おぎやはぎの2人が毎回プレゼンキャンパーを迎えて、キャンプを楽しむテレビ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ制作)」。今回のプレゼンキャンパーは、うしろシティ阿諏訪さん。vol.2では、道の駅での買い出しからキャンプ場到着までを私サリーが密着取材した様子をお伝えします!

今回のキャンプ場「オートキャンプユニオン」へ出発! 車内では、ハワイの話題で大盛り上がり!

画像11: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

移動中の車内では、ハワイについて盛り上がりました。みちょぱさんがハワイの仕事が最近多いという話から、濱口さんは「サメと泳ぐとかそんなのしかない」とのこと。

もういっそのこと、ハピキャンハワイ編やっちゃおう!この番組お金あるよ~スタッフ名古屋から来てるし、ナイフだって5本も買えちゃうんだよ、なんて流れに。ハワイロケ、もし実現するなら、ぜひ私も同行したいです!お願いします、ハピキャンのえらい人。

阿諏訪さんオススメの千葉県のキャンプ場「オートキャンプユニオン」に到着! 

画像12: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

そしてようやく千葉県印西市にある、阿諏訪さんおすすめのキャンプ場「オートキャンプユニオン」に到着です。サイトは開放感がある芝生エリアと、涼しい林間エリアに分かれています。

「いい!千葉っぽくない!」と大絶賛。

画像13: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

まず最初にやることがあります、と阿諏訪さん。

なんとスマホと腕時計を回収してしまったのです。「YouTube視ちゃいけないの!?スマホ依存症だから、不安で不安で・・・」なんて文句を言いつつ、時間を忘れるキャンプが始まりました。

オートキャンプユニオン
住所:千葉県印西市平賀2719
TEL:090-8503-8669
チェックイン/アウト:11時/10時
料金:テント泊5,000円/コテージ10,000円
URL:http://www.camp-inba.com/

ボーラインノット(もやい結び)など、3種のロープの結び方を阿諏訪さんから学ぼう! 

画像14: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

今回は林間エリアにタープを設営することになりました。タープを張る時に覚えておくと便利なのがロープの結び方。その中でも阿諏訪さんから3つの結び方をレクチャーしてもらいました。

(注)今回はキャンプ場の許可を得て、木にそのまま結び付けています。キャンプ場によっては、保護のため木の表面に布などを巻いた方が良い場合もありますので、各施設のルールを守ってください。

画像15: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

・ボーラインノット(もやい結び)

重さがかかってもほどけにくく、逆にロープを解く時は簡単にほどけるという、ロープワークの王様的な結び方です。

・トラッカーズヒッチ

滑車の原理を利用した結び方。何倍もの力で引っ張ることができ、タープを引っ張る場合にも使えます。

・トートラインヒッチ(自在結び)

自在にロープの長さを調節できる結び方です。ペグと結びつける時に、自在金具がなくても調節できます。

画像16: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

阿諏訪さんは手慣れたもので、ささっと結びますが、他のメンバーは「あれ?これでどうするんだっけ?」「ボーラインノットじゃなくて、こんがらノットだよ」「もういいよ、やってよ~」など大苦戦。

画像17: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

かなり時間をかけて、なんとかタープが完成!したもののかなり低くなってしまいました。スタッフが少し手直しし、くつろげるリビングスペースに。

実は私、まったくロープワークを知りませんでした。もやい結びなどの名前は知っていたんですけどね。実際キャンプでテントやタープを張る時は、普通に固結びができれば問題ないのでご安心を!

この後は山菜採りに出発です。vol.3へ続きます。

【おぎやはぎのハピキャン】

●放送:メ~テレ(東海3県/愛知・岐阜・三重)ほか地上波各局でテレビ放送中!

 放送局・放送日時など詳しくはこちら

●配信:毎週木曜日 深夜3時よりGYAO!にて2週間無料配信!

●過去の放送はハピキャン公式YouTubeでも配信中!

シーズン4「阿諏訪流 ブッシュクラフトキャンプ」の番組ロケ密着記事はこちら

▼番組で登場したキャンプギアも詳しく紹介中

▼使えると便利なロープワークも要チェック

阿諏諏訪さん登場の番組ロケ、こちらもチェック!

This article is a sponsored article by
''.