ソロキャンプに行くときは、タープを持っていくのがおすすめ。タープは張り方を変えることで用途が広がり、ソロキャンプがより快適で楽しく過ごせるようになります。今回は、タープの役割や種類とともに、ソロキャンプにおすすめのタープを5つご紹介します。

【おすすめタープ2】ソロ向きと人気を博した商品の復刻版! 焚き火で使えるお洒落なヘキサタープ

テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

画像2: 【ソロキャンパー必見】一人で組み立てしやすい ソロキャンプ向きおすすめタープ7選
テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
パイピングはワインレッド※2017年生産モデルから張綱は「白」 自在は「赤のアルミ自在」に変更になりました。
●素材:コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)
●サイズ(約):390×380/240(幅)cm ●重量(約):本体/1,900g、総重量/2,150g■Made in vietnam
※ポール、ペグは別売りになります。
¥18,480
2020-05-03 16:55

形状が美しく、人気が高いタープです。

素材は耐火性の高いポリコットンを使用しています。

形は五角形(ヘキサ)ですが、正五角形ではなく、前後に長いのが特徴です。

張った姿がお洒落で、夜になるとランタンなどの灯りでより一層映えます。お洒落で焚き火に似合うタープを探している方におすすめです。

【スペック】

  • 形状:ウイングタープ
  • サイズ:390×380cm
  • 重量:約2.15kg
  • 材質:綿とポリエステル(ポリエステル65%コットン35%)

【おすすめタープ3】人気ブランドスノーピーク  UVカットに軽量コンパクトでソロキャンプに丁度いい

スノーピーク(snow peak) ライトタープ ペンタ シールド

画像3: 【ソロキャンパー必見】一人で組み立てしやすい ソロキャンプ向きおすすめタープ7選
スノーピーク(snow peak) タープ/R ライトタープ"ペンタ" シールド STP-381 [1人用]
●材質:本体/75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、UVカット加工、テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)
●セット内容:タープ本体、自在付ロープ(3m×1、1m×2)、ぺグケース、収納ケース、ジュラピンペグ(17.5cm×6)、パドルフッキングカバー
●ケースサイズ:32×9×20cm
●重量:790g(本体のみ)
¥12,980
2020-05-03 16:56

テンマクデザインと並び、ソロキャンパーに人気があるスノーピークのペンタシールドタープ

一言で表すなら「丁度良い」タープといえます。サイズは狭すぎず広すぎないコンパクトサイズで、重量も軽量。

耐水圧は1800mmあり小雨~雨天でも使えます。また遮光コーティングが施され、UVカットしてくれるなど、ソロキャンプにおける気になるポイントは全て網羅しています。

【スペック】

  • 形状:ウイングタープ
  • サイズ:400×320cm
  • 重量:790g(本体のみ)
  • 材質:75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング

【おすすめタープ4】張り方いろいろ! ハピキャンでもご紹介したDDハンモック社のソロ向きタープ

DDハンモック(DD Hammocks) DDタープ 3×3

画像4: 【ソロキャンパー必見】一人で組み立てしやすい ソロキャンプ向きおすすめタープ7選
DD Hammocks DD タープ 3×3 (コヨーテブラウン) [並行輸入品]
サイズ:3m × 3m
カラー:コヨーテブラウン
重量:790g ※ペグ等を含まない
付属品:ガイドライン×4 、ペグ×4 
¥7,270
2020-05-03 16:57

おぎやはぎのハピキャン」でもたびたび登場する、DDハンモック社のタープです。

このタープはメインポールやサブポールを使わず、ロープや紐を使い、木などに括りつけて設営することが可能。

流木や落ちている枝を活用して、壁と屋根を作ることもできます。

付属品が少ないので軽量で、いろいろな張り方ができる自由度の高いタープです。

▼くわしいレビュー記事はこちらをどうぞ!

【スペック】

  • 形状:レクタタープ
  • サイズ:300×300cm
  • 収納サイズ:約24x14x4cm
  • 重量:約790g(本体のみ)
  • 材質:190Tポリエステル
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.