みなさんこんにちは、のざるです。『おぎやはぎのハピキャンシーズン14』(メ~テレ制作)では、『本気で無人島生活を目指すアイドル』通称「サバイドル」として活躍中のかほなんさんがプレゼンキャンパーとして登場! おぎやはぎのお2人とアイクぬわらさんに、荷物の量もお値段もミニマムな“ミニマムキャンプ”を伝授します。今回は、番組で使用されたおすすめのギアをピックアップしてご紹介していきます!

Belmont(ベルモント) 焚き火台  TABI

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

キャンプでの楽しみのひとつといえば焚火。様々なアウトドアブランドから焚火台が登場していますが、今回登場するのはベルモント(Belmont)が販売する『焚き火台 TABI』

ベルモントといえば、新潟県三条市にあるアウトドア用品の製造販売メーカーとして有名です。

しかもこの『焚き火台 TABI』は、2020年4月に発売されたばかりの新作焚火台なんです。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

焚火台を構成するパーツは、2枚の火床、3つの脚部、2枚の側板、1枚の網。たったこれだけのパーツで組みあがります。

材質には、軽量で耐久性に優れたチタンを採用。そのため本体の重さは約423g(網と側板を外して使えば約298g)という、超軽量な焚火台。しかも、分解すれば薄く収納袋におさめることができます。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

火床は薄い板です。「こんなに薄くて大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、チタンは耐久性にも優れていることも特徴のひとつです。

火床の耐荷重は約15kgあり、しっかりと安定感もあります。大きめな薪を使っての焚火調理も十分に楽しめますよ。

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

網の耐荷重は約3kg。ダッチオーブンなどの重いものは乗せられませんが、キャンプに大活躍のメスティン調理ならば十分使えます。

薄くてコンパクトで軽量。ザックにいれたり、積載制限のあるバイクの荷台にも気軽に積んでいけるのが強み。運べる荷物に限りのある、徒歩やツーリングキャンパーさん達のお供にするにもうってつけの、ミニマムな焚火台です。

画像1: 【ハピキャンギア紹介】『ミニマムキャンプ』に登場するギアをチェックしよう!
ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(収納ケース付). BM-263
材質/本体:チタニウム、18-8ステンレス、収納袋:ナイロン
使用時サイズ: 237×360×170㎜
収納時サイズ: 178×360×15㎜
重量:約423g(本体:約299g、側板:約29g、網:約96g)
耐荷重:火床15㎏、網3㎏
¥9,734
2020-07-26 15:46

Esbit(エスビット) ポケットストーブ・スタンダード

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

続いてご紹介するのは、Esbit(エスビット)『ポケットストーブ・スタンダード』

折りたたんでしまえばパンツのポケットにも収納できてしまうほどのコンパクトなストーブ。手軽に使えるので、アウトドア・キャンプ・登山や、災害時のサバイバル用品としても使える便利なポケットストーブです。

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

本体は折りたたまれた状態で収納されています。パカっと開いて、中央に燃料を置き着火するだけの手軽なアイテムです。

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

本体底にはスリットが設けてあり、空気が下から上に廻ることによって効率よく燃やすことができる仕組み。

また、両側の壁は鍋などを支えるゴトクの役割を果たすだけでなく、炎が外に漏れるのを抑え、鍋の底面に無駄なく炎が当たるような役割も持っています。

炎が風の影響を受けないようにするために周囲を風防などで囲めば、より効率よく燃やすことができます。

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

本体は安定感があり、スモールメスティンを置くのにもちょうどいい大きさです。もちろんラージメスティンも置けますよ。

画像9: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ポケットストーブ専用の固形燃料も販売されていますが、100円ショップで売っている固形燃料と組み合わせて使うのもおすすめ!

使用環境や燃料の種類にもよりますが、25gの固形燃料で約20分程度燃焼し続けてくれます。

画像10: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

固形燃料はガスライターで簡単に着火できます。ガスライターは固形燃料とあわせて100円ショップで購入してもよいでしょう。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

筆者も愛用している『ポケットストーブ・スタンダード』。メスティンを使ったほったらかし炊飯をする時に使っています。固形燃料に火をつけてから燃え尽きるまでおよそ20分。時間が経つにつれて火も弱くなってきますので火加減の調節が不要です。

火が消えるころにはちょうど炊き上がっているので、まさしくほったらし炊飯ですね。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

固形燃料を置く際は、アルミホイルを折りたたんだものを敷いておくと本体が汚れず、後片付けが楽になります。アルミホイルを敷いた状態で収納しておけば、次回もすぐに使えて便利! 本体はスモールメスティンの中に固形燃料と一緒に収納してよりミニマムに。

軽量かつ携行性に優れ、取り扱いがとても簡単です。初めてのメスティン炊飯におすすめできるストーブです。

画像2: 【ハピキャンギア紹介】『ミニマムキャンプ』に登場するギアをチェックしよう!
ポケットストーブ・スタンダード – 飯塚カンパニー

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー) ポップアップトラッシュボックス

画像11: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

オレゴニアンキャンパーの人気商品である『ポップアップトラッシュボックス』。アウトドア用の折りたためるゴミ箱です。

バネの構造を利用したポップアップ式で、ベルトを外すだけで勝手に展開してくれるので、設置がとても簡単です。

画像12: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

また、収納時は折りたたんでバックルで固定すれば薄くコンパクトになるので、収納・持ち運びにもとても便利。

画像13: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

内側は、市販の45Lサイズのゴミ袋にピッタリな大型サイズ。ボックス内部でごみ袋を固定するためのスナップボタンが6か所ついています。

底面は防水仕様なので地面に置いても水が染みこむことはありません。また、フタを閉めることもできるので、カラスや猫などの動物に荒らされる心配もありません。

画像3: 【ハピキャンギア紹介】『ミニマムキャンプ』に登場するギアをチェックしよう!
オレゴニアンキャンパー ダストバッグ メンズ レディース ポップアップトラッシュボックス POP-UP TRASH BOX OCB 708R Oregonian Camper
ポップアップ ( 折り畳み ) 式のトラッシュボックスです。 内部にはゴミ袋 ( 45L ) をスマートに固定できるスナップボタン、外側には何かと便利なネビュラチェーン付き。使わない時にはコンパクトに収まるのがポップアップならではの嬉しい機能。 ゴミ箱以外にも工夫次第で使い方が広がりそうなアイテムです。 ■カラー: コヨーテ ( COYOTE ) マルチカモ ( MULTI CAMO ) ブラックカモ( BlackCamo ) ■サイズ:直径40cm×高さ45cm、約55L ■生産国:中国 検索ワード:アウトドア キャンプ レジャー アウトドアグッズ キャンプ用品 防水バッグ 防水バック...
¥ 3,762
2020-07-26 15:56
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.