近年、右肩上がりでキャンプ人口が爆発的に増えていると言いますが、ひとりで行うソロキャンプも大変な人気となっています。しかし、これからソロキャンプを始めてみようという初心者の方の中には、どんな道具を揃えたらいいのかわからない!という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな方に向けた最低限必要なソロキャンプに必要な道具について紹介していきたいと思います。

超厳選!一番最初は3つのギアがあれば問題なし! ソロキャンプで最低限必要なキャンプ用品を紹介

画像: 超厳選!一番最初は3つのギアがあれば問題なし! ソロキャンプで最低限必要なキャンプ用品を紹介

まず初めに、この章では「一番シンプルに最低限のキャンプギア」を紹介します。

お断りしておくのは、最低限の定義を「一晩を問題なく過ごせる」ということにポイントを置いております。そこで、実際にキャンプをする筆者が考えるギアは以下の3つです。

  1. テント
  2. マット
  3. 寝袋

当たり前すぎると言っても過言ではありませんが、最初に購入するアイテムとして「テントや寝袋」は検討される方は多いのですが、意外にも「マット」は見過ごされやすいことが多い必需品です。

そこで、筆者おすすめの最低限必要なキャンプ用品をピックアップしながらご紹介します。

コールマン・モザンピーク・ホークギアから最低限必要なキャンプ用品をピックアップ!

1.コールマン テント ツーリングドームST グリーン 1~2人用 170T16400J

テント泊で寝るためには絶対に必要!前室もあり設営簡単&軽量モデル

画像1: 【初心者必見】アウトドアライターが選ぶソロキャンプに最低限必要なキャンプ道具はこれだ!
コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST グリーン 1~2人用 170T16400J
サイズ:使用時/約210×120×100(h)cm、収納時/約直径23×54cm
重量:約4.4kg
耐水圧:約1500mm(フロア/約1500mm)
定員:1~2人
材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)、ポール/FRP約直径8.5mm×2本(メイン)、FRP約直径9.5mm×1本(フロント)
仕様:前室、メッシュドア×2、ストームガード、ベンチレーション、メッシュポケット
付属品:ペグ、ロープ、キャリーバック
前室を高くして開放感アップ。コ...
¥11,580
2020-06-21 17:58

当たり前すぎますが、テント泊をする上で、絶対に必要なキャンプギアの一つがテントです。テントがなければ、安心して寝ることすらできませんからね。カウボーイキャンピングといって、外にマット敷いて寝るスタイルも中にはありますが、雨が降った時点でアウトです。

夏場では虫、冬場は寒いのでテントは必ず持っておきましょう。大きさに関しては人それぞれと言いたいところですが、初心者の方は少し余裕を持ったサイズのテントを選ぶのがいいでしょう。

コールマンのツーリングテントSTは1〜2名用のテントで、前室も広く荷物もたくさん置くことができます。アウトドア老舗ブランドでありながら比較的購入しやすい価格帯で、重量も約4.4kgと軽くまた、一人でも設営がしやすいなど価格、機能をとってもおすすめのテントと言えます。

2.モザンビーク キャンプ マット 極厚20mm

寝心地アップで朝まで快眠!

画像2: 【初心者必見】アウトドアライターが選ぶソロキャンプに最低限必要なキャンプ道具はこれだ!
Mozambique(モザンビーク) キャンプ マット アウトドアマット レジャーマット 車中泊 極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】
【何年も使える耐久性】高品質のマットをリーズナブルに。何度もキャンプマットを買い替える必要がないよう、何年も使える高品質マット
【夏でも冬でも使えるキャンプマット】夏はアルミ面を下に、冬はアルミ面を上にすることで気温への影響を減らし快適な睡眠をお届けします。
【最高品質のアルミ蒸着加工】保温性だけでなく、肌ざわりも重視したキャンプマット。夏でもべたつきません
【手軽さが売りのクローズドセルタイプ】エアマットと違い、手軽に取り出し、片付けも簡単です。
【高品質の証!1年保証】品質には自信を持っている商品ですので、通常のキャンプや登山、車中泊での使用で故障・不具合があった場合に保証します。
¥4,580
2020-06-22 13:24

キャンプ用のマットは、家庭で使う敷布団に同じ役割を担っています。敷布団を使わずフローリングにそのまま寝たら、体が痛くて朝までグッスリ寝られませんよね?キャンプでも同じです。

夏場でしたら、最悪マットがなくても寝ることはできます、痛いのを我慢すれば...。しかし、冬場ではそうはいきません。マットがなければ地面からの底冷えで、震えて眠ることができないでしょう。

寝心地の向上、底冷えカットに重要なのでマットは絶対に必要となります。

3.ホークギア 寝袋 シュラフ マミー型

コスパに優れたオールシーズンモデル!

画像3: 【初心者必見】アウトドアライターが選ぶソロキャンプに最低限必要なキャンプ道具はこれだ!
[HAWK GEAR(ホークギア)] 寝袋 シュラフ マミー型 -15度耐寒 丸洗い 簡易防水 オールシーズン (ネイビー)
HAWK GEAR(ホークギア)のマミー型寝袋(シュラフ)です。-15度耐寒。
丸洗い可能。水温30℃以下で洗い、乾燥機を使わず日干しくださいませ。
素材 コットンファイバー ・仕様 簡易防水・防風仕様
超断熱仕様で、快適睡眠!(調整紐を締め、防寒着を着用ください。)
HAWK GEARとして商標登録済(登録第5854776号)
¥3,990
2020-06-22 13:29

場所にもよりますが、標高の高いキャンプ場の場合、夏場でも夜は肌寒かったりします。寝袋はジッパーを開放する事で、かけ布団のような使い方もできます。

夏用の薄いもの、冬用の暖かく分厚いものがありますが、購入するならオールシーズン可能なものか3シーズン用を選ぶのがオススメです。

限界使用温度もマイナス15℃と幅広く使用でき、重量は1.6kgと苦にならない重さですね。また丸洗いも可能です。

ホークギアの寝袋は、今キャンパー界隈で話題になっており、低価格でありながら高品質の寝袋で、その性能はお墨付きなんです。

最低限必要なテント・マット・寝袋だけではキャンプに物足りなさを感じるためプラスαのギアは必要

画像: 最低限必要なテント・マット・寝袋だけではキャンプに物足りなさを感じるためプラスαのギアは必要

先述した通り、「一晩を問題なく過ごせる」という定義を考えれば、テント、マット、寝袋の3つがあれば間違いなくキャンプをすることはできます。

ただし、3つのアイテムだけでは「寝る」ことに特化してしまうため、「キャンプを楽しむ!」という観点を考えればちょっと無理があるかと…外で寝泊まりするだけでは、キャンプと言えませんからね。

おそらく初心者の方がイメージしているキャンプは、ダッジオーブンでローストビーフを作ったり、焚き火をしながらお酒を飲んだりというイメージをお持ちかと思います。それを実現するためには、当然他にもキャンプギアが必要になってきます!

次の章では、キャンプをさらに楽しむことができる最小限のプラスαのキャンプギアを紹介します!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.