キャンドルはキャンプの夜を特別にしてくれる存在。市販品を買ってきてもいいですが、手作りすれば、よりキャンプが楽しくなることでしょう。作り方はそれほど難しくなく、親子で挑戦すればキャンプの夜が待ち遠しくなるはずです。アレンジもいろいろとできるので、自分の好きなように作れますよ。手作りのキャンドルの火で、キャンプの夜を素敵に彩ってください。

芯の長さは6~10mmが最適! おしゃれなキャンドルランタンで風を防いで、写真映えも!

自作キャンドルを楽しむためには、以下のことに注意してください。

芯の長さは6~10mmが目安

キャンドル表面に出ている芯の長さは、6~10mmが適しています。それよりも長いと炎とろうの距離が離れてしまい、芯だけが燃えてしまってススが出やすくなります。キャンドルを自作するときは芯が長すぎることが多いので、必要に応じてカットしてください。

火を灯すときは必ず換気をする

キャンドルに火を灯すときには必ず換気をしましょう。家やテントの中で点火するときなどは特に注意してください。換気を怠ると一酸化炭素中毒に陥るリスクがあります。

キャンドルプレートを使用する

キャンドルは点火するとろうが落ちてきますので、ろうを受け止めるために耐熱性のお皿を必ずキャンドルの下に敷いてください。

風の当たらない場所で使用する

風が直接当たるとキャンドルの炎が急に大きくなったり激しく揺れたりして非常に危険です。風が直接当たらないように、つい立てをしたりキャンドルランタンを使ったりしてください。自宅でキャンドルを使うときも、エアコンの風に注意です。

お洒落なキャンドルランタンを使用すれば、手作りキャンドルを風から防ぎ、さらに写真映えさせることができます。筆者のおすすめはこちら。

こちらは20世紀初頭にニューヨークで開発された折り畳み式のキャンドルランタンです。畳んだ状態だと手のひらサイズなのでかさばりません。本体は真鍮、スクリーンは雲母でできており、アンティークな雰囲気満点です。

キャンドルの保管は冷暗所で! 早めの使用を

キャンドルは熱に弱いので直射日光が当たらない冷暗所で保管してください。熱い時期に車などに放置しておくと変形してしまう可能性があります。また直射日光が当たったり時間が経過したりすると退色しやすいです。アロマオイルを使っている場合は香りが飛ばないうちに使い切るようにしてください。

画像: キャンドルの保管は冷暗所で! 早めの使用を

【作り方紹介】ろうそくを溶かして冷やすだけ! 自作キャンドルの材料は100均で揃う

自作キャンドルの作り方について紹介します。基本を押さえ、アレンジを楽しんでください。

用意するもの

  • 市販のろうそく
  • 紙コップ
  • 割りばし

これだけです。全て100円ショップでそろえることができます。

作り方の手順

  1. まずはろうそくを砕き、80度程度の湯煎で溶かします。
  2. ろうそくが溶けると芯の紐が出てくるので取り除きましょう。
  3. 割りばしに先ほど取り除いたろうそくの芯を挟み、紙コップに橋のように渡します。
  4. 紙コップに溶けたろうそくを入れ、冷やしたら紙コップを破いて取り出し、出来上がりです。
画像: 作り方の手順

自作キャンドルをアレンジ アロマオイルで香りをつけてアロマキャンドルにしてみよう

先ほどご紹介した基本的な作り方の自作ろうそくは、多彩なアレンジを楽しむことができます。

好きな色をつけてアレンジ

色を付けたい場合は、ろうそくを溶かすときにクレヨンを少し削って入れましょう。複数の色を混ぜたり紙コップに交互に入れたりクレヨンを完全に溶かさずに入れたりしても面白い模様ができます。

アロマキャンドルにアレンジ

ろうそくを溶かすときにアロマオイルを少量いれると、アロマキャンドルになります。お好みの香りに仕上げてください。

容器を工夫しておしゃれアレンジ

紙コップではなく、ジャムの空き瓶など、ガラス容器に入れて作るとキャンドルプレートが必要ありません。大きなキャンドルを作りたいけれど、元のろうそくの芯の長さが足りないときには、次にご紹介するようなろうそくの芯を購入するといいでしょう。

自作キャンドルのアレンジにおすすめなアイテムを2つご紹介

アレンジにおすすめの商品は以下の2つ。

・DIYキャンドル用芯(15cm×50本)

たっぷり50本も入っているので、たくさんキャンドル作りを楽しめます。重りが入っているので初心者でもキャンドルの真ん中にまっすぐと芯を入れやすいはず。キャンドルの芯はタコ糸などでも代用可能ですが、専用のものを使うことにより、ススの発生を少なくすることが可能です。

・アロマオイル エッセンシャルオイル ラベンダー

天然の成分のみから抽出されたアロマオイルです。ラベンダーの香りはリラックスしたい時におすすめ。寝る前にキャンドルを灯すことで、キャンプという非日常で高ぶった気持ちを程よく沈めてくれるはずです。

画像: 自作キャンドルのアレンジにおすすめなアイテムを2つご紹介

市販のキャンドルを溶かして、紙コップで型を作るだけ! キャンドルは初心者でも自作できる

画像: 市販のキャンドルを溶かして、紙コップで型を作るだけ! キャンドルは初心者でも自作できる

キャンドルを自作するというと難しいように感じるかもしれませんが、市販のキャンドルを溶かし、紙コップなどの型に入れて作れば簡単です。クレヨンで着色したりアロマオイルで香りをつけたりなどのアレンジも行えば、世界に一つだけのオリジナルキャンドルが作れます。火の扱いには十分注意して、ムード満点な夜をお過ごしくださいね♪--

※制作は自己責任で、火の扱いも十分に注意して行ってくださいね!

こちらの記事もどうぞ!

DIY記事一覧はこちらからどうぞ。

This article is a sponsored article by
''.