キャンプでは欠かせない焚き火やBBQ。その時に絶対に必要になるスキルが、火起こしです。火起こしは時間もかかるしなかなか骨の折れる作業ですが、『チャコスタ』があれば簡単に火起こしをすることができます。そこで本記事では、100均アイテムで手軽に自作できる『チャコスタ』の作り方をご紹介します。

焚き火やBBQの必需品『チャコスタ』は木炭スターター

焚き火やBBQの時の火起こしに非常に便利なのが『チャコールスターター』。略して『チャコスタ』です。 ※チャコール:木炭

チャコスタはその名の通り、木炭を燃やすためのキャンプギアです。

火起こしは実は意外と難しく、木炭が水分を含んでいたりすると、人力で火起こしするのが困難になるほど。でも『チャコスタ』があれば、簡単に火起こしができます。しかもうちわで扇いだりする必要もなく、木炭を入れたチャコスタの下に着火剤を置き火をつければ、あとは待つだけです。

ここからは、チャコスタの使い方を詳しくご説明していきます。

チャコスタの使い方

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

こちらのチャコスタは、火起こしも火消しも可能な優れモノ。まずはBBQ台を用意します。

次に、チャコスタの中に木炭を入れていきます。備長炭を使用する場合は穴が見えるように入れた方が火が付きやすいです。

筆者撮影

そしてBBQ台に着火剤をセットし、木炭を入れたチャコスタを上に置きます。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

あとは着火剤に火をつければOKです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

通常のホームセンターで売っている木炭であれば10分程度。備長炭であれば20分程度で真っ赤な木炭ができあがります。BBQ台の上に火が付いた木炭を並べて、火起こしは完了です。

火消しツボの機能を兼ね備えたチャコスタであれば、使い終わった後、下の蓋を閉めた状態で木炭を入れ、あとは上蓋を閉めることで酸素がなくなって木炭の火が消えてくれます。

この時チャコスタが非常に熱くなっているので、周りの皆が触らないように声をかけておきましょう。

画像2: 『チャコスタ』を100均アイテムで自作してみた! チャコスタの使い方もご紹介
グリーンライフ(GREEN LIFE) 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150
サイズ:幅約直径15×高さ25cm
重量:約1kg
材質:スチール
¥2,087
2020-03-04 9:37
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.