キャンプ初心者のおぎやはぎのお二人が、キャンプをめいっぱい楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メーテレ(名古屋テレビ))制作」。キャンプツーリングを満喫したおぎやはぎさん、とろサーモン村田さん、井戸田さん、平嶋夏海さん。いよいよキャンプ場に到着した皆さんは、テント設営や料理にチャレンジします。

【汁物】村田さんの料理はおふくろの味?冷えた身体を温めるお味噌汁!

ここまで矢作さんのおつまみと、小木さんの焼き物はみなさんから大好評!

画像46: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

プレゼンキャンパーである村田さんが担当するのは「汁物」です。ロケ当日、気温は一桁という凍える寒さでした。

やはり、寒い時期のキャンプには暖かい汁物は欠かせません!期待が高まります。

画像47: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

画像48: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

さすが、普段からキャンプを楽しんでいる村田さん。手際良く食材もカットし、調理をすすめていきます。

パパッと料理を作れる人って格好いいなぁー。キャンプのときにそんな人が1人いてくれると助かります!

できあがったのは、新鮮なワカメとアサリを使ったお味噌汁です!これは冷えた身体があたたまりそう〜。

画像49: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

小木さん「普通の味噌汁だね」...あれ?意外と辛口!?

小木さん「てかうちに母親の味噌汁と同じ味」ん??

そして「よくうちの母親と同じ味(の味噌汁)を作れるね!」と謎の評価

画像50: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「俺の母親(が作った味噌汁)とも同じ味だ!!」

なんと、矢作さんからも同じコメント(笑)

でも、おふくろの味って「安心できる味」ということでもありますから、これはきっと褒め言葉ですよ村田さん!

【揚げ物】井戸田さんが作るのは、しらすの天ぷら!

井戸田さんの担当は揚げ物です。揚げ物って一番難易度が高そうですが大丈夫でしょうか?

画像51: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

正直、ちょっと心配です(笑)

画像52: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

レシピはしらすと小麦粉を混ぜるだけ。一見シンプルすぎるレシピですが、井戸田さんが魚太郎の店員さんから教えてもらったしらす天ぷらの作り方なんですって!

画像53: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「あっつ!あっつい!!危ない!!」

井戸田さんの絶叫が響き渡ります!

勢いよくしらすを油に入れすぎて、井戸田さんに油が直撃したみたいです。現場はちょっとしたパニックでスタッフさんも大慌て!

揚げ物はこれが怖いですからね、みなさんもキャンプで揚げ物をする際には十分に気をつけてください!

万が一でも焚き火の火が油に引火してしまったら本当に大変ですよ!

*撮影では安全管理を徹底して、周りのものに注意しながら調理を行っています。

画像54: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

井戸田さんが懸命に作ったしらすの天ぷらですが、中身は半生...

「しらすを油からあげるのが早すぎるんだよ!」と矢作さんから怒られてました(笑)

画像55: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

再度揚げ直しますが、みなさんからは「まぁまぁ」となんとも寂しいコメントが。

ついに、矢作さんから「今日もしかしたら、ハピキャン史上一番ご飯が美味しく無いかも...」と言われてしまいました。

ご飯が大きな楽しみでもあるハピキャンに暗雲が立ち込めてきました...。いやいや、まだ平嶋さんの〆料理があります!

【〆料理】平嶋さんの料理は◯◯の水槽の味?小木さんの辛口評価が炸裂!

残念ながらおぎやはぎのお二人から評価はいまいちだった、村田さんと井戸田さん。

このままだとゲスト陣の料理は「あんまりだった」というちょっと残念な結果になってしまいます。それだけは避けないと!

最後は平嶋さん担当の〆料理です。平嶋さんがんばってください!

画像56: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

まずは真鯛のお頭部分から出汁をとっていきます。かなり本格的な調理ですね、何ができるのでしょうか?

画像57: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

身の部分も皮を炙り、香りを引き立てています。村田さん、井戸田さんには申し訳ないですが、平嶋さんが一番しっかりと料理しています(笑)

画像58: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

クッカーでお米を炊くのって結構難しいのですが、ちゃんと炊けています。初めてとは思えない手際の良さ。

平嶋さんが作っているのは「真鯛の出汁茶漬け」。〆料理には最高のチョイス!

これはどんどん期待が高まります!

