100均のすのこを使えば、屋外で使える棚が簡単に作れます。釘やネジを使わずに作れるので、DIY初心者にもおすすめ。完成したすのこ棚は、キャンプやピクニックで使用することが可能です。今回はすのこ棚のアレンジ方法と作り方を、写真付きでご紹介していきます。

DIYした100均すのこ棚をアレンジ! 板を減らす・焼き網を付けるなど工夫すれば調味料棚に!

すのこ板を2枚に減らして調味料棚に!

長方形のすのこは1枚に板が4枚ほど付いているかと思いますが、これを2枚分だけ残し奥行きを狭くします。高さも棚板2段ではなく1段に低くし、同じように作ればテーブルの上に置きやすい調味料棚に。

背面に焼き網を取り付けフラワーラック

すのこ棚の背面に100均で買える焼き網を取り付ければ、おしゃれなフラワーラックが完成します。焼き網を取り付けるときは、こちらも100均で購入可能なタッカー(大きなホッチキスのようなもの)で付け、はみ出た部分はニッパーでカットすればOKです。ニッパーでカットした部分は鋭利なので、その部分を直接触らないようにしてください。

画像: イメージ画像

イメージ画像

DIY初心者でもグルーガンなら扱いやすくておすすめ! 安く作れる100均すのこ棚をキャンプで使おう

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

100均には、長方形型のほかに正方形型のすのこもあります。両方を組み合わせて作ったり、正方形型のみで小さな棚を作ったりと作り方はいろいろ。グルーガンならボンドを使うのと感覚は似ているので、DIY初心者でも扱えるはずです。ペンキも屋外向けを選べば、棚を使えるシーンが増えてDIYが楽しくなりますよ。ぜひ100均アイテムでDIYに挑戦してみてくださいね。

キャンプ用キャンドルや多肉リースをDIY! DIYが好きな方はこちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.