こんにちは、ママキャンププランナーのサリーです。これからキャンプを始める方によく聞かれるのが「テントで寝る時、寝袋の下に何を敷けばいいの?」ということ。マットにエアベッド、いろんな種類がありすぎてわかりづらい!という声も。今回はこちらにお答えしていきます。

キャンプ中快適に睡眠するには? マット・エアベッドを使えばその悩みは解決!

画像: テントで寝るのは、毎回わくわくします 筆者撮影

テントで寝るのは、毎回わくわくします
筆者撮影

初めてのファミリーキャンプの時、我が家はキャンプ場のレンタルまるごとパックを利用しました。キャンプ場が全部用意してくれるなら、安心だ~!と思いテントで寝てみたものの、あれれなんだか体が痛い・・・体が痛くて何度も目覚めてしまい、朝には体のあちらこちらが痛い自体に。そうか、テントで寝るってこういうことなのかと悟りました。

ちなみにその時キャンプ場から支給されたのは、薄い銀マットのみ。幸い地面が芝生だったのでまだましでしたが、今思うとさすがに薄い銀マットだけでは、そりゃ体も痛くなります。

今は快適に寝られるマットが各社から販売されていて、これらを使えばキャンプでもぐっすり朝まで寝られます。マットの種類別に紹介していきますね。

キャンプで使うマットはどれがおすすめ? キャンピングマットから始めて検討するのもアリ!

できるだけ安さを求めるならキャンピングマットです。寝心地は他の2つに比べると少し劣りますが、なんといっても簡単には壊れません。また、空気を入れる必要がないので、本当に敷くだけ、畳むだけで手間が一番かかりません。できるだけ設営・撤収を楽にしたいならキャンピングマットがおすすめ!

寝心地悪くなるかなぁと思いましたが、昼間思いっきり子供と遊んで、夜はお酒を飲んで、くたくたになって眠るので、意外とぐっすり眠れてしまいます。 

とはいえ、あのエアベッドのグランピングのような雰囲気も捨てがたいです。たまには大きなテントにして、ふかふかのエアベッドでごろんと横になりたいです。

 記事を参考に、ぜひキャンプでも寝心地を追求してみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.