おぎやはぎのお2人が、キャンプの醍醐味を知り、キャンプを楽しむためのワザを吸収していく番組、「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ(名古屋テレビ放送)制作)」。今回のプレゼンキャンパーは、人気インスタグラマーのYURIEさんです! 抜群のセンスを駆使して、誰もが真似したくなるオシャレなテントサイトを演出するYURIEさん。どんなアイテムを選び、どんなスタイルを演出してくれたのでしょうか。YURIEさんセレクトの私物の数々もチェックしてみましょう!

存在感アリアリの、薪割り用アイテム!「キンドリングクラッカー」

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

三角屋根のテントに、ガーランド。周辺にはシンプルだけど温かみのあるインテリア。テーブル上に並ぶのは、メンバーそれぞれが選んだ思い入れのあるマグカップたち……。YURIEさんがプロデュースしてくれた素敵な世界観は、細部に至るまでこだわりに溢れています。

YURIEさんは、キャンプで使う道具類にも、実用性と同時に、高いデザイン性を求めているようです。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

たとえば、このゴツイ金属製のアイテム。

パッと見、何に使うか分からない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、「キンドリングクラッカー」という薪割りの道具なんです。

本体中央の刃に薪を乗せ、上からハンマーなどで叩くことで薪を割ります。その用途自体は特に珍しいものではありません。構造もシンプル。ただ、鋳鉄製の無骨でワイルドなルックスは、焚き火の近く置いてあるだけで抜群の存在感を発揮すること間違いなし。キャンプ場では誰もが経験する薪割り作業を、ちょっとしたエンターテイメントに変えてくれそうです。

北欧生まれの美デザイン。コンパクトなツーバーナー!「PRIMUS オンジャ」

画像1: Photographer 吉田 達史 ※写真のギアはYURIEさんの私物です

Photographer 吉田 達史 ※写真のギアはYURIEさんの私物です

調理器具にも、オシャレなものはたくさんあります。YURIEさんが用意してくれたキッチンアイテムの中で、異彩を放っていたのがコレ。

スリムなボディで、ショルダーバッグのように肩にかけて持ち運ぶこともできるツーバーナー、プリムスの「オンジャ」です。本体の重量は3kgと軽く、扱いやすいのが特徴です。

使用する時には本体を(横からみて)X型に開き、ガス缶をセット。調理器具を置くゴトクは幅41cm、奥行き14㎝と、鍋やスキレットを2つ同時に並べて調理しても問題のないサイズ感ですね。写真には写っていませんが、未使用時や持ち運びの際にはゴトク部分をカバーするフタとして、調理時や食事中には鍋敷きとしても使える木製のパーツも付属しています。

北欧はスウェーデン生まれらしい高いデザイン性と、計算された使い勝手の良さから多くの熟練キャンパーからも高い評価を受けるツーバーナー。キャンプでの調理が楽しくなること請け合いです。

ワイルドな炎で闇夜を照らす焚き火台!「UFファイアポッド」

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

キャンプ場への移動前、買い物時のこと。YURIEさんの目に留まったアイテムの中に、ちょっと変わった焚き火台がありました。

こちら、ユニフレームの「UFファイアポット」は、「かがり火」を作るための焚き火台なんです。本体は幅16.5cm、脚を立てると高さ54.5㎝になる縦長の構造。細長い本体の内部では上昇気流が発生しやすく、いわゆる“煙突効果”が期待できます。

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

上昇気流の勢いによって燃焼効率が高まるので、くべた薪に火がつきやすく、しかも自然と高い火力が得られます。実際に使ってみたおぎやはぎさんも、あまりの火力に大興奮!

焚き火は暖を取ったり、調理をしたりするのに欠かせないものであるのはもちろんですが、周囲を照らす灯りとしての機能も持っています。このUFファイアポットが作り出す豪快な炎は、夜のテントサイトを幻想的な雰囲気に彩ってくれるはずです。

食事メニューのバリエーションを広げるスモーカー!

画像2: Photographer 吉田 達史 ※写真のギアはYURIEさんの私物です

Photographer 吉田 達史 ※写真のギアはYURIEさんの私物です

待ちに待ったディナータイム。手際よく調理を進めるYURIEさんの傍らに、不思議な形状のアイテム発見! これはYURIEさんご愛用の燻製機、アペルカの「テーブルトップスモーカー」です。

使い方はとってもカンタンなんです。まず本体の底に専用皿をセットして、燻製用のチップを投入したら、フタをして強火にかけます。煙が出てきたら内部に付属のメッシュ皿を固定。その上にスモークしたい食材を載せます。

あらためてフタをして、少し火を弱め、あとは待つだけ。香ばしい絶品燻製ができ上がりますよ! 直接火にかけるのではなく、火の付いたスモークウッドを中に入れて食材を燻してもOKです。 

それにしても手作りの燻製が食卓に並ぶ光景って、なかなかオシャレじゃないですか? 野菜やゆで玉子、ベーコン、ソーセージ……燻製にするとおいしい食材のバリエーションは多彩です。チーズやナッツのスモークはお酒のおつまみにも最適ですよね。いつものキャンプ飯の幅が、グッと広がりますね!

その他のギアもご紹介!「ランタンスタンド」・「防虫ハーブオイル」

複数のランタンを飾れる! tent-Mart DESIGNS「ダズリング ランタンスタンド」

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

テンマクデザインのダズリングランタンスタンドは、別売りのワイヤーを足して360度、複数のランタンを掛けることが出来ます。その様子は、まるでシャンデリアのよう。

YURIEさんとのおしゃれキャンプでも、テーブルの周りを柔らかく包み、大活躍でした!

防虫効果の高い天然ハーブを用いたオイル MURAEI 防虫ハーブオイル

実用的且つ「オシャレ度」も高いギア選びは楽しい!

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

今回のプレゼンキャンパーのYURIEさんが教えてくれた「映えキャンプ」。決して「映えること」「見た目のオシャレさ」だけでなく、実用性や機能性もしっかりおさえられたキャンプギア選びは、おぎやはぎさんも、そして私たちハピキャンスタッフのとっても勉強になりました!

さらにギア選びが楽しくなる要素を学べましたよ。YURIEさん、ありがとうございます!

皆さんも、ギア選びのひとつの要素として「オシャレ度」も加えてみても、楽しみ方が増えるかもしれませんね。

YURIEさん出演「おぎやはぎのハピキャン」関連記事はこちら!
単独インタビューも!

過去の番組ロケ密着記事もチェック!

番組のお知らせ

「おぎやはぎのハピキャン 〜キャンプはじめてみました〜」

放送: 毎週水曜日 深夜 0時59分〜
テレビ朝日系列メ〜テレ(東海地区)地上波にて放送予定
毎週水曜日深夜3時よりGYAOにて2週間無料配信!

This article is a sponsored article by
''.