キャンプでの食事に便利なのが、アウトドア用の折りたたみ式テーブル。家庭で使うテーブルとは違い、軽量かつコンパクトな設計で、持ち運びやすいのが魅力です。そこで、モンベル、コールマン、スノーピークなどの編集部おすすめキャンプテーブルを12点を愛用者のレビューと共にまとめてご紹介します。

【おすすめキャンプテーブル10】ネイチャートーンズ「サイドアップボックス&テーブル」収納とテーブルの2つの機能!

画像11: ライター撮影

ライター撮影

画像12: ライター撮影

ライター撮影

ネイチャートーンズ「サイドアップボックス&テーブル」は名前の通り、収納ボックスとテーブルの2刀流の優れもの。

両サイドのテーブルは必要に応じて開きます。

用途に応じて折りたたんで使用したり、広げて大人数で使用したりと使い勝手が◎!

画像20: 【厳選12選】キャンプテーブルのおすすめ! モンベル・コールマン・スノーピークなど徹底レビュー
NATURE TONES ネイチャートーンズ サイドアップ・BOXテーブル Lサイズ テーブル キャンプ アウトドア OutdoorStyle サンデーマウンテン - 通販 - PayPayモール
OutdoorStyle サンデーマウンテン | NATURE TONES ネイチャートーンズ サイドアップ・BOXテーブル Lサイズ テーブル キャンプ アウトドア
画像21: 【厳選12選】キャンプテーブルのおすすめ! モンベル・コールマン・スノーピークなど徹底レビュー

大容量の収納とコンパクトにも広げても使える機能性抜群テーブル

▼レビュー記事はこちらで!

【おすすめキャンプテーブル11】デカトロン「QUECHUA (ケシュア) キャンプ アルミ折りたたみテーブル」

画像13: ライター撮影

ライター撮影

画像22: 【厳選12選】キャンプテーブルのおすすめ! モンベル・コールマン・スノーピークなど徹底レビュー
QUECHUA (ケシュア) キャンプ アルミ折りたたみテーブル(高さ調節可能)
脚部分で高さが調節できる、丈夫なアルミの折りたたみテーブル。

デカトロンの「QUECHUA (ケシュア) キャンプ アルミ折りたたみテーブル」は、脚の高さを45~70cmの範囲で、無段階で調節できるのが特徴です。

4本の脚は個別に高さ調整ができるため、傾斜のある場所や凹凸のある地面でも、テーブルの水平を取りやすいのがうれしいポイント。

軽量かつコンパクトなボディーでありながら、強度が高く、安定感もあります。

ドリンクなどをこぼしても、サッとふきとるだけできれいになるのも魅力。

画像23: 【厳選12選】キャンプテーブルのおすすめ! モンベル・コールマン・スノーピークなど徹底レビュー

油はねも気にならないので、卓上での調理もおすすめ。

【スペック】

  • 重量:(約)4.2kg
  • サイズ:(約)90×59×高さ45~70cm
  • 収納サイズ:(約)92×21×13cm
  • 材質:100%アルミニウム

▼レビュー記事はこちら!

【おすすめキャンプテーブル12】DOD(ディーオーディー)「キャナリーテーブルM」

画像14: ライター撮影

ライター撮影

画像24: 【厳選12選】キャンプテーブルのおすすめ! モンベル・コールマン・スノーピークなど徹底レビュー
キャナリーテーブルM TB5-806-WD - DOD(ディーオーディー):キャンプ用品ブランド
ジミニーテーブルが3段階の高さで使えるように進化。 「地味に良い」を超えたキャナリーテーブル。

DOD(ディーオーディー)の「キャナリーテーブル」は、3段階に高さ調節ができるのが魅力。

ハイ、ローに加えて、お座敷スタイルにも対応しているのが特徴です。

天板には、天然のブナ木が使われており、ナチュラルな風合いが楽しめる上、高級感があるのもうれしいポイント。

隅にさりげなくあしらわれたブランドロゴもおしゃれです。

使用しないときはコンパクトに収納できるので、携帯や保管に便利。

画像25: 【厳選12選】キャンプテーブルのおすすめ! モンベル・コールマン・スノーピークなど徹底レビュー

持ち運びに便利な、専用のキャリーバッグが付属します。

【スペック】

  • 重量:(約)6.3kg
  • サイズ:(約)94.5×60×高さ21/42/56cm
  • 収納サイズ:(約)73.5×10×高さ32cm
  • 材質:天板…天然木(ブナ)、脚部…アルミ合金

▼くわしくはこちらの記事で!

好みのスタイルに合ったキャンプテーブルを活用して、アウトドアを楽しく快適に!

画像: 編集部作成

編集部作成

キャンプテーブルはアウトドアでの快適な食事に欠かせない、重要なアイテム。

作業台や荷物置きなどにも使えるので、複数あると、さらに便利です。

持ち運ぶことを考えると、軽量でコンパクトにまとまる、収納性や携帯性に優れたモデルがおすすめ。

ハイやローなど、好みのスタイルに合うものを選びましょう!

(ライター:hayase)

This article is a sponsored article by
''.