サバ缶や焼き鳥缶といったフタを開ければすぐに食べられる缶詰は、キャンプ飯に活用できます。しかし、どんな缶詰を使ったメニューがいいのか?今回はおすすめの缶詰についてと、パスタやサラダなどお手軽でおいしい缶詰キャンプ飯レシピをご紹介します。

【缶詰レシピ】キャンプ飯で大活躍! 鯖缶・ツナ缶・焼き鳥缶・唐揚げ缶の簡単おすすめ料理をご紹介

キャンプ飯に缶詰を使用すると、調理時間を短縮したり手間が減ったりと、いいこと尽くめ。お肉から魚とキャンプ飯にも使えるおすすめの缶詰は以下の種類です。

サバ缶(ニッスイ さば水煮缶・伊藤食品 美味しい鯖味噌煮)

サバの水煮缶は、そのまま食べてもおいしいですが、煮込んだり焼いたりとアレンジも簡単です。大根おろしとだしを加えてみぞれ煮にしたり、ハンバーグにして子どもも食べやすくしたり。

いわしほどクセも強くない食材で、缶詰になっているサバ煮は骨も柔らかくて食べやすいはずです。生臭さが苦手な人は、薬味をプラスすると抑えられます。

画像1: ツナ缶&鯖缶を使ったキャンプ飯におすすめ缶詰レシピ4選 ツナパスタ・鯖味噌鍋など
ニッスイ さば水煮 190g×24個
内容量:190g×24個
商品サイズ(高さ×奥行×幅):100mm×318mm×275mm
原材料:さば、食塩
¥ 3,945
2019-12-01 20:06

すでに味噌と煮込んであるサバの味噌煮缶も、キャンプ飯に便利な缶詰です。そのまま温めればおいしい味噌煮が味わえますし、野菜を追加して味噌鍋にもなります。

画像2: ツナ缶&鯖缶を使ったキャンプ飯におすすめ缶詰レシピ4選 ツナパスタ・鯖味噌鍋など
伊藤食品 美味しい鯖味噌煮 190g×4缶
内容量:190g×4缶
原材料:さば(三陸産)、砂糖、味噌、食塩
商品サイズ(高さx奥行x幅):118mmx148mmx74mm
¥ 1,004
2019-12-01 20:08

ツナ缶(はごろも シーチキンバイルド)

ツナ缶はパスタやパン料理にぴったりの缶詰。マヨネーズと混ぜるだけで作れるツナマヨは、サンドイッチにしてもいいし、野菜を足してサラダにしてもいいですね。

画像3: ツナ缶&鯖缶を使ったキャンプ飯におすすめ缶詰レシピ4選 ツナパスタ・鯖味噌鍋など
はごろも シーチキンマイルド(0652) 70g 4缶
内容量:70g×4缶
カロリー:224kcal
原材料:かつお、大豆油、食塩、調味料(アミノ酸等)
商品サイズ(高さx奥行x幅):110mmx77mmx77mm
¥ 518
2019-12-01 20:10

焼き鳥缶(ホテイフーズ やきとりたれ味)

手軽に居酒屋気分が堪能できる焼き鳥缶は、主食の具材からおつまみまでOKな缶詰です。タレ味や柚子胡椒味など、複数の味が楽しめます。味を変えれば、作りたい料理に合わせて使えるでしょう。

画像4: ツナ缶&鯖缶を使ったキャンプ飯におすすめ缶詰レシピ4選 ツナパスタ・鯖味噌鍋など
ホテイフーズ やきとりたれ味 75g×6個
原材料:鶏肉(国産)、砂糖、醤油(大豆、小麦を含む)、発酵調味料、りんご濃縮果汁、食塩、ロースト醤油ペースト/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、加工デンプン、調味料(アミノ酸)、カラメル色素、香料
商品サイズ(高さx奥行x幅):2.8cm×7.7cm×7.7cm
¥ 938
2019-12-01 20:12

唐揚げ缶(ホテイフーズ からあげてりマヨ味)

唐揚げは子どもにも大人気のメニュー。それが缶詰になった唐揚げ缶は、子連れキャンパーにおすすめしたい1缶です。ぜひパンに挟んでみてください。お腹も味も大満足なメニューが作れます。

画像5: ツナ缶&鯖缶を使ったキャンプ飯におすすめ缶詰レシピ4選 ツナパスタ・鯖味噌鍋など
ホテイフーズコーポレーション からあげてりマヨ味 60g ×6個
原材料:鶏肉(国産)、澱粉(ばれいしょ(非遺伝子組換))、砂糖、半固体状ドレッシング(大豆・りんご・卵・小麦を含む)、醸造酢、なたね油、発酵調味料、醤油、にんにく、食塩、しょうが、野菜エキス、香辛料、レモン濃縮果汁、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、重曹、香辛料抽出物
内容量:60g×6
商品サイズ(高さx奥行x幅):3.3cm×7.7cm×7.7cm
¥ 1,182
2019-12-01 20:14