画像59: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

なぜか料理評論家のような雰囲気を出している!?小木さんに試食をしてもらうことに。

平嶋さんも心なしか緊張した面持ち。

画像60: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「うん、うんうんうん...魚の香りが、うん、あれね」

「小学校のときに飼ってた、カメの水槽の味がする」

・・・え?カメの水槽?ど、どんな味なのでしょうか。

追い討ちをかけるように「あぁ、生臭い・・・」とつぶやく小木さん。

画像61: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「マジで40点ぐらい」

と矢作さんからも辛口コメントが。

あんなに頑張っていたのに、ちょっとはフォローしてあげてくださいよ!

でもお魚から出汁を取るって難しいですし、臭み取りもいろいろと調味料とかも必要ですから、なかなかハードル高いですよね~

オイルランタンを使って「映え写真」を撮ろう!

画像62: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

夕食を楽しんだみなさん。もう辺りはすっかり真っ暗になりました。

画像63: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

焚き火をしたり、ゆったりしたりと過ごす贅沢なチルタイムです。

画像64: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ここで「オイルランタンを使って映え写真を撮りませんか?」と村田さんから提案がありました。

画像65: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

オイルランタンは灯りになるだけではなく、テントサイトをおしゃれにしてくれるキャンプ道具です。

ゆらめく炎を見ているだけで、すごく落ち着いた気分になります。

画像66: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

1人ひとつのオイルランタンが渡されました。撮影場所はキャンプ場内なら自由!誰が一番映える写真をとれるのでしょうか!

画像67: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

バイクのハンドル部分に吊り下げるのおしゃれですねー。

画像68: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

矢作さんのキメ顔!流木とオイルランタンがマッチしています。

画像69: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

...これはなんでしょう?オイルランタン with 鯖?世界観がすごい。

画像70: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

みなさんが撮ってくれた写真はぜひ番組でもチェックしてくださいね!

誰が一番映え写真を撮ることができたのでしょうか?

画像7: 【おぎやはぎのハピキャン】愛知県知多半島でキャンプ(後編) 焚き火や地元の食材を使った料理を楽しみます!
FEUERHAND(フュアーハンド) ランタン 276 ジンク 【日本正規品】 12562
燃料:灯油またはスターパラフィンオイル
サイズ:15cm×26cm/重量:520g
タンク容量:340ml/燃焼時間:約20時間(灯油使用時)
材質:ガルバナイズドスチール
原産国:ドイツ
※フュアハンド日本正規代理店スター商事取り扱い商品(1年間保証付き)
¥3,115
2020-03-02 18:56

「失敗は成功のもと!」失敗しても楽しいのがキャンプの魅力。

画像71: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

シーズン11のテーマだった「海鮮BBQ & キャンプツーリング」を楽しんだみなさん。

画像72: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

プレゼンキャンパーの村田さんから「キャンプどうでしたか?」と質問がありました。

「ツーリングが面白かった」「凧揚げ楽しかった」などポジティブな意見もありましたが

「ご飯が美味しくなかった」とおぎやはぎのお二人はちょっぴり不満げ!?思い返せば、ご飯はいろいろとありましたねぇ〜。

画像73: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「今回のキャンプは失敗!」と矢作さんの総括で今回のキャンプは幕を閉じました(笑)

でも不思議なことに、家に帰ってキャンプのことを思い返すと、どんなキャンプでも楽しい思い出になっているんですよね。

そして、またキャンプに行きたくなってしまうという循環。「失敗は成功のもと」というように、次キャンプにいくと自然と前に失敗したことができるようになってたりします。

そう考えると、キャンプで本当に不思議な魅力を持っているんだなとしみじみ感じます。

もし、またこのメンバーでキャンプにいくことがあれば付いていきたいと思った筆者でした。

この密着記事では紹介しきれなかったこともたくさんありました。ぜひ、そちらは番組にてお楽しみください!

放送: 毎週水曜日 深夜 0時15分~
テレビ朝日系列メ~テレ(東海地区)地上波にて放送予定
毎週水曜日 深夜3時よりGYAOにて2週間無料配信!

シーズン11で登場したキャンプギアたちの紹介記事はこちら!

東海エリアでのハピキャンロケシーズン7の密着記事はこちら!

This article is a sponsored article by
''.