キャンプやアウトドアを楽しんでいると、自然の大切さや環境保全にも関心が高まりますよね。国内でもキャンプ場によっては、「合成界面活性剤の使用禁止!」なんていうところもあります。今回は、水質汚染や環境破壊につながらないエコな素材でお財布にもやさしい「ソープナッツ」をご紹介します。

鍋で煮出せば天然素材100%の液体ソープが作れる!

ソープナッツはそのまま洗濯機に入れて衣類用洗剤として使うのが最も簡単な使用法ですが、ひと手間かければ液体ソープを作ることもできます。ここでは、液体ソープの作り方をご紹介します。

画像: 鍋で煮出せば天然素材100%の液体ソープが作れる!

①ソープナッツを水に浸し、一晩置く

ソープナッツ10〜15粒ほどを4カップほどの水に浸し、一晩置きます。水に浸すことで石けん成分が水に溶け出しやすくなります。

②5〜10分ほど煮出す

一晩水に漬けたソープナッツを、水ごと鍋に移し、5〜10分ほど煮込みます。火が沸騰すると泡立ってきて吹きこぼれやすくなるので、目を離さないようにしてください。

③しっかり冷まし、液だけを容器に移す

鍋が冷めたら、ソープナッツを取り出し、抽出した洗剤水だけをボトルなどの容器に移します。これで、液体ソープの完成です!

液体ソープは、洗濯に使えるだけでなく、食器洗いやお掃除、髪や体の洗浄などさまざまな用途に活用できます。煮出す手間はかかりますが、用意しておくと便利ですね。

画像: ③しっかり冷まし、液だけを容器に移す

使い終わったソープナッツは、土に埋めて肥料にしたり、コンポストも可能

画像: 使い終わったソープナッツは、土に埋めて肥料にしたり、コンポストも可能

ソープナッツは乾かして繰り返し使うことができ、エコで経済的な洗剤です。ただし永遠に使えるわけではなく、ソープナッツを水に濡らしてこすってみて、泡立ちが一切なくなったら新しいものに交換しましょう。繰り返し使える回数には個人差があるようですが、5〜10回ほどは同じソープナッツを繰り返し使うことができます。

また、ソープナッツは天然の木の実なので、100%自然に還る素材でできています。使用後のソープナッツは、土に埋めて植物の肥料にしたり、コンポストに入れて処理することができます。ゴミ回収に出す場合は、可燃ごみとして出してください。

ウォッシュバッグは捨てずに取っておいてくださいね。次回からソープナッツのみ購入すれば、さらに経済的です。

自然にやさしいソープナッツはアウトドアでの使用に最適!

一般的な合成洗剤に含まれる合成界面活性剤は、水質汚染をはじめ自然環境に悪影響をもたらすと言われています。キャンプなど自然の中で洗剤を使うなら、化学的な残留物の心配がなく100%自然に還るソープナッツを使うのがおすすめです。

液体ソープを小分けボトルに入れて持っていけば、食器洗い、手や顔の洗浄、簡単なお洗濯にも使うことができ、とっても便利です。またソープナッツをそのまま持っていく場合は、たらいに水を張ってナッツをこすり、ため置き洗いで食器を洗うことができます。

オールナチュラル成分で環境にやさしく、科学的な残留物がないため敏感肌にもおすすめなソープナッツ。すすぎ1回で節水にもなり、柔軟剤も不要、これ1つでウールやシルク、ドライクリーニングも洗えるため経済的……と、良いことづくしのナチュラル洗剤です。ぜひ毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もどうぞ

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.