【缶詰キャンプ飯】ツナ缶とキャベツの和風パスタ 具材変更やスープパスタなどアレンジ可能なレシピ

パスタにツナを混ぜて、和風味のパスタを作ってみました。入れる食材はお好みでアレンジしてください。フライパンだけで作れば、スープパスタにもできます。

【材料(2人分)】

  • ツナ缶:1缶
  • しめじ:60g
  • キャベツ:100g
  • 生姜(すりおろしたもの):6g
  • 醤油:大さじ3
  • コショウ:少々
  • 鶏ガラスープの素:小さじ1
  • パスタ:200g
  • 塩(パスタ茹でる用):ひとつまみ
  • 水(パスタを茹でる用):適量
  • サラダ油:大さじ1

【作り方】

1. キッチンペーパーを2枚お皿に敷いて、ツナの油を切ります。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

2. キャベツは一口大の乱切り、しめじは食べやすい大きさに手でちぎります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

3. フライパンにサラダ油をひいて強火で熱し、生姜を入れて油と馴染ませます。

4. キャベツ、しめじ、ツナを加えて軽く炒めます。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

5. 鶏ガラスープの素と醤油大さじ2を入れて味をつけておきます。

6. 深めの鍋に水(その鍋に対して8分目くらいの量)を注ぎ、沸騰したら塩をひとつまみ入れ、パスタを茹でます。お好みの硬さで火を止めてください。パスタが茹で上がったらザルに取ります。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

7. 炒めておいた具材とパスタを混ぜてサッと火にかけ、残りの醤油大さじ1とコショウを振りかけて出来上がりです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ツナの塩気が合うおいしい和風パスタに仕上がりました。トマトをプラスして、ツナとトマトのパスタにするのもおすすめです。

【缶詰キャンプ飯】パスタだけじゃない! 唐揚げ缶・サバ缶・鯖味噌缶でサンドイッチや味噌鍋が作れる

唐揚げ缶やサバ缶などでできるキャンプ飯レシピをまとめてご紹介していきます。パンやサラダといろいろアレンジしてみましょう。

【缶詰レシピ①】唐揚げ缶で作るコッペパンのアルミホイル焼きサンドイッチ

コッペパンのアルミホイル焼きを作る場合の唐揚げの缶詰は、てりマヨ味がマヨネーズを使わずに作れておすすめです。焼き鳥缶やつくね缶などでも作れます。

【材料(1人分)】

  • コッペパン:1個
  • 唐揚げ缶:1缶
  • レタス:適量
  • コショウ:少々

【作り方】

  1. レタスはコッペパンに入る大きさに手でちぎります。
  2. コッペパンの中に具材を詰められるように、包丁で切れ目を入れます。
  3. コッペパンに唐揚げ、レタスを挟み、アルミホイルで包みます。アルミホイルは全体を包むのではなく、上部は開けておいてください。
  4. フライパンにアルミホイルで包んだコッペパンを置き、中火で軽く焼いたら完成です。

【缶詰レシピ②】鯖味噌缶で作るサバの味噌鍋

缶詰でお鍋料理も作れます。サバの味噌煮缶で味噌鍋作りに挑戦してみましょう。

【材料(3人分)】

  • サバの味噌煮缶:2缶
  • 白菜:1/4
  • えのき:1個
  • ねぎ:1本
  • 水菜:1/2
  • 人参:1本
  • 生姜(すりおろしたもの):少々
  • だしの素:小さじ1
  • 醤油:大さじ1
  • 味噌:お好み
  • みりん:大さじ1
  • 料理酒:大さじ1
  • 水:500ml

【作り方】

  1. 食材は食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋に水を注いで沸騰させたら、1で切った食材、だしの素、生姜、みりん、料理酒、醤油を入れます。
  3. 具に火が通ってきたらサバの味噌煮缶を加えます。
  4. 味が薄い場合は味噌で味を整えて、ひと煮立ちさせたら出来上がりです。

【缶詰レシピ③】サバ缶で玉ねぎサラダ 鯖の水煮缶がおすすめ

サラダもすぐに作れる簡単なメニュー。野菜を切ってサバ缶と混ぜて出せばOKです。

【材料(1人分)】

  • サバの水煮缶:1缶
  • 玉ねぎ:1/2
  • サニーレタス:2枚
  • マヨネーズ:適量
  • かつお節:適量
  • めんつゆ:大さじ1

【作り方】

  1. サバ缶は缶詰から中身を取り出し、汁気を切ります。
  2. 玉ねぎは薄くスライス、サニーレタスは一口大に手でちぎります。
  3. ボウルにサバ缶、玉ねぎ、マヨネーズを入れて軽く混ぜます。
  4. お皿にサニーレタスを敷いて、3を盛り、かつお節とめんつゆを加えて出来上がりです。
画像: 【缶詰レシピ③】サバ缶で玉ねぎサラダ 鯖の水煮缶がおすすめ

缶詰を活用して簡単お手軽キャンプ飯! サバ缶・ツナ缶でパスタやお鍋などオリジナルレシピを作ろう

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

缶詰はそのまま食べてもおいしく、料理に加えれば調理時間も短くできます。キャンプでの料理を簡単に済ますには、最適なアイテムです。普段のレシピに活かすのもおすすめ。サバ缶や唐揚げ缶など、缶詰はいろんなメーカーからたくさん販売されているので、キャンプ飯に活用できる好みの缶詰を探してみましょう。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.