こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! 今回は、最近購入したニトリのスキレット(通称・ニトスキ)を使ったレシピのご紹介です。簡単&キャンプでもスムーズに料理できるレシピをご紹介します!

スキレット初心者は、簡単レシピでまず慣れよう!

スキレットは熱伝導が良く、食材の美味しさを引き出してくれます。そして、スキレットのまま食卓に運ぶことができる上、どんなレシピを作っても写真映えすること間違いなしです! 例えば、キャンプの朝食にソーセージと目玉焼きをスキレットで作れば、それだけでとてもおいしそうに見えます。

また逆に、最初からスキレットであまりに手の込んだ料理を作ってしまうと、慣れてないのでスキレットや食材が焦げてしまったり、料理に時間がかかってしまったり。最初から残念な結果になってしまうと、次回以降スキレットの出番はなくなってしまう可能性が高くなります。笑

なので今回は、簡単にできるスキレットレシピのみご紹介します。

たった5分で焼ける! 大きくて食べ応え抜群な鶏肉のパリパリ焼き

こちらのレシピは、単純に鶏肉を焼くシンプルレシピなのですが、まずはスキレットが通常使うフライパンとどれくらい違うのかを感じてもらいながら作ると良いかと思い、選びました。

【材料】

  • 鶏胸肉:1パック
  • いきなり!スパイス:適量
    ※いきなりステーキ! が出している市販のスパイスです
  • オリーブオイル:適量

鶏胸肉を用意します。もも肉や手羽元などでもOKです。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

こちらを適度な大きさにカットします。鶏肉は気持ち大きめに切りました。

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

次に「いきなり! スパイス」を鶏肉にまぶして混ぜていきます。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

鶏肉をスキレットで焼いていきます。まずは、スキレットを温めて、オリーブオイルを注ぎます。

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

片面をじっくり焼きます。

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

約3分もしないうちに、あっという間に火が通りました。

画像6: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

次に裏返してこちらにも火を通します。

画像7: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

通常使っているフライパンでの調理だと、大きく切った肉は、外側は焼けていても中が生のままの場合がありますが、スキレットだと片面焼いても中まで焼けている印象でした。

画像8: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

約5分ほどであっという間に完成!

画像9: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

普段フライパンで焼いた場合と比べて、火が急激に通っていないせいか、外はパリッとしていて中の肉は柔らかく感じました。

写真映えバッチリ! しめじとソーセージのアヒージョ

さて、次は簡単だけど、おしゃれで手の込んだように見える写真映えのレシピです。

【材料】

  • ソーセージ:5本
  • しめじ:1/2パック
  • パプリカ:1個
  • にんにくチューブ:適量
  • オリーブオイル:適量
  • クレイジーソルト:適量
画像10: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

まずはスキレットを温めオリーブオイルを食材がひたる位まで入れて熱します。次に、にんにくチューブを入れます。本来アヒージョに必要な鷹の爪などを入れる場合は、このタイミングで入れてください。

画像11: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

ある程度オリーブオイルが温まったら、カットしたしめじやソーセージを入れていきます。食材に火が通るまで、煮込みます。

画像12: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

しめじやソーセージに火が通ったら、クレイジーソルトで味付けをします。

画像13: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

そして、比較的火の通りやすいパプリカを入れ、パプリカがしなっとするまで煮込みます。

画像14: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

すべての野菜を煮込んだら、アヒージョの完成です。

画像15: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

オイルにもニンニクや調味料で味が付いているので、野菜をオイルにつけながら食べるととても美味しいです。また、パンなどに食材を乗せたり、パンをオイルにつけて食べても美味しいのでおすすめです。

お店で出てくるような見た目! 憧れのハンバーグ

スキレットで一度は作ってみたいと思っていたハンバーグに、チャレンジしてみました。

正直、普通のフライパンで作ると中まで火が通ってないことがあったので心配でしたが、スキレットの利点はじわじわと中まで火が通ることなので、弱火で両面をじっくり焼きました。

【材料】

  • 合いびき肉:300g
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • パン粉:1カップ
  • :1個

玉ねぎは細かくカットし炒めずに、合いびき肉とパン粉、卵と混ぜて小判形にします。

画像16: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

スキレットを温め油を引き、ハンバーグをじっくり焼いていきます。片面が焼けたらもう片面もじっくり焼きます。

画像17: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

火の通りが心配なので、アルミホイルをかぶせて焼いてみました。

画像: お店で出てくるような見た目! 憧れのハンバーグ

焼いている間に、他の野菜を調理しておきます。

完成したハンバーグを一度お皿にあげて、スキレットの下に調理した野菜を入れ、ハンバーグを戻して完成です。

画像18: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

フライパンで作るときは、弱火にしてふたをして時間をかけてゆっくりと中まで火が通るようにと気をつかっていつもハンバーグを作っていましたが、スキレットは全体に火をじわじわ通してくれるので、中までしっかり火が通っていました。ハンバーグも心なしかふっくらと焼けていて、とてもおいしく食べることができました!

ニトリのスキレットは、上手く付き合えばフライパンより優秀かも!

スキレットレシピ、いかがでしたでしょうか? こちらのレシピを撮影するのに3日間スキレットで料理をしてみましたが、フライパンに比べて食材への火の通りが良く、上手に付き合えばフライパンより優秀だなと感じました。また、しっかりと食材の美味しさを引き出している感じもしました。

スキレットは使用した後の手入れが必要なので、それだけは少し大変なのですが、それさえこなせるようになれば毎日でも使いたい調理器具の1つです。そしてスキレットのレシピも少しずつ増やしていけたらと思います!

こちらの記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.