タイ料理の定番「ガパオライス」、実は自宅やキャンプで簡単に作れることをご存知でしょうか。今回、初めてガパオライスに挑戦する人でも上手に出来る作り方を公開します。さらに、ご自宅でも比較的ストックしてある食材や調味料での代用策やアウトドア調理で役立つアイテム3選など盛りだくさんの内容となっています。是非参考にしていただきガパオライス作りにチャレンジしてみて下さいね。

タイ料理の定番・ガパオライスとは? 実は簡単に作れちゃうお手軽メニュー!

画像: タイ料理レストラン イメージ

タイ料理レストラン イメージ

最近では日本でもタイ料理レストランを見ることも珍しくなく、すっかりお馴染みになってきましたね。その中でも大人気で定番メニューが「ガパオライス」。専門店をはじめカフェや弁当としても食べられることが多く、市民権を得てきた!?のではないかと思います。

ちなみに、ガパオというのはバジルを意味するため、日本語では「バジル炒めご飯」というような意味の料理です。

タイ料理を作る機会のない方にとっては難しそうなイメージがあると思いますが、実はご自宅やキャンプなどのアウトドアシーンでも簡単に作れちゃうメニューなんです。

初めて作る方でも上手く出来る簡単レシピを公開しますので、是非試してみて下さいね。

【準備】ガパオライスに必要な食材と調味料!なるほどポイントもマストチェック!

ガパオライスに必要な食材(2人分)と調味料

【食材】
・にんにく:ひとかけら
・生姜:少々
・鷹の爪2本:お好みで
・合挽き肉:200g
・玉ねぎ:1/2個
・パプリカ:1/4個
・バジルの葉:8枚程度(お好みで)
・ごはん:2人分

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

〈ポイント〉

豚ひき肉は仕上がりの見た目が白っぽくなること、油多めでややしつこいことから、合挽き肉や牛挽き肉がおすすめです。

鷹の爪は標準を2本としていますが、辛みが苦手な方は1本にしても、入れなくてもOKですし、辛み好きのからは3本や4本にしてみて下さい(入れすぎ注意!)

【調味料】
・サラダ油:少々
・醤油:小さじ1
・酒:大さじ1
・鶏がらスープの素:小さじ1
・みりん:小さじ2
・ナンプラー:小さじ1
・塩コショウ:少々
・豆板醤:小さじ1

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

〈ポイント〉

醤油、酒、みりん、鶏がらスープの素、ナンプラーは予め混ぜ合わせておきましょう。

キャンプ等で調理する場合はこれらの調味料を自宅で混ぜて容器に入れて持っていくと荷物を減らせますね。

【実践】料理初心者でも簡単にできるガパオライスレシピ! ひき肉と野菜を炒めるのみ!

材料と調味料を準備したら、いよいよ実践です!

【ガパオライス作り方】
(1) にんにく、生姜、玉ねぎはみじん切りにし、パプリカは1cm四方くらいの角切りにしておきます。

(2) 熱したフライパンにサラダ油を少々ひき、弱火にしてにんにくと生姜を加えて香りが出てくるまで炒めます。

手順(2)⇨

(筆者撮影)
画像: 手順(2) (筆者撮影)

手順(2)

(筆者撮影)

(3) 香りが立ったら中火にしてひき肉を加えて、さらに豆板醤も加えて炒めます。

画像: 手順(3)⇨ (筆者撮影)

手順(3)⇨

(筆者撮影)
画像: 手順(3) (筆者撮影)

手順(3)

(筆者撮影)

(4) 肉の色が変わったのち、鷹の爪を入れて少し炒めた後、玉ねぎとパプリカを加えておよそ3分炒めます。

画像: 手順(4)⇨ (筆者撮影)

手順(4)⇨

(筆者撮影)
画像: 手順(4) (筆者撮影)

手順(4)

(筆者撮影)

(5) 予め混ぜておいた醤油、酒、みりん、鶏がらスープの素、ナンプラーを加えて、さらに3分くらい水気を飛ばしながら炒めます。

(6) バジルの葉をちぎりながら加え、塩コショウで味を整えて少し炒めたら炒め物は完成です。

画像: 手順(6) (筆者撮影)

手順(6)

(筆者撮影)
画像: 手順(6)⇨ (筆者撮影)

手順(6)⇨

(筆者撮影)

(7) 次に目玉焼きを作ります。熱したフライパンに油をしいて、卵を割り入れ塩コショウを少々加えたら、蓋をします。

焼き加減はお好みですが半熟で黄身がトロっとなる程度がおすすめです。

(8) 最後にごはんと(6)で完成した炒め物をハーフハーフで盛り付け、目玉焼きを載せてバジルの葉を添えたら完成!

画像: 手順(8)ガパオライス完成! (筆者撮影)

手順(8)ガパオライス完成!

(筆者撮影)

いかがでしたか? 想像したよりも迷うことなく簡単に作れたのではないでしょうか? たったこれだけの手順ですのでキャンプをはじめとしたアウトドアでも試していただけたらと思います。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.