持ち物を置いたり調理台として…また食事など、さまざまな場面で大活躍するアウトドアテーブル。キャンプやピクニックなどの際、持って行くと便利ですが、種類が多くてどれにしようか迷ってしまいますよね。今回は「テーブルの高さ」にスポットを当ててハイスタイルとロースタイル、そしてどちらにもなるマルチな、おすすめアウトドアテーブルを5つご紹介します。

ハイスタイルとロースタイルはアウトドアテーブルと椅子によって決まる!それぞれの特徴とは?

画像: ハイスタイルとロースタイルはアウトドアテーブルと椅子によって決まる!それぞれの特徴とは?

ハイスタイルは立ったままの作業におすすめ!おしゃれな活用法も!

ハイスタイルは一般家庭でいうならデスクや食卓とほぼ同じ65cm~70cm程度の高さのアウトドアテーブルと椅子を選んだスタイル。

料理など立ったままで行う作業や立ったり座ったりを繰り返したり、食事をする際にもきちんとした姿勢で食べられるなどメリットは大きいです。また、立食パーティー風やバーカウンター風などおしゃれなアウトドアシーンにも活用できます。

でも、ハイスタイルだとその分、サイズも大きくなり重量も増え持って歩くのが大変というイメージがありますが、折りたたみ式で軽量な商品もありますので本記事を参考に検討してください。

画像: ハイスタイルは立ったままの作業におすすめ!おしゃれな活用法も!

ロースタイルは焚き火好きやコンパクト性を重視する方におすすめ!

ロースタイルは、畳の上で過ごしたりする日本人にとって馴染み深いスタイルで、ちょうど座卓か、コーヒーテーブルぐらいの高さのアウトドアテーブルを利用したスタイルを指します。また椅子もその高さに合わせた低めのものを利用します。

メリットとしては、ハイスタイルのテーブルや椅子に比べ、サイズも小さくコンパクトで持ち運びに便利。ちょっとしたお出かけやピクニックなどにも活躍します。

また、地面が近く視点が低くなることで、テント内で使用する場合など空間が広く感じられますね。

特に焚き火を楽しみたい方には、焚き火台の高さにも近いことから、火をくべたりする際にもゆったりと楽しむことができますのでおすすめです。

画像: ロースタイルは焚き火好きやコンパクト性を重視する方におすすめ!

ハイスタイルとロースタイルについて説明しましたが、どちらのスタイルを選ぶかはやはり好みとなります。それぞれにメリットデメリットがあるため、使うシーンを想定しながら選ぶことをおすすめします。

また、アウトドアテーブルはメーカーによっては、高さを調整できるタイプもあります。「どっちのスタイルがいいのかな?」と、迷っていらっしゃる方はハイとローの両方が選べるマルチなテーブルも選択肢としては良いのではないでしょうか。

それではまず最初に「ハイスタイル」のアウトドアテーブルを紹介します!

<ハイスタイル①>天板を開くと脚が出てくるワンアクションテーブル!X型の脚で耐久性も抜群!

スノーピーク ワンアクションテーブル ロングタケ LV015T

画像1: 【アウトドアテーブル】あなたはハイ or ローどっち派?スタイルで選ぶおすすめ5選
スノーピーク(snow peak) ワンアクションテーブル ロングタケ LV015T
サイズ:テーブル/720x1215×660mm、ケース/370x1215×93mm
材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミアルマイト加工、ケース/ポリエステル
重量:13.0kg
¥38,280
2020-03-31 20:55

スノーピークの定番アイテムとなっているハイテーブルです。天板には竹集成素材を使用しており、なめらか触り心地。さらに約120cmと広々としているので、作業にも大人数での使用にもぴったりです。

2枚の天板を開いていくとシンクロしてX型の脚が出てくる構造で耐久性も抜群。(4本の脚が絶妙なバランスで収まっています)「ワンアクションテーブル」ですので、あっという間にセットできる点が嬉しいですね。

「ワンアクションテーブル タケ」には、天板の広さが違う商品や、ロースタイルのちゃぶ台型の商品もありますので、スタイルに合わせて選ぶこともできますよ。

スノーピーク ワンアクションテーブル タケ LV010T <ハイスタイル>※天板サイズ91cm

画像2: 【アウトドアテーブル】あなたはハイ or ローどっち派?スタイルで選ぶおすすめ5選
スノーピーク(snow peak) ワンアクションテーブル タケ LV010T
サイズ:テーブル/720x910×660mm、ケース/370x910×93mm
材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミアルマイト加工、ケース/ポリエステル
重量:10.0kg
¥35,200
2020-03-31 20:57

<ハイスタイル②>テーブルと椅子(ベンチ)がセット&軽量コンパクトで持ち運びに便利

コールマン ナチュラルモザイク ファミリーリビングセット #2000026758 <4人用>

画像3: 【アウトドアテーブル】あなたはハイ or ローどっち派?スタイルで選ぶおすすめ5選
コールマン(Coleman) テーブル ナチュラルモザイクファミリーリビングセット ミニプラス 2000026758
サイズ:テーブル/約80×70×高さ65cm、ベンチ/約78×25×高さ35cm、収納時/約80×10.5×高さ35.5cm
重量:約9.2kg
材質:フレーム/アルミニウム、天板/メラミン加工合板
耐荷重:テーブル/約30kg、ベンチ/約140kg(70kg×2)
¥13,000
2020-04-28 15:44

コールマンのリビングセットは、テーブルの天板部分に椅子(ベンチ)が収納されたセットになっており大変便利。モザイク柄で統一したデザインはどことなくオシャレですね。

テーブルと椅子がセットで重さは10kg以下なのでかさばらず、持ち運びにも大変便利です。こちらの商品は4人用ですが、6人用のセットもありますのでスペースに余裕がほしい方や大人数のキャンプにはそちらもおすすめです。

コールマン ナチュラルモザイク ファミリーリビングセット プラス #2000026757 <6人用>

画像4: 【アウトドアテーブル】あなたはハイ or ローどっち派?スタイルで選ぶおすすめ5選
コールマン(Coleman) テーブル ナチュラルモザイクファミリーリビングセットプラス 2000026757
サイズ:テーブル/約87×77×高さ65cm、ベンチ/約84×27×高さ36cm、スツール/約27×23.5×高さ36cm、収納時/約87×10.5×高さ39.5cm
重量:約13.2kg
材質:フレーム/アルミニウム、天板/メラミン加工合板、スツール座面/合成樹脂
耐荷重:テーブル/約30kg、ベンチ/約140kg(70kg×2)、スツール/約80kg
¥19,718
2020-04-28 15:58
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.