煮込めば煮込むほど、とろとろの食感になる牛すじ。「とろとろでおいしい牛すじ料理を自分で作りたい!」と思う方も多いでしょう。ただ、牛すじをおいしくいただくには、下処理をしなければいけません。今回は、なぜ牛すじは下処理をする必要があるのか、初心者でも簡単にできる牛すじの下処理方法に加え、簡単にできる牛すじレシピを、贅沢に3つご紹介していきます!

【下処理・下ごしらえをした牛すじの簡単レシピ2】おでんは圧力鍋でゆっくり煮込むのがポイント!

【牛すじ入りおでん】圧力鍋で簡単に味が染み込む

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

肌寒い日に食べる「おでん」って、じんわり身体を温かくさせ、ホッコリと優しい気持ちになりますよね。しかも、自家製牛すじまで入っていたら、なんとも贅沢なおでんを楽しむことができます! 圧力鍋で簡単に牛すじ入りおでんを作りましょう。

【材料(2人分)】
・下処理済みの牛すじ 300g
・大根 1/2本
・にんじん 1/4本
・こんにゃく 1枚
・その他好きな食材 お好みで
・水 1リットル
・かつお節 1つかみ
・昆布 1きれ
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・塩 少々

【レシピ】
①牛すじ、大根、にんじんを圧力鍋に入れ、ヒタヒタになるくらい水(分量外)を入れる
②5分加圧し、自然放置で冷ます
③大きめの鍋に、水と昆布を入れ火にかけ、沸騰直前にかつお節を入れる
④1~2分沸騰させたら、すべての具材を鍋に入れ、沸騰させないよう温める
⑤酒、みりん、醤油、塩を入れて味を調えたら完成!

沸騰させないよう、ゆっくりコトコト煮込むことで、牛すじがトロトロに。そして大根やニンジンなどの具材にもしっかりと出汁が浸透して、とてもおいしくでき上がりますよ!しみしみの大根ととろとろの牛すじのコラボをじっくりと味わってください。

【下処理・下ごしらえをした牛すじの簡単レシピ3】圧力鍋で簡単おつまみ「牛すじ煮込み」を調理!

【牛すじ煮込み】圧力鍋に材料を入れるだけの簡単レシピ

画像: 【牛すじ煮込み】圧力鍋に材料を入れるだけの簡単レシピ

濃いめな味付けの牛すじ煮込みは、おつまみにピッタリ。もちろん大人だけでなく、子どももおいしく食べられますよ。ついつい箸が止まらなくなる……そんな一品です。

【材料(2人分)】
・下処理済みの牛すじ 200g
・醤油 大さじ3
・みりん 大さじ3
・ザラメ 大さじ2.5
・こんにゃく 1/3枚
・白ごま お好みで
・長ネギ お好みで
・水 牛すじがかぶる程度まで

【レシピ】
①白ごま以外の材料を圧力鍋に入れる
②10分加圧したら、自然放置で冷ます
③ロックピンが下がっていることを確認して具材を取り出す
④お皿に盛り付けて白ごまを振って完成!

圧力鍋に材料を入れるだけで完成してしまうとても簡単なレシピ! なのにめちゃくちゃおいしいので、ぜひお試しを。

下処理・下ごしらえして冷凍保存可能! 圧力鍋を使った簡単レシピで牛すじ料理を家庭で楽しもう

画像: 下処理・下ごしらえして冷凍保存可能! 圧力鍋を使った簡単レシピで牛すじ料理を家庭で楽しもう

牛すじは下処理に時間がかかりますが、工程自体はそんなに難しくありません。しかも、圧力鍋で大量に下ごしらえをしてしまえば、冷凍保存がきくのでとても便利。使いたいときにサッと出して、牛すじ料理に活用できます。下処理済みの牛すじをキャンプに持っていき、鍋でコトコト、ゆったりと火にかけるのもなかなか良いですね。下処理の方法とレシピを参考に、美味しい牛すじ料理を作ってみてくださいね!

他にも牛すじを使ったおでん・ビーフカレー・牛すじ煮込みのレシピを紹介中 下処理・下ごしらえ方法も

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.