ソロキャンプに行くときは、タープを持っていくのがおすすめ。タープは張り方を変えることで用途が広がり、ソロキャンプがより快適で楽しく過ごせるようになります。今回は、タープの役割や種類とともに、ソロキャンプにおすすめのタープを7つご紹介します。

【キャンプ女子が解説!】ソロキャンプにおすすめなタープ 基本知識・形・特徴まで徹底解説

画像: 【キャンプ女子が解説!】ソロキャンプにおすすめなタープ 基本知識・形・特徴まで徹底解説

タープには素材、大きさ、形など、さまざまな種類があります。

そこで基本的なタープの種類と、ソロキャンプにはどのタイプのタープが適しているかを、まずご紹介します。

1)ヘキサタープ(六角形)【簡単設営・軽量でソロキャンプにおすすめ】

画像: 1)ヘキサタープ(六角形)【簡単設営・軽量でソロキャンプにおすすめ】

2本のポールとロープを使って設営する、六角形のタープです。

設営が簡単で、ポールは2本だけで済むので軽量です。デメリットは、横からの雨に弱いこと。

とはいえ、設営の簡単さ&軽量である点に加え、張ったときの形状が美しいことから、多くのキャンパーが愛用しています。

【ヘキサタープ特徴まとめ】

  • メリット:設営簡単・軽量
  • デメリット:横からの雨には弱い

2)ウイングタープ(ひし形)【簡単設営・コンパクトでソロキャンプにおすすめ】

画像: 2)ウイングタープ(ひし形)【簡単設営・コンパクトでソロキャンプにおすすめ】

2本のポールとロープを使って設営する、ひし形のタープ

設営すると両端に翼があるような形になるのが特徴です。

設営が簡単なのがメリット。面積が小さくコンパクトなので、バイクなどでのソロキャンプにも適しています。

【ウイングタープ特徴まとめ】

  • メリット:設営簡単・軽量
  • デメリット:面積は小さめ

3)レクタタープ(長方形)・スクエアタープ(正方形)

画像: 3)レクタタープ(長方形)・スクエアタープ(正方形)

2本のメインポールと、必要に応じて4本のサブポールを使って設営する、長方形のタープ。正方形のものはスクエアタープとも呼ばれます。

面積が広く、日陰を多く作ることができるのがポイント。

横からの雨に弱く、大きいので設営はやや面倒ですが、張り方を工夫することで使い道も広がります。

【レクタ・スクエアタープ特徴まとめ】

  • メリット:日陰の面積が広い
  • デメリット:大きいので設営が大変

4)スクリーンタープ(自立式・四角形)

テントに近い形で設営するタープで、防虫、防雨の面では他のタープに比べ断トツに優れています

ただし、部品が多い分、重量もあり、設営も手間はかかります。

その点だけ問題なければ、長雨が続く梅雨時期や、虫が苦手な方におすすめです。

【スクリーンタープ特徴まとめ】

  • メリット:防虫・防雨の面で優れている
  • デメリット:重い・設営に手間がかかる

5)ワンタッチタープ(自立式・四角形)

画像: 5)ワンタッチタープ(自立式・四角形)

野外イベントなどでもよく使われている、簡易的なタープです。

設営が簡単で面積も広く取れますが、重量は重くなります。

ちなみに、スクリーンタープのように壁を作る専用スクリーンがつけられるものもあります。

【ワンタッチタープ特徴まとめ】

  • メリット:設営が簡単・面積が広い
  • デメリット:重い・簡易的

上記5つのタイプで、筆者がおすすめするソロキャンプ向けのタープは、ヘキサタープウイングタープです。

コンパクトにたためて、持ち運びやすく、張り方次第で使い道が増やせるのがメリットです。見た目もお洒落で、上級者っぽい雰囲気を演出できます。

This article is a sponsored article by
''.