煮込むことでやわらかく旨味が増す牛すじ料理は、家庭でも手軽に作れるのをご存じですか?おいしく作るにはコツがあり、それさえクリアすれば、トロットロの牛すじ料理が作れます。今回は実際に牛すじ入りのカレーにチャレンジしてみました!調理のコツと合わせて、レシピをご紹介します。

美味しい牛すじカレーのレシピのコツは3つ! 下ごしらえで行う「下茹で」や「あく取り」が重要

「自分で作ると、お店の牛すじ料理のようにお肉がやわらかくならない」「臭みやアクが残ってる」など、牛すじを使った料理でそんな失敗をしたことはありませんか?

自宅では調理が難しそうに思える食材ですが、コツを押さえれば、やわらかくトロッとしたお肉にすることができます。牛すじ入りのおいしいカレーを作るコツは以下の3つ。

【牛すじのカレーをおいしく作るコツ】

  • 下茹では2回行う
  • アクをきれいに取り除く
  • 下茹での汁を取っておく

どれも「下ごしらえ」の工程で行う内容なんです。牛すじのカレーは、この3つが大切。

【下ごしらえ1】牛すじの下茹では2回! 1回目であく取り、2回目でじっくり煮込んで柔らかくしよう

牛すじの下茹でを2回行うのが、1つ目のおいしく作るコツ。1回目はアクを取るために茹でこぼし、2回目は臭みを取りつつ、じっくり煮込んでお肉をやわらかくさせます。

最初はアクを取るためなので、茹でる時間は数分ですが、2回目では1時間以上茹で続けましょう。長時間煮込むことで、お肉がトロッとやわらかくなります。

【下ごしらえ2】牛すじのあくを綺麗に取り除く 2回目の下茹ででもあくが出るのでしっかり取り除こう

2つ目の料理のコツは、1回目の下茹でのときに、具材からたくさん出るアクをきれいに取り除くことです。

1度茹でこぼして大量に出たアクは捨て、2回目の下茹ででも多少アクがでるので、その際も全て取り除いてください。しっかりアク取りが出来ていれば、濁りのないきれいな茹で汁になっているはずです。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.