こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです!今回ははじめての野外カセットコンロデビューを控えている読者に向けて、カセットコンロメーカーでお馴染みのイワタニの「タフまる」のご紹介です!以前からキャンプで調理をする際に炭火でやるとなかなか火の加減が難しく、外は焦げているのに中は生という現象が度々起こり、食材を無駄にしてしまうことがありました。そんな時にオススメと耳にしたカセットコンロを今回は実際に購入し、レビューしたいと思います!

初心者キャンパーの調理シーンにオススメは「カセットコンロ」

バーベキューの調理で大変だと感じるのは、火加減が調整できないことですよね。

焼き鳥を焼いていても、肉に火が通らないまま串の部分が日に焼けて折れてしまったり、野菜も外側が黒く焦げていても中まで火が通っていなかったり、グリルでの焼き方のコツはありますが、今回はまず初心者キャンパーに向けて、キャンプをしながら気軽に調理できる方法として、「カセットコンロ」をご紹介しようと思います!

イワタニのカセットフーシリーズをご存知ですか?

自宅でお鍋をする時などに、カセットコンロを使う方もいらっしゃるかと思います。

その際に使うカセットコンロで圧倒的シェアを誇るのがblueイワタニのカセットフーシリーズです。自宅で使っているカセットコンロを外で使おうとすると火力が弱く、風などで消えてしまうことがあります。

しかしイワタニでは、アウトドアにも対応したカセットコンロが何種類か開発されていて販売されているので、その心配はありません!今回は、その中からキャンパーに人気のカセットコンロをご紹介します!

イワタニ カセットフー タフまる CB-ODX-1 カセットこんろ

画像1: メーカー公式サイトより www.iwatani-i-collect.com

メーカー公式サイトより

www.iwatani-i-collect.com

多くのキャンパーに、キャンプでオススメのカセットコンロを相談すると、必ず名前が出てくる「タフまる」。

その理由を尋ねると、とにかく風に強いので消えにくく使いやすいとのこと。公式ホームページによると、大きくて重量のあるダッチオーブンも乗せることができ、風を防ぐ風防ユニットや火足を短く保ち、多孔式バーナーにより風の影響で炎が消えにくいタフな構造になっているそうです。

イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2 カセットこんろ

画像2: メーカー公式サイトより www.iwatani-i-collect.com

メーカー公式サイトより

www.iwatani-i-collect.com

従来のカセットコンロのデザインとは少し異なった、おしゃれなデザインのカセットコンロがカセットフーのマーベラスII。

おしゃれなキャンプサイトを作りたいので、カセットコンロもおしゃれなものが欲しいという人にはぜひともこちらをお勧めします。

お値段は、ほかの2つと比べて若干高いのですが、メーカーサイトによると、こちらもタフまると同じく、多孔式バーナーや風防ユニットがついているので、安心して野外で使用することができます。

イワタニ カセットフー 風まる ウィンドブレイクこんろ

画像3: メーカー公式サイトより www.iwatani-i-collect.com

メーカー公式サイトより

www.iwatani-i-collect.com

最後は、カセットフー風まるのご紹介です。

まず風まるは、値段が他と比べると断然お値打ちということです。同じく公式サイトによると、ダブル風防ユニットが搭載されており、風に強いカセットコンロとなります。しかし、ガス自体は上記2点は、多孔式バーナーという仕組みですが、こちらは外炎式となっており、バーナーは異なるものになっています。

タフまるを購入!キャンプ場で調理してみた

私もこれまで、カセットコンロで調理ができると、キャンプでも便利だなと思っていたのでこれを機にタフまるを購入し、キャンプ場に持っていきました!

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

自宅に到着!届いたタフまるをひとつひとつ確認していきます!

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

キャンプで使う際に、このタフまるはカセットコンロ専用の箱があるので、とても持ち運びが便利と言うことで、こちらを選びました。ボックスのままカセットコンロを持ち運べるのは、荷物が多いキャンパーにとっては良いですよね。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

こちらが、多孔式バーナーです。

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

確かに通常のカセットコンロと異なり、穴がたくさん開いていることがわかります。

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

つまみも、シンプルなデザインですね。

画像6: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

キャンプで、タフまるを使ってみることにしました。(今回海辺のキャンプ場で、風がものすごく強すぎてしまったため、別途風防を使用しました)

画像7: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

火はこのような感じで、しっかりとたくさん出ています。

画像8: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

まずは燻製から、はじめることにしました。燻製をするには、充分な安定した火力が必要なのでその辺りもチェックしていこうと思います!

画像9: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

チップを入れて10分。きれいな卵の燻製が完成しました。

画像10: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

次にチーズの燻製。こちらもいい色の燻製ができました。

画像11: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

燻製を保つための火力は、充分にありましたね。この日は他にも、カレーやキムチ鍋、ホットドックなど、様々な調理をタフまるひとつで調理することが可能となりました!

画像12: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

カセットコンロはキャンプビギナーにおすすめ!

カセットコンロのシリーズを様々ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

私がカセットコンロをキャンプで使いたい!というと、キャンプ仲間の一部からは「せっかくのキャンプなのに、カセットコンロだとなんだか味気ないのでは?」「薪から出る炎がないとキャンプらしさがなくなってしまう」と言う声もありました。

しかし、カセットコンロは、あくまで薪を使ってバーベキューグリルで肉を焼きながら、その横で安定的にお湯を沸かしたり、ほかの調理ができる選択肢の1つとしてカセットコンロを使うことをオススメします。

バーベキューグリルを使うのも、カセットコンロを使うのも、自分のキャンプスタイルに合わせて、使い勝手の良い方を選択してみてください!!

【今回ご紹介のアイテムはこちら】

This article is a sponsored article by
''.