電気毛布とは、電力で発熱する毛布のこと。ホットカーペットに似ていますが、毛布という名の通り薄手でコンパクトなことと、比較的消費電力が少ないのが特徴です。火などの電気以外の燃料を使わないのも魅力。冬キャンプの手軽な防寒対策グッズとして役立つ電気毛布のおすすめ11選をご紹介します!

電気毛布・ひざ掛けは消費電力が少なく使いやすい! キャンプで使う4つのメリット

キャンプで活躍する電気毛布・ひざ掛けのメリットをまとめてみました。

1. 薄手&コンパクトで持ち運びに便利! 電源があればどこでも使える

電気毛布は生地が薄手なものが多く、ホットカーペットに比べると軽量なのが特徴です。また、たたむとコンパクトになるので、持ち運びに便利なのも魅力。

電源がある場所ならどこでも手軽に使えるため、電源サイトのあるキャンプ場に持って行くと、とっても重宝するのでおすすめ。

電源がないキャンプ場の場合は、ポータブル電源を持っていきましょう。

画像1: ニトリや山善などおすすめ電気毛布・ひざ掛け11選 消費電力が少なく冬キャンプ向き
Jackery ポータブル電源 400 大容量110000mAh/400Wh 家庭用蓄電池 PSE認証済 純正弦波 AC(200W 瞬間最大400W)/DC/USB出力 三つの充電方法 MPPT制御方式 車中泊 キャンプ アウトドア 防災グッズ 停電時に 非常用電源 ソーラー充電 24ヶ月保証
400Whの大容量、キャンプ、車中泊、アウトドアで家庭用電源が使えて便利です。キャンプから防災まで幅広く活躍停電や災害時、交流電源が使用できない時での備えにも最適です。Jackery ポータブル電源 400は、最大電力200Wの機器が給電でき、多数の設備や端末に対応できます。液晶ライト(5W)が約69.6時間、ノートパソコン(50W)が約6-7回、小型ドロンが約6-7回、携帯電話(12W)が約35-40回、ミニ冷蔵庫(40W)が約8.5-12時間使用できます。
¥ 44,800
2020-01-17 23:20

▼詳しいレビュー記事はこちら!

2. 汎用性が高い掛け・敷き両用モデルがおすすめ! ひざ掛けタイプならよりコンパクト

電気毛布という名前から、ブランケットのように上から掛けて使うイメージを持つ人もいるかと思いますが、下に敷いて使うタイプも多いんです。

冬キャンプは地面からの冷気が気になるところ。電気毛布を下に敷いて使えば、底冷え対策に役立ちます。

電気毛布は、主に敷く用、掛け・敷き両用、ひざ掛けタイプに分かれますが、おすすめは掛け・敷き両用モデル

どちらにもできるので、シーンや用途に合わせてさまざまな使い方ができるのがうれしいポイントです。ただし、値段は少々高めなので、お財布と相談してください。

また、冷えが気になる足元の防寒対策なら、ひざ掛けタイプもおすすめ。よりコンパクトで、コスパがよいのが魅力です。

3. 火を使わず安全に使える! 空気も汚れないので安心

電気毛布は電源が確保できる場所であればどこでも使えて、ほかの燃料は必要ありません。火も使わないので、小さい子どもにも安心して使えるメリットがあります。

※ただし就寝時は低温やけどの恐れがあるため、説明書記載の使用方法を守りましょう!

また、薪ストーブや石油ストーブのような暖房器具と違って、空気が汚れないのも魅力。着火および消火時の気になるニオイや、一酸化炭素が充満する危険もなく、安全に使えます。

4. 消費電力が少なく、導入費用も安くおさえられる! 丸洗いできて清潔に使えるのもメリット

画像: 4. 消費電力が少なく、導入費用も安くおさえられる! 丸洗いできて清潔に使えるのもメリット

電気毛布は思いのほか消費電力が少なく、ほかの電化製品と併用しやすいメリットがあります。

ホットカーペットは消費電力が大きいため、電源サイトのあるキャンプ場で使用する場合、単体で使わないとブレーカーが落ちる可能性がありますが、電気毛布はその心配が少ないです。

消費電力が少ないということは、自宅使用時はそれだけ電気代もかからないということ。省エネなのも大きなメリットです。また、ホットカーペットに比べると、導入費用が安いものが多いのも魅力。

さらに、丸洗いできるモデルも多いので、清潔に使えるのもうれしいポイントです。

This article is a sponsored article by
''.