記の通りとなります。

・品 名:TCバタフライシェルター
・サイズ:約680cm(W)×440cm(D)×220㎝(H)
・素 材:フライ:TC(ポリエステル+綿混紡)
     メインポール:スチール製(約Φ32㎜/220㎝×2本)
     フロントポール:スチール製(約Φ22㎜/200㎝×2本)
・重 量:16.5㎏
・付属品:ペグ18本、
     ガイロープ 8m×2  4m× 6  2.5m×6 
     収納ケース
・メーカー希望小売価格 53,900円

画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

基本スペックのサイズは、写真のようにフルクローズすることにより強い雨風や冬キャンプでの寒気を遮り快適な空間を産み出す2本のポールでシェルター張りをする基本スタイルでのサイズです。出入口は両サイド二ヶ所となります。

画像4: (筆者撮影)

(筆者撮影)

画像5: (筆者撮影)

(筆者撮影)

メインポール間は4mありストームガードによって壁を起こすことでデッドスペースも少なく、2~3人用のインナーテントを使用しても十分なリビングスペースを確保できます。

設営時に生地の厚みを見て、中に入ると圧迫感を感じるかと思いきや、ストームガードでデッドスペースを抑え込んだシェルターの中は通常のキャンプサイトで使用するギアを全て納めてしまうほど広く、厚みのある生地はむしろ安心感を与えてくれますね。

【おすすめポイント①】大型シェルターなのにうれしい簡単設営♪ 基本スタイルなら10分~15分で完了

TCバタフライシェルターの設営をご紹介します。タープの設営と似ています。なれてしまえば簡単ですよ♪

画像6: (筆者撮影)

(筆者撮影)

まず最初は内容の確認です。

画像7: (筆者撮影)

(筆者撮影)

確認が済んだら設営場所にシェルターを広げます。

画像8: (筆者撮影)

(筆者撮影)

次に両サイドにポールを準備して、サイドの頂点にガイロープを取り付け、タープを張るときのように先にペグダウンしておきます。ポールを立てるためにガイロープは余裕を持たせておきましょう。

画像9: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ファスナーを開け中に入りポールをサイド頂点のグロメットに差し込み立ち上げます。最初に準備したガイロープを調整してポールを自立させましょう。

画像10: (筆者撮影)

(筆者撮影)

反対側も同じように立てます。

画像11: (筆者撮影)

(筆者撮影)

立ち上がれば両サイドの出入り口のところをペグダウンします。

画像12: (筆者撮影)

(筆者撮影)

画像13: (筆者撮影)

(筆者撮影)

次に四隅と長辺真ん中の計6ヶ所をペグダウンします。

画像14: (筆者撮影)

(筆者撮影)

長辺各3ヶ所のストームガードをペグダウンすれば出来上がりです。

画像15: (筆者撮影)

(筆者撮影)

★TCバタフライシェルター設営イメージ

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.