食事のあとやリラックスタイムなどに欠かせないコーヒー。キャンプでも美味しいコーヒーが飲めたら最高ですよね! インスタントコーヒーも手軽でいいですが、せっかくのキャンプなら、ひと手間かけてハンドドリップでコーヒーを楽しんでみませんか? 今回は、ハンドドリップの中でも手軽で簡単なペーパードリップの方法と、おすすめのアイテムをご紹介します。

ペーパードリップ式がキャンプにおすすめ! ミルの刃は錆びにくいステンレス製・セラミック製を選ぼう

コーヒーの淹れ方には、使い捨てできるペーパーフィルターを使ったペーパードリップ式、布フィルターを使ったネルドリップ式、ロートとフラスコでじっくり抽出するサイフォン式、抽出器具とポットが一体化したフレンチプレスなどがあります。どの方法でも美味しいコーヒーは淹れられるのですが、携帯性や手軽さ、後片付けの容易さを考えると、キャンプではもっとも簡単なペーパードリップ式がオススメ

必要な道具は下記の通りです。

コーヒーミル

コーヒー豆を挽くための道具です。アウトドアシーンで使うことを考えると、軽くコンパクトで、刃はサビにくいステンレス製やセラミック製のものがオススメ。

ドリッパー

ペーパーフィルターをのせるための器具です。プラスチック製やガラス製など様々な種類がありますが、持ち運びを考えると、必要最小限のフレームで構成されたフレームドリッパーがオススメです。

ペーパーフィルター

ドリッパーにセットして使います。100円ショップやコンビニでも買うことができます。円錐型・台形型があるので、お持ちのドリッパーに合わせて選択しましょう。

コーヒー豆

お好きなコーヒー豆でOK。あらかじめ挽いておくのと、飲む直前で挽くのでは味が大きく変わります。美味しいコーヒーを飲むコツは、飲む分だけ直前に挽くことです!

【筆者愛用】キャンプでペーパードリップコーヒーを飲むためのおすすめミル&ドリッパー

私が実際にキャンプで使用しているコーヒーアイテムをご紹介します。

画像1: 筆者撮影
筆者撮影

Porlex(ポーレックス) コーヒーミル セラミック ミニ

まずは、コーヒー豆を挽くために欠かせないコーヒーミル。私が愛用しているのは、ポーレックス(Porlex)のものです。3年ほど前に購入しました。上部のハンドルをぐるぐる回して豆を挽きます。こちらのコンパクトサイズのコーヒーミルなら、キャンプに持っていくのにもぴったりですよ。

刃には、サビや劣化の心配が少ないセラミックが使われているので、お手入れも簡単。私が持っているのは少し大きめのものなのですが、現在は一回り小さいタイプのみ販売されているようです。

UNIFLAME(ユニフレーム)コーヒーバネット cute

コーヒードリッパーは、100円ショップのセリアで購入した持ち運びに便利な折りたたみ式のタイプを使っています。軽いので少し安定性に欠けますが、キャンプ用だと割り切っているので個人的には気になりません。メーカー品でしたら、ユニフレームのドリッパーが同じように折りたたみ式になっています。

小見出し:HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター

コーヒーフィルターは、ドリッパーの形に合わせてV型のものを選びました。ただし、持っていないからとわざわざ買い直さなくても、台形のフィルターも折り曲げれば使えるなんて裏技もあります。

それでは、美味しいコーヒーの淹れ方を紹介していきます。

キャンプでも簡単!ペーパードリップでのコーヒーの淹れ方 ミルはポーレックスがおすすめ

1.お湯を沸かす

ケトルやクッカーなどを使ってお湯を沸かします。コーヒー1杯につき200mlが目安です。使う水は、飲用水ならなんでも大丈夫です(浄化されていない川や池の水は衛生面でおすすめできません)。

2.豆を挽く

画像2: 筆者撮影
筆者撮影

お湯を沸かしている間に、ミルを使ってコーヒー豆を挽きましょう。必要なコーヒー豆は、コーヒー1杯につき約15gです。キャンプに行く前に、あらかじめコーヒー豆を計量しておき、1杯分ずつ小分けにしておくとスムーズですよ。

私が使っているポーレックスのミルの場合、豆の挽き加減を調節できます。挽いたコーヒー豆の細かさによって、コーヒーの味が変わります。粗挽きだとあっさりした味に、細挽きだと濃厚な味になりますので、最初はその中間の中挽きで試してみるのがおすすめです。

画像3: 筆者撮影
筆者撮影

中挽きになるように挽いてみました。豆が挽けたら、コーヒードリッパーにフィルターをセットして、カップにのせ、挽き終わった豆を入れます。ドリッパーを軽く揺らすようにして、コーヒー豆の表面が平らになるようにならしておきしょう。

3.コーヒー豆を蒸らす

まずはコーヒー豆を蒸らすことから始めます。この「蒸らし」は、コーヒー豆とお湯をうまく馴染ませ、コーヒーの抽出に適した状態にする作業です。フィルターの真ん中からゆっくりとお湯を注ぎ、コーヒー豆全体にお湯が行き渡るか行き渡らないか、ぐらいのところでストップ。30秒ほどそのまま待ちます。

画像4: 筆者撮影
筆者撮影

4.お湯を注ぐ

「蒸らし」が終わったら、真ん中からゆっくりと「の」の字を描くようにお湯を注いでいきます。一気にお湯を注いでしまうと、コーヒーがうまく抽出できません。できるだけゆっくり2 、3回に分けて少しずつ注ぐようにしてみてください。

コーヒーは、最初の1滴がもっともおいしく、そのあとはどんどん雑味が混じっていくと言われています。できるだけ雑味のないクリアな味に仕上げるためには、コーヒーを最後の1滴まで落としきらないのがコツです。ドリッパーにお湯が残っている状態で、抽出を終わらせるようにしましょう。これでハンドドリップコーヒーの完成です!

ペーパードリップが簡単で初心者におすすめ! ひと手間かけて淹れたコーヒーをキャンプで味わおう

画像5: 筆者撮影
筆者撮影

自分で豆を挽き、抽出したコーヒーは、手間をかけたぶん、さらに美味しく感じます。淹れたてのコーヒーを片手に焚き火を囲み、冷えた体を温める幸福感が味わえるのは、まさにキャンプの醍醐味。ひと手間かけて淹れたコーヒーとともに、贅沢なリラックスタイムを過ごしましょう。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.