番組「おぎやはぎのハピキャン」より
こんにちは、みーこパパです。番組「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ制作)」でYURIEさんがゲストの回に出てきた、一見するとレトロなかわいい三角テント。実はアウトドアのプロが設計した、レトロフォルムの皮を被った最新テントなんです。テンマクデザインとアウトドアのガレージブランドSOLUM(ソルム)がコラボしたおしゃれテントPEPOを本日は詳しく見ていきます。

PEPOテントの張り方を解説!

張り方ですが、すごく簡単!と言うほどではありません。しかし、難しい!と言うほどでもありません。まずはテントの布を広げて、前後の方向を決めます。入り口は広い方、狭い方どちらを使っても構いません。

画像3: Photographer 吉田 達史 番組「おぎやはぎのハピキャン」より

Photographer 吉田 達史

番組「おぎやはぎのハピキャン」より

番組では5人がかりですが、1~2人でも建てられます。実際YURIEさんは、1人でも建てているとのことです。

  1. テントの床、四隅のペグを打つ
  2. クロスポールを組み立て、ロープを引っ掛けテントに取り付ける
  3. ロープを引っ張り、ポールを立ち上げる
  4. 屋根のひさしと、裾部分にペグを打つ
  5. グラウンドシートを取り付けて完成
画像: Photographer 吉田 達史 番組「おぎやはぎのハピキャン」より・手順3のクロスポール立ち上げ中

Photographer 吉田 達史

番組「おぎやはぎのハピキャン」より・手順3のクロスポール立ち上げ中

風が無くても屋根のひさしのペグは、省略せず打ち込んだ方がピシッときれいに張れます。初めてで説明書を読みながらでも1時間、慣れれば20分ほどで設営できるでしょう。

私みーこパパもロケで設営する場面に立ち会っておりましたが、ほぼ初心者の方たちでワイワイやっているうちに、いつの間にか建っていました。

画像4: Photographer 吉田 達史 番組「おぎやはぎのハピキャン」より

Photographer 吉田 達史

番組「おぎやはぎのハピキャン」より

はーいかっこいいー。もちろんYURIEさんセレクトのアイテムなどの効果もありますが、テント単体でもすごくオシャレです。「こんなキャンプしてるところを誰かに見せたい!自慢したい!」と小木さんがおっしゃるほどです(笑)。

PEPOの購入、おすすめオプション品など

実店舗ですとアウトドアショップのWILD-1、ネットショップではWILD-1楽天市場店、Amazonなどで購入可能です。

ただし人気があり、入荷するとすぐ売り切れてしまうので、入荷お知らせメールなどを登録しておきましょう。

PEPOテントと同じ素材と色を使った上記のタープもありまして、雨の日などにテントと連結して張ると快適です。ポールは別売りですので、好きな色のものを買いましょう。もちろんテントのポールと同色のものですと、より統一感が出るのでおすすめです。

PEPOタープとPEPOテントを連結して使う場合は、テント側のクロスポールをメインポールの一端として使うので、追加で購入するメインポールは1本で大丈夫です。

SOLUM(ソルム)の今後の展開にも期待!

画像: Photographer 吉田 達史 SOLUMのロゴ・キタキツネ

Photographer 吉田 達史

SOLUMのロゴ・キタキツネ

懐かしさを感じさせるデザインでありながら、現代の技術を惜しみなく使って快適さの追求も忘れない。それがテンマクデザイン×SOLUMの、PEPOというテントです。

このテンマクデザイン×SOLUMコラボは、他にも小型のロッジテントや、ワンポールテント、スパイスボックス、ログキャリー(薪バッグ)などが現在販売されております。

画像: Photographer 吉田 達史 こちらもSOLUMコラボのスパイスボックス

Photographer 吉田 達史

こちらもSOLUMコラボのスパイスボックス

おしゃれなキャンプには憧れるけど、どんなテントを使ったらいいか分からない。そんな迷いがある方は、PEPO買っときゃ間違いないです。個性的なんですが、悪目立ちするような奇抜さではないので、全年齢層にハマります。

私の希望と言いますか要望なんですけど、テーブルやチェアなども開発してもらって、キャンプサイトほぼ全てSOLUM!というのもアリなんじゃないかと思います。

SOLUMについて、こちらの記事もチェック!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.