埼玉県の嵐山町にある「嵐山渓谷月川荘キャンプ場」は、『嵐山渓谷』の景勝地にあり四季折々の美しい自然が魅力のキャンプ場です。全てフリーサイトのテントサイトとバンガローがあり、場内を流れる槻川では川遊び、日帰りバーベキューでの利用も可能。「嵐山渓谷月川荘キャンプ場」の魅力をたっぷりとご紹介します!

【嵐山渓谷月川荘キャンプ場の基本情報】東京からのアクセエス良好/ペットOKの自然豊かな場所

関越道を利用して東京から東松山ICまで行き、一般道で嵐山小川町方面を目指して車で20分ほどの場所にあるのが嵐山渓谷月川荘キャンプ場です。埼玉県嵐山町にあり、都内から行きやすいキャンプ場です。

フリーサイトとバンガローがある個人経営のキャンプ場です。川遊びやバーベキューが楽しめ、場内にペットの孔雀とヤギがいて動物に会えるのもこのキャンプ場の魅力です。

ペットもOKなので愛犬とキャンプを楽しみたい方にもおすすめです。

【嵐山渓谷月川荘キャンプ場の特徴】通年利用できテント泊は予約不要 アウトドア用品のレンタルも充実

「嵐山渓谷月川荘キャンプ場」は『嵐山渓谷』を流れる槻川の両岸に広がる、通年利用が可能なキャンプ場です。

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

テントサイトは全てフリーサイト!広場・林間・河原と好きな場所にテントを張れる自由なキャンプスタイルを楽しめるのが魅力です。

広場は開けた明るい雰囲気、林間は静かな森に囲まれ、河原は川のすぐ近くで自然そのままのキャンプ、と季節や気分によっていろんなシチュエーションを楽しめます。

車を横付けできるオートサイトもありますよ。テント泊の場合は予約不要なのも嬉しいポイントです。

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

20棟のバンガローあり 団体利用も可能

場内を流れる川に架かる橋を渡った先には全20棟のバンガローがあります。5人用から20人用まであり、ファミリーから団体まで利用可能です。

画像3: 編集部撮影

編集部撮影

レンタルも充実! ただし設備は基本設備のみ

テントや寝具、調理器具など基本的なものはレンタルできます(要予約)。

場内の施設はトイレやシャワー・水場など、基本的な設備のみで、バンガロー内も基本的には電灯のみ(12,600円以上の部屋からAC電源付き)と、高規格ではありませんが、自然をめいっぱい楽しめる環境です。

画像4: 編集部撮影

編集部撮影

川の向こう岸にあるテントサイトやバンガローを利用する際には、川の上に設置されたゴンドラを利用して荷物を運べるなどユニークな体験ができるのも「嵐山渓谷月川荘キャンプ場」ならでは。

懐かしい雰囲気の『旅館月川荘』が管理棟になっていて、受付や売店があります。

管理棟内にはキャンプ場で撮影されたドラマや映画の出演者のサイン色紙がずらりと並んでいるので、好きな有名人の色紙を探すのもまた楽しそうです。

This article is a sponsored article by
''